FC2ブログ

我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り17年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

青空がまぶしい

一昨日夜半から時折豪雨となったが、昨日は曇天時々薄日が射し、本日はぴーかんで、当地はまだ梅雨入りしていない
退院後2回目の外出となった
気温は上がらず、爽やかな青空が何とも眩しい
スズメの幼鳥が懸命に親鳥の後を追うが、つかず離れず子に親離れを促す
野鳥は今正に子育ての最中で、焦る気持ちを押さえるのが悩ましい
普通に歩けるようになればまた来年と言うことがある
バカが売のおいらではあるが、ここでバカやると死ななきゃ治らなくなる
まだ死にたくはないので、我慢、我慢と言い聞かす
4年前神戸の舞子海岸で撮ったコアジサシの子育て、鳥友さんから今年も子育てしているとの便りがあった
まだ抱卵中の番もいるとのことで、7月中旬頃までチャンスは有りそう???だが、我慢、辛抱で涙を呑む
在庫ネタですが、2014年、2015年、2016年とも7月中旬に撮っていますが、海開き前までが良い

海水浴期間についてのお知らせ(アジュール舞子HPより)

★2019年 遊泳可能期間★

7月11日(木)~ 8月25日(日)

(撮影 2015-05-15)

ただひたすら生きる為に餌を求める姿はいじらしく、我も敗けずに生きようと元気づけられる

2015-07-15-1.jpg

2016-07-15-2.jpg

2016-07-15-3.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ

ご無沙汰しました

長のご無沙汰となりましたが、無事予定通り帰還いたしました
なんだかんだで約8か月ほとんど電チャリで歩いていなく、筋力の衰えに悩まされています
歩行訓練で500mほど歩いただけで右脚の筋肉全体がこわばって、筋がつって足が曲がりません
まだ一ケ月は保護観察の身ゆえ思うような鳥撮りはなりませんが、焦らずやれることから始めたいかと思います

(17年鳥撮りやって1番悔しい鳥撮り)

令和元年5月14日、枚方に内陸部としては超珍鳥のシロエリオオハム(夏羽)が入っていると連絡が有り、17日に入院が決まっており、お仕事ほったらかして翌15日早朝から出かけました
阪急高槻で電チャリリ借りて、枚方大橋を渡って、聞いたポイントに着いたのは8時半頃でした
聞いたポイントにCMさんは誰もおらず、はてさて何処じゃいなと上流に向かっていたら、帰りのCMさん数名と会った
聞けば先ほど上流に移動したので切り上げるとのことだった
この30分遅れが生涯忘れられない悲劇となった
上流で30分待ってもシロエリオオハムは現れず、誰ぞさんに下流で出ているとの連絡が有り、慌てて皆さんと下流に急いだが、ここでもまた上流に向かって潜ったと
またまた1番と言われるポイントに急いだが、獣道のような細い道を50m程歩かねばならなかった
この50mが足が痛くて思うように歩けず、皆さんに遅れてポイントは既に満員状態
目の前に浮いたもののピントを合す間も無く潜られて、無情にも上流へと消えた
待てばまたこっちに下って来ると言うので1時間ほど頑張ったが、なんと遥か遠い対岸で潜っているのが見つかった
その内こっちに来るだろうと思ったが一向に対岸から離れる気配がない
こんなん撮ったってと言っていた誰もがシャッター切り始めた
おいらも同じ気持ちでシャッター切ったが、どう撮ったって手持ちではピントが合いません

400mm+1.4原寸(画像クリックで1024ピクセルにつながります)

2019-05-15-1.jpg

魚獲ったんだが何や分からんわ

2019-05-15-2.jpg

かっぱの啓介で証拠写真だが1種追加とせざるを得ず
おるのに、撮れたのに、ああそれなのにそれなのに、こんな悔しいことはありません
さてさて、今後どんな鳥運が待っていることやら
毎度のボヤキのブログ再開でござんす
今後ともよろしゅうお頼み申し上げます

2019-05-15-3.jpg
このページのトップへ

お知らせ

私事ではありますが、一か月ほど別荘暮らしの予定です
多忙な中当拙ブログにお越しの各位には、ブログ更新は出来ず、返礼ポッチにも伺がえませんので、失礼の段はご容赦頂きますよう、よろしくお願いいたします
復帰の際は今まで同様よろしくお付き合いのほどお願いいたします
このページのトップへ

久しぶりのたんぼ

いよいよ昆陽池公園も鳥が少なくなり、メンバーさんも見かけなくなりました
皆さん何処へ行ってるのかな?
昨年は5月30日にアマサギの団体さんが飛来しています
田んぼのアマサギは6月2日までいてたので、まだたんぼも要チェックです
その田んぼですが、田植え準備が始まりだしました
今年のケリの子は昨年より1か月早い誕生で、まだ水が張られてなく、保護色のケリの子を探すのに苦労しています
午後2時頃から約2時間粘りましたが、親の動きが鈍く飛び物は諦めて、子探しに専念しました

2019-05-14-1.jpg

昼寝タイムだったのか、2時間で1度こっきりのサービスでした
夕方のお仕事が残っていてタイムアップとなって、パフォーマンスが撮れず証拠写真です
約1週間でこんなに大きくなっていました
子としての可愛さは感じなくなりましたが、羽ばたきの練習や、ちょこっと飛んだシーんは、我が子がよちよち歩きしだした時のように感動物で狙いたいシーンです

2019-05-14-2.jpg

行けば大抵出会いが有るモズ、雌雄でいたので子育てするのかな?

2019-05-14-3.jpg



このページのトップへ

久々のミサゴも

今日のアマサギは午前中に様子を見に行ったら、婚姻色の個体は見当たらず抜けたようだった
好きな鳥とは言え、飛び物以外のパフォーマンスはほとんど無く、食傷気味で1時間ほど婚姻色の個体が出て来ないか粘って、いればもう出て来るだろうから諦めて撤収した

2019-05-12-3.jpg

1羽だけ残って少々ご立腹か、なかなかサービスしてくれません
1時間半で飛んだのは2回、おまけはカワウに驚いてちょこっと飛んだが足が写らないほどのちょい飛びだった
集中力が切れた頃飛ばれて間に合いませぬ
もう少し距離を飛んでくれればいいが、鈍いおいらでは飛んで画角に捕らえた頃にはもう着地体制だ

2019-05-12-4.jpg

飛び物もほぼ同じシーンばかりだが、1、2時間でアマサギが撮れて有り難いことだ
とは言えやっぱり団体さんが御来園でないと不満はどうしようもないね

2019-05-12-5.jpg

それでも気になり、午後4時頃またアマサギの様子を確認に走った
午前中はいたアマサギも確認出来ず、所在無げにぼけ~としていたら、天神川の上空でトビが飛んでいた
トビとて久しぶりだが、何時でも撮れると無視していた
ひょうたん池辺りから上空まで飛んで来てミサゴと気が付いて数発撃てたが、真ん丸逆光で太陽に入ってまったく何も見えなく、やっと確認出来たのはリハビリ山辺りで、テラス方向に飛んで、上空に舞い上がって突っ込んだ
遠い過ぎて何ともなりませんでしたが、魚は獲ってないようだった

2019-05-12-1.jpg

我に鳥運無く天を仰ぐ
観察橋に居たらなんて言うだけ野暮だね

2019-05-12-2.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する