我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

ゴイサギ

暇やなあ、で宝塚のノビタキさんに電話したら、午後1時半頃に鳥友さんと武庫川で会うとのことだった
じゃおいらはオオヨシキリとサギ池の様子見て行くわ、で12時頃に家を出た
よくよく考えたら、2つの池を回っていたんじゃ約束の時間に行けっこない
ならば確実なサギ池に寄って、ブログネタ撮ってからとサギ池に寄った
今年はゴイサギがさっぱりだと聞いていたが、着くなりゴイサギの成鳥&ホシゴイが飛び回っているじゃあ~りませんか
数えたら、成鳥7羽+?、ホシゴイ3羽だった
チョイの間のつもりが面白くて止められない、止まらない
約束の時間に行けそうにないので、電話して武庫川の様子を聞くと、何にもおらんとのことで、サギ池の方が面白いよと誘った
鳥友さんも一緒に来て久しぶりに3者会談やりました
どうせ同じようなのばかりですが、撮り過ぎて処理が間に合いません
コサギは大きな子が親に餌をねだって取り合いのお祭り騒ぎで、まだ生まれたばかりのが2羽と卵が2個目視出来、抱卵中もおり、アオサギ、カワウの子もまだかなりいてます

290627_1.jpg

まだこれから巣作りのペアもいて当分楽しめそうです

290627_2.jpg

苦手の飛び物も飛び回ってくれたので狙ってみました

290627_4.jpg

パフォーマンス狙いは愛想なし
ゴイサギは伸びもバタバタもエンジェルポーズもないのかなあ?

290627_3.jpg

何かやれ~
やりませぬ

290627_5.jpg

おいおい、お主はせんでもええねん

290627_6.jpg

お~よお~よ
お主まで付き合ってくれたか
おおきに、おおきに
3人でわいわいがやがやと楽しい半日でありました

290627_7.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

ササゴイ

流石に連チャンはNoで午後からでも間に合うだろう枚方に行った
12時前だったがササゴイは既に出ていました
暑い中何時間も待たなくて助かったが、立っているだけで汗が背中を流れ、顔の汗が目に入る
漁道では小さな魚ばかりだったが、河口側に飛んでから大きな魚を捕りました
色つきは3回チャンスが有ったが、まともに撮れたのは一度だけだった
2羽確認出来たのですが、2時過ぎに対岸に飛んだのを機に、浮気者ゆえキジやコジュケイもと周辺の様子を確認して歩いたが、誰も居なく15時位に切り上げました

290624_1.jpg

290624_2.jpg

290624_3.jpg

290624_4.jpg

290624_5.jpg

290624_6.jpg
このページのトップへ

セッカ4連敗阻止

芦屋ではロープ留まり、柴島では花が絡みぎ、海老江では空抜けの逆光、何としてもここらで連敗止めんならんと、何時ものパターンを変えて午前中勝負で淀川に行った来た
最近出が良くなったと聞いたポイントに8時半頃着いたが、誰もおりませぬ
9時を回ってもセッカの気配無し
いらちゆえケツがむずむずしてきて、野里でもアレチハナガサ絡みで撮れると聞いていたので、暑い中野里までえっちらこっちら歩いた
耳が聞こえないとは言え、セッカやオヨシキリの鳴き声は聞こえるが、野里の橋まで何にも鳴きもせず、飛びもせず
鳴いても飛んでも、スズメとムクドリにハトくらなものだった
野里の橋の所でやっとオオヨシキリのギョギョシイが聞こえたが、草薮が深すぎて葦原に近づけない
どこかないものかとうろうろしていたら、セッカが飛んだが直ぐに見失って何処へ降りたか分からず
分かっても遠くて撮れないだろうろと、橋の下でほてった体を冷やした
さててどうしようであったが、これより先に進む気力が萎えて、元来た道を帰りました
結果これが正解やったんよ
もうすぐセッカポイントという所で、お馴染みさんが自転車で通りかかったので、えらい早いお帰りでと声をかけたら、セッカ撮り放題でもう帰るわとのこと
ななんと、辛抱たまらん我が身が恨めしや
ポイントに11時半頃戻ったらCMさん5人が歓談中だった
様子を聞くと10時頃から良く出ていたが、今はちょっと間が開いているとのこと
とりあえず昼飯にしようとしたら、セッカが直ぐに飛んで20mほど先のアレチハナガサに留まってくれた
右に回ったり、左にまわったりしたが、草の中段に留まられて、被りで大苦戦を強いられて、花にピンを取られてピンボケだらけの大失敗だった
30分後位にまた飛んで同じアレチハナガサに留まったが、先の方でリボン2つも付けての登場だった

290623_1202.jpg

よく歌ってくれて喉黒も撮れた

290623_1202a.jpg

見返りは反対向ききだったがまあええっか

290623_1203.jpg

3度目がまた1度目と同じ所だったが、1度目の失敗に懲りて道路側から撮ったら抜けた

290623_1220.jpg

これ狙って行ったんよ
セッカ留まりをやっと撮った

290623_1205.jpg
このページのトップへ

ササユリの咲く里山

鳥撮りに行けば暑い、アジサイ撮りに行けば日照りで花がひっくり返っている
日ごろ溜まった画像整理すれば、要る画像をフォルダーごと削除するし、嫁さんにはしょーもない写真撮り過ぎるからやと嫌み言われるし
下手くそやから数撮ってなんぼやもんなあ
ちょっとサボってましてブログが淋しく、お遊びのデジブック貼りますれば、お暇なお方限定で見て下さい
撮影 平成29年6月17日 

このページのトップへ

カワウ

スイレンの花絡みのバンの親子を一昨日撮り放題したと、宝塚のノビタキさんから電話が有った
聞けば7時頃から9時頃までの事のようで、おいらにゃそんな早朝からは無理で諦めていた
昨日も撮っているので行って見ないかとの誘いに乗って午後から走った
バンが駄目ならオオヨシキリが有る、てな軽いノリであったが、なめたらあかん
バンの親子の姿は1度も見ず
オオヨシキリは鳴いてはいるが姿が見えず
最近出が悪くなったとは聞いていたが、まともな所に上がってこず、出ても木の中で撮るだけ無駄の連続だった
ノビタキさんによれば、2羽いるようで出て来るのは♀ではないかとのこと
6月4日時点では1羽のはずで、今日撮影のオオヨシキリと並べてみた
これっきゃ無いという証拠写真だが、そう言う目で見るからか左の方が優しそうな顔に見えませんか?
番い成立なら子の誕生が楽しみなんだが?

001_2017061821513262f.jpg

バンもオオヨシキリも出なくて、手持ち無沙汰でボーと池を眺めていたら、遠くで何やら波立って水面が騒がしいのでズームで見たら、カワウが大きな鯉を咥えて格闘していた
けったらくそ悪いものを見てしまった
あんなでっかいのを飲み込めるのだろうかと言いながらも、飲み込む一瞬を撮りたく連写しまくっていたが、結局飲み込めずほったかしにした
それも鯉を二匹立て続けにである
何かの命が何かの命をつなぐのは、自然界の節理ではあるが、いわば犬死の鯉こそとんだ災難である
野鳥界において無駄な殺生をするのは、カワウくらいなものではなかろうか
今日もまた後味の悪い鳥撮りになってしまった

002_2017061821513564d.jpg

ノビタキさんからあれはヘラブナだったとメールが入った
丁度画像を整理をしていたところで、確かに腹ぽっちゃりの何となく間の抜けた様な顔はヘラブナその物だった
40cm超の大物じゃないですか
.
003_20170618215135b97.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する