我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

ミコアイサ

この天気でミコアイサ撮りに行くバカがおるか
若干お一人様おいでです
別にミコアイサを撮りに行ったわけじゃあ~りません
FZ300のバッテリーが入荷したとの事で、K電気に引き取りに行ったのであります
現金7,000円なら丁重にお取扱いするものを、バッテリーとなるとぞんざいに扱い、1個何処へやったか分からなくなった
デジイチのバッテリーもFZ300のバッテリーも値段的には大して変わらない
本体が15万円の物と6万円の物なのに、なんでやねんねん
バテリー1個で10分の1とは何や納得がいかんが、生産量の問題やろうね
帰りに西池に寄ったら池の真ん中で求愛ダンスをやっていた
夕方だけじゃないんやね
まだ換羽中の♂、かの今一君かな?

300122_2.jpg

熱い視線で、互いに見交わす2羽

300122_3.jpg

♀がその気になりました

300122_4.jpg

うん・・・

300122_5.jpg

好みじゃねえや
ミコアイサは♂が♀を選ぶんだろうか?

300122_6.jpg

散歩の人もおらず、ミコアイサは超リラックスしていましたが、近くても光がないと駄目ですね

300122_7.jpg

一しきり踊りまくって腹減ったようで、水門の前で昼なのにバンバン潜ってくれた

300122_8.jpg

ミコアイサの餌捕り
今日は捕食シーンが撮れるかと思ったが、時雨がきつくなりギブアップ(残念)

スポンサーサイト
このページのトップへ

平成28年鳥撮り納め

水を抜かれた池なんか興味ないとパスしていたが、見る人は見ているんですねえ
鳥友さんからオジロトウネンらしいのが入っているので確認して欲しいと連絡があった(お初だそうだった)
おいらだってシギチはヨチヨチ歩きどころかハイハイ状態だが、久米田池で撮ったばかりゆえなんとかなるだろうと、安請け合いではいはいと行って見た
何や土手の水際でちょこまか動く鳥が見えたが、遠い過ぎて確認できない
買い物ついでで双眼鏡持っていかなかったので、飛んで来るまで待つ時間がなく、買い物を済まして再度寄ったらコチドリとイカルチドリが手前の水際でちょこまか動いていた

(コチドリ)

281230_1.jpg

(イカルチドリ)

281230_2.jpg

(オジロトウネン?)

鳥友さんに電話で確認したらオジロトウネンらしいのと5、6羽いたとのことで、しばらく様子を見ていたら土手の方から3羽飛んで来た

281230_4.jpg

何だったんだい久米田池は、二時間半もかけて電車代使って行ったのに、原チャで五分の池で撮れたがな
撮りたい撮りたいでやっと撮ったら、近くでも撮れたってことはよくあることで、愚痴っても仕方ないことよね
ところが、3羽3様でこれが悩ましい
図鑑ではこのタタイプがヒットした

281230_6.jpg

僅かに白い眉班があるが、ブログでは個体差が有りオジロトウネンとあった

281230_3.jpg

ヨローッパトウネン?

上の個体より眉班が目の後ろまで延びている

281230_5.jpg

これに頭こんがらかっています
シギチはこれだから難しいのよ
シギチに詳しい方ご指導よろしくお願いいたします
それにしてもこんな小さな鳥を見つけてくれた鳥友さんに感謝です
かくて平成28年鳥撮りは、思わぬ鳥で収めることが出来ました


281230_7.jpg
このページのトップへ

H.12.10の西池

雨が降りそうで今日は家で溜まったお仕事を片付けようとのんびり構えていた
直ぐには振りそうにないので9時過ぎに池に行ったのが泣きを見た
10分遅かったなあ、皆さん紅葉絡みの良い飛び物撮ってでした
運1つで撮ってるゆえ辛いわ
池の水がどんどん減って、そのためかミコアイサが近くで潜るようになった
最短7~8mまで寄って来たが、いかんせん曇天で水面の映り込みが悪い
昨年の西池でのミコアイサは12月8日に陸に上がったシーンを撮って後撮っていない
そろそろ撮り収めかな?


271210_1.jpg

271210_2.jpg

12月10日のアカンガシラ

何でもでっかく撮りたいゆえに失敗こいた
250mmで十分なくらいだった


271210_3.jpg

何とかのアカガシラ

水が抜かれて酸欠で?小魚が仰山死んでいた
まだ食べれるようで簡単に捕って食べた


271210_4.jpg

次のお出ましは遠い、遠い
50%カットしたが、エンジェルポーズ2回、伸びも2回のサービスだった
餌捕りも撮れたし、池巡りもこれにて終ります


271210_5.jpg

平成27年12月10日の西池の野鳥
このページのトップへ

西池

雨が降れば暇だ
雨が振ってもテント立てて鳥撮りする人もいる
また風情が変わって良い鳥撮りが出来るのだろう
おいらそんな風情は心得がないで、ここは少し休めとの天の声とおとなしくしとこう

西池の水が12月中旬から抜かれて、約2カ月ほど干上がっていました
ミコアイサがミコアイサらしくなる時期と重なり、お役所の嫌がらせではないかとの噂が有り、4月3日に確認の電話を入れました
護岸工事目的で水を抜いたが、調査の結果基礎部分はしかりいていたので工事をせずまた水を入れたとの回答でした
ここで問題が起きました
番の内の♂が怪我をして昆陽池で保護、治療の甲斐もなく落丁したようです(役所で確認済)
コブハクチョウの死と水抜きの因果関係は有りませんとそっけない回答でしたが、どう考えても9年も連続で雛をかえして、市民の多くならず野鳥フアンを惹きつけてきたことぐらいは役所も分かっていたこだと思います
3月初旬には巣作り、下旬から♀は約1カ月半抱卵する時期に調査に2カ月の時間を費やしたかと思うと、果たしてそれだけの理由なのかと疑念を抱かざるをえない
さて、今後の西池がどうなるかは不明ですが、今年は西池ではコブハクチョウの雛の誕生は見れません
ちなみに、宝塚市の上の池の番は既に抱卵していますが、これも写真的には巣上の雛を撮ることは非常に難しい所に営巣しています
上手く誕生しても水上デビューまでお預けになりそうです

番の一方の♀も昆陽池に保護され、左足にA3の黄色い足環をはめられています
抜きたいようで盛んに嘴で噛んでいる姿が痛々しいです
毛繕い中のA3

270403_2.jpg

♪私がいなくなっても 泣かないでください

♪そこに私はいないけど 眠ってなんかいません

♪千の風に

♪千の風になって

♪この大きな空を

♪吹きわたっています

no030331.jpg

  風も無く波も無く音も無く

  時移ろいて日は暮れり

  そしてまた日は昇るだろう

  変わらないようで変わりゆく

  あの白鳥はここにはいない


270403_3.jpg
このページのトップへ

池巡り(H.26.11・23)

昆陽池には9時前に行ったがコブハクチョウの飛翔は見れなかった
昨日8羽いたミコアイサは3羽しか確認出来なかった
3羽は居つきそうだが、相変わらず遠くてどもならんわ

261123_1.jpg

カンムリカイツブリはミコアイサよりましだが、一向に魚を捕っているようには見えない
その内サービスが有れば良いがなあ

261123_2.jpg

コブハクチョウの