我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

仁和寺

枝垂れに始まり御室で終わる
京都の桜は、醍醐寺の枝垂れ桜が3月下旬に、仁和寺の御室桜が4月中旬に見頃となる
今年は天候不順で思うに任せなかったが、御室桜は満開散り始めの4月16日、好天に恵まれて良い花見が出来ました
苔むす林床にレジャーシートを広げ、桜やツツジを愛でながらの酒宴は、最高の日本人をやれて良かった~

(真言宗 御室派大本山 大内山仁和寺)

所在 京都府京都市右京区御室

普段は境内への入場は無料であり、御殿・霊宝館の拝観のみ有料となる。
ただし、御室桜の開花時(4月)に「さくらまつり」が行われ、その期間は、境内への入場にも拝観料が必要となる。

何でも屋の悩ましさ
鳥を撮ろうか桜を撮ろうか、オオリリ、キビタキの渡り最盛期に桜が被る
たまには家族でのんびりも良かろうと仁和寺に行って来た
日曜日でしかも桜便りで満開のアナウンスがあり、市バスは超満員のギューギュー詰めで家族のブーイングに参った
でもって帰りは嵐電利用でした

<御室桜(おむろざくら)>

樹高が低く2~3m程度で、粘土質で土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根をのばせない要因の一つにはなっているのが原因ではないかと言われています

290417_2.jpg

わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低くくても 人が好く ※仁和寺のHPより

花びらが厚く花(鼻)が低いことから、「お多福桜」とも呼ばれています

290417_1.jpg

定番撮りの好ポイントではレンズの前にスマホがにゅーと、鳥撮りならばセイガ飛ぶ所ですが我慢あるのみ
なんでスマホの比呂は頭上に掲げて撮影するんでしょうかね

290417_3.jpg

境内にはツツジが沢山有り、鮮やかな薄紫が目に沁みました
石楠花は御愛想程度です

290417_4.jpg

仁和寺の山門から歩いて5糞ほどで駅です
運賃220円(金につ)で降りる時に払います
勝手にホームに入って撮り鉄のカメラマンも結構いました

290417_5.jpg


フルウインドウで見るをクリックしてください

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

Re: こんばんは!

AYUさん こんばんは

桜の時期に夏鳥の渡りが被り悩ましいですが、鳥より花の命は短くて、で桜優先です
50年前と言えば正に青春してた頃でしょう
桜の花の下でなんて私には考えられませんでした
御室桜園(と言うのかな?)は一方通行で思うように前に進めない混雑でした
宴会なんて考えられないです
五重塔辺の森?では飲食可能ですが、流石に酒宴は見かけませんでした
伽藍のほとんどが重要文化財ですからこれらの建物も見ごたえあります
新緑の時期にまた行きたいと思っています

  • 2017/04/18(火) 23:50:54 |
  • URL |
  • 我太郎 #-
  • [編集]

こんばんは!

こんばんは!

”仁和寺”
ここの背の低い桜は有名ですね。
良い時期に行かれましたね。
私は、50年ほど前にデートで行った記憶が・・・(笑)
その時は、桜の下で宴会をしておられ、
心配でしたが、今は、どうなんでしょうね???

  • 2017/04/18(火) 21:58:13 |
  • URL |
  • AYU #TY.N/4k.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する