我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

地震被害無く

朝のお仕事を始めて直ぐにグラグラと来た
慌てて2階で寝ている嫁さんの様子を見に行ったが何とも無かった
怖かったなあ、で二人で台所に行って、怖かった~~~
あんたガスの火点けたままや!
嫁さんの顔の怖かったこと
とっささの時にそこまで気が回らんもんや
何事も無かったので良かったが、バカのたまわっている場合じゃないわなあ
スマホの地震速報で当市は震度5弱と有った
震度4以上の揺れが有ったら自動的にガスが消えるようにならんのかなあ
我が家が遅れているだけで、もうなってるの?
大揺れの割に棚の上の物は何1つ落ちてなかった
悲惨なニュースが有り、またまだ余震が怖いのに、暢気に鳥撮りしてて良いのかなあ、と思いながらも今日も黒池でカイツブリに遊んでもらった
危惧した通り4羽共親の背中に潜って沖の方に移動していた
こんなん誰も撮らない証拠写真を仰山撮って、残ったのがこんなもんで、子4羽を確認しました

01_201806181601489ce.jpg

少し土手に近い所まで寄って来て、日陰になり水の映り込みが綺麗で多少ましになったがまだ遠い

02_201806181601505a7.jpg

餌やりは水上で遠くて河童の啓助で絵になりません

03_20180618160153acd.jpg

1番近かったのが巣から10~20mで、シオカラトンボ絡みとなり何とか溜飲を下げれました
ズボラこいてFZ300で、IAズームONにしていたのが悩ましい結果となりました

04_20180618160154dd5.jpg

トビの子様子を見に行ったがさっぱり起き上がってくれません
皆さんとウダ言ていたら、若干お二人さんが道路をめがけてシャッター切っていました
目が悪いので、ムクドリの採餌と思ってパスしたが、いつまでも追っかけているのでおかしいと思ったらハッカチョウだった
カラスに追われて飛んだが、すぐに舞い戻ってくれました
PCに取り込んでアオスジアゲハを咥えていることに気が付きラッキーです

<05_201806181601556a2.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

今日も3点セットで

ケリはけりつけたと言いながらやっぱり納得いきません
トビとカイツブリは相変らず証拠写真しか撮れず、早々にケリを探して田んぼに行きました
目利きの鳥友さんも一緒に探してくれて大助かりでした
この紫陽花に絡めて撮りたいと言っていたら、思わぬことにケリの子が紫陽花の前の畝を歩きました
目の良い鳥友さんが気が付き教えてくれましたが、目が悪い私は間に合いませぬ
残念無念と天を仰いで嘆いていたら、天の神様が微笑んでくれて、また来た方に歩きだしたじゃあ~りませんかの炭酸せんべい(なんのこっちゃ)
これは逃してなるものかと必死で見えぬ目で追って、何とか前日よりましな紫陽花絡みが撮れました
西池で鳥友さんと出会っていなかったら撮れていなかった念願のショットで感謝です
聞けば、この紫陽花にハッカチョウの親子?が止まったそうだ
撮りたかったなあ
本日もハッカチョウが8羽?位飛びましたが、遠い植木の中に入って撮れませんでした

05_20180616215434c93.jpg

今日は親も田んぼから畝に上がってくれて、先日よりましな構図になりました
ハッカチョウが紫陽花に留まるかもで、まだまだたんぼ通いを続けんならんなあ
とは言っても、そろそろ紫陽花は終わりやで悩ましいわ

04_20180616215433e7d.jpg

好天で綺麗に撮れるかと思って三脚持って行きましたが、下手くそは何ぼ撮っても下手くそだ
ケリが気になって羽ばたきまで待っておれませんでした

01_20180616215428126.jpg

カイツブリは昨日と変わらぬ状態で、水上で餌渡しをするまでになっていません
2、3 日して子がもっと大きくなったらピントも合い易くなると思いますが、さらに距離が遠くなるかも?

02_201806162154309a0.jpg


このページのトップへ

ネタ振り

鳥撮りブログと銘打ってしもうたと悔やんでいます
まあこだわることもないだろうと、近年鳥ネタが無いと寝た振りするのがきずつなく、急に何でも屋我太郎復活でネタ振り記事でお茶濁しです

雨降れど時の移ろい止まりはしない

昨日と同じ今日は無し

生きとせ生けるものは皆

明日有ることを信じつつ

移ろいの中今日も生き

(平家物語)

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

娑羅双樹の花の色 盛者必衰理をあらはす

おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし

沙羅双樹とはナツツバキのことだそうな
近所の庭で咲いていました

04_201806150918380e1.jpg

人間死んじゃ終いだ
懸命でもないが生きるしかない日々、雨で1日PC守です

雨が降ります雨が降る

遊びに行きたし傘有れど

カメラが濡れたらお仕舞いよ

我太郎濡れても融けやせぬ

カメラかばいて濡れ鼠

4、5年前のこたあ忘れたが、その昔デジカメにはまって何でも撮った
ハマった第一号が茅葺き撮りでした
撮った茅葺きは300棟を越えましたが、HDトラブルで全部パ~
外部サーバーに退避した画像がわずかに残っただけです
2016年9月撮影、船坂の茅葺き民家
茅葺き探しはこれが最後なりました(まだ諦めてはいませんが、おそらく)

