我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

今日のミコアイサ

昆陽池の17羽は何処へ行ったんだ?
買い物ついでに宝塚の池を覗いて見たら、♂1+♀タイプ5で最初に確認出来たグループは残っていた
雨の加減か多少水が増えて一寸は近くに寄って来ていた

281206_1.jpg

カワウの数が減って魚が減ったのではないかと思われ居つくのかどうかは?
午後から武庫川にカワアイサを探しに行く予定で他の池の様子は見に行かなかった

281206_2.jpg

買い物中に鳥友さんからカワアイサを撮っているとのメールが有った
早めの昼飯を食べて出かける用意をしていたら、上流に飛んで見えなくなったとのメールがあった
めーるなあ
どうもこのカワアイサは5km範囲を飛び回っているようで歩きで見つけるのはしんどい
最上流部の堰堤まで原チャで走って確認したがいなかった
すぐに鳥友さんから見つけたとの連絡が有って駆けつけて間に合った

281206_3.jpg

281206_4.jpg

バタバタ撮れてこれから飛出し狙いをと思った時に、何時の間にか北のお山は真っ黒な雲に覆われ、ヤバイなと思う間もなくポツポツ来て、傘が壊れそうな強風でドタバタやっている最中にカワアイサは上流に飛んでしまった
カメラを濡れないようにザックに直してビニール袋でザックをざくっと包んで、雨が止むのを待ってと思ったら、目利きさんが下流に飛んで行くと声をかけてくれ、少々雨が降ろうがカメラを構えてやる気のお方は飛び物をばっちりゲットしていたが、どうせおいらにゃ無理なこって、見えなくなってはいそれまで~よ
雨が降っていたのは上流に飛んで、下流に見えなくなるまでの間と何とも腹立たしい天気だった

281206_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

近くて遠い宝塚

二匹目のドジョウを狙ってきずきの森に行った
陽射しは軟やらかく、梢を揺らす風に黄色い葉がハラハラと散る
カラスが飛びヒヨが騒ぐが、小鳥の気配は感じられない
世の中そんなに甘いもんじゃおませんでした
ベニマシコ探してもいてるのやらいないのやら
ミヤマホオジロを先日上の森で5羽ほど確認したが、噂によれば下に2桁入っているとのこと
先客さん2人、聞けばそこそこ出ているとのことで、結局ミヤマホオジロポイントで腰を落ち着けた
静かに時は流れ、耳の良い先客さんが鳴いていると、構える間も無く木々のあちこちで気配を感じ、突然1羽が飛び込んで来た
成鳥♂であったが黄色はまだ薄くこれからが楽しみだ
直ぐに♀が1羽入りしばらく2羽で採餌し、撮りまくるも同じようなシーンばかりだ
木陰で様子を伺っていた残る連れも一斉に飛び込んで来て騒々しくなり、10数羽と聞いたが♂X2+♀は数える気無し
不思議とアオジは少なかった

281129_1.jpg

281129_2.jpg

281129_3.jpg

281129_4.jpg

3時頃までミヤマホオジロに遊んでもらって、近くの池までミコアイサが来ているとの鳥友さんの知らせで、16時頃池に寄ってみたら池の中間辺りで軍団が潜っていた
パンダ1+10数羽で遠いのはこの鳥ゆえしゃーないか?
カメラを用意してレンズを向けるとすぐに寝出してしまった
この池の水も抜かれて少なく、通学生や散歩の人が多くなかなか近くに寄ってくれず撮りにくい
さてこの池に何日滞在してくれるか?
例年なら1種間ほどで西池に飛んでくれるが、今年はミコアイサが潜れるほどの水が無い
黒池も水門は同じゆえいかんともならじ
昆陽池に入るか?、瑞ケ池に入るか?、それとも伊丹を飛び越えて千里に入るか?
当分気がもめる日が続きそうだ



281129_5.jpg

281129_6.jpg
このページのトップへ

ノビタキ

鳥撮り日和のこんな日に何の因果でペンキ塗り
日ごろのサボリの付けが回って来た
ベランダのペンキ塗りいつおわるのよ、きついお言葉でありました
直ぐやります、で午前中ペンキ塗り
雲1つない好天に誘われて久しぶりに副業の仕入れに、そろそろ盛期のはずのリンドウ、ウメバチソ、センブリを探して宝塚北部の里山を走ってみた
センブリはまだ早かったのか、個体数そのものが少ないのか2株見つけれただけで、ウメバチソウは正に盛期の大乱舞だった
リンドウを探しに西谷の森公園に向かったら定休日だった
ありら~で田んぼ道を走っていたらノビタキがいた
3羽確認したがこれが超手ごわかった
30m以内には寄れず豆粒をトリミングしてこんなもん

遠いすぎて留まった植物不明
アキノノゲシノビ(と思う)

281024_2.jpg

オクラノビも花が無く豆粒

281024_1.jpg

アワノビがトンボウのおまけつきでなんとかなった
恋する時とお食事時は野鳥も人も同じよ
警戒が解け20m位まで寄れた

281024_3.jpg

(本日の野草)

<ウメバチソウ(梅鉢草)>

繁殖力旺盛で有る所では大群生している

花の大きさ 約2cm

花期 10月下旬から11月中旬

281024_4.jpg

<センブリ(千振)>

分布 北海道西南部、本州、四国、九州

花期 8月~11月

花の大きさ 約1cm

胃腸病に利くとされて、開花期の全草を乾燥させ、煎じてまたは粉末にして飲む
千回降り出してもまだ苦いことからの命名で、子供の頃飲まされた経験があるお方もいてるのでは

281024_5a.jpg


,おまけ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する