1475118761[1]

♪およばぬことと諦めました、雨に咲く花に痺れたこともあったっけ
ままになるなら いまいちど ひとめだけでも あいたいの
歌はラジオで聞いた
ママになるなら 今一度 ひと目だけでも 逢たいの、とおいらは覚えた
テレビで文字が流れるようになって、ありゃら~、ママでなくって儘かよ
バッカだよね、妊娠中の元カノに逢ってなにすんねん
昔からバカでした

ドラマや映画はかったるいので見ませんが、「昼顔」って流行語になったような
ドラマには関係ないですが、街中でも普通に見れる花なんですね

amenisakuhana.jpg

梅雨の雨も降らねば困るが、脳にカビが生えたり、ケツに根が生えたりしないよう、ほどほどで治まりますように

このページのトップへ

大きいのにちっちゃいの

梅雨入りの割に雨は少ないが、曇天ばかりで西池のトビは大きくなったが、午後からだと相変らず撮りづらい
誕生からほぼ一か月経ち、羽ばたきの真似事をするようになったが、相変わらず枝被り&空抜けでピントも合わず色が出ません
物の本によれば、巣立ちまでにまだ一か月くらいかかりそうで、これから撮りやすくななって来るのではと期待しています

a01_20180614233205dfb.jpg

なんぼ撮ってもピンボケばかりで、早々に田んぼに移動してケリを2時間ほど頑張ってみた
なかなか見つからず移動していたら、チームKメンバーさんに会い、ケリの様子を聞くとさっきいたよと教えてれた
ポイントに案内してくれたが双眼鏡で覗いても見つからない
おるやん、と指さして教えてくれてやっと分かった
肉眼で見つけれるお方と、双眼鏡でもみつけれんお人、えれ~違いやでぇ
なっさけないけどこれが現実だ
今まで成鳥は3羽だと思っていたが2羽だった

a02_20180614233207223.jpg

ケリの子も大きくなってケリケリしてきて、成鳥と思っていたのはこの子だったようで、他の2羽の子とは別行動で3ショットは撮れませぬ

a04_20180614233211b5b.jpg

これが撮りたくてケリにご執心でした
もう3mも手前に寄ってくれたらなんですが、泣く泣くのこれがやっとでした

a05_20180614233212325.jpg

バンザーイ紫陽花絡みが撮れたど~
これでケリつけれるわ

a06_20180614233212ab8.jpg

黒池でカイツブリの子が3羽誕生していると聞いて寄ってみた
3羽確認したが、水上デビューはまだで、巣篭っているのでまだ1、2個孵っていないのではと思う
Xデーは何時か?
3、4日目が離せなくなってきたど~

a07_20180614233215f4b.jpg



このページのトップへ

子が気になる季節

冬はミコアイサ、夏はカイツブリ、当市周辺には溜池が多く池巡りも結構しんどい
よそ者ゆえ詳しくは知らないが、その昔は一帯は米作地帯だったんだろう
昭和40年に当市の西部に居を得たが、周辺は田んぼだらけで、引越した年は蛙の大合唱で睡眠不足に悩まされたものだ
昭和47年に市内南部に引っ越して、気が付けば尼宝線の西側は田んぼが無くなっていた
今では田園地帯(?)と言えるのは安倉と中筋位ではなかろうか
カイツブリが繁殖可能な池は、阪急山本から宝塚までの間に10を超える
カイツブリで全池を観察する程暇はないが、黒池、西池、上の池、中筋の池、新池(2)の6カ所は1時間もかからない範囲ゆえ毎年池巡りしている
今年は現在巣離れX1、抱卵中X3を確認しているが、1番撮り易かった山本の新池は、南側は営巣場所(攪拌機)が撤去されて駄目だろう
北の池では攪拌機の板の上で抱卵しているが、板の上ではお食べ下さいと言わんばかりではないのかと心配している
過去にアオサギにあっと言う間に雛を3羽も食べられたのを目撃したことが有る
西池ではアオサギがカイツブリ成鳥を捕って、飲み込めないで2日間振りまくった挙句放棄してしまい、結局カラスの餌になったことが有る
カイツブリは抱卵を始めて誕生まで20~25日かかるそうで、卵は1個しか見えないがこれからまだ産む?
だとすると誕生は6月末か
ちゃんと子育て出来るのかちょっと気にはなるが、毎日チェックして回るにはしんどいことでどうしよう

05_201806092228028c2.jpg

、今年はトビの観察と併せて中筋の池が本命かな?
卵は4個のようだがまだ白いが誕生は近そうだ

04_201806092228022cf.jpg

天神川にカルガモの親子がいたが1週間ほど遅かった
毎日チェックしておれないのが悩ましいわ

001_20180609222756742.jpg

02_201806092227585be.jpg

03_20180609222800ae3.jpg


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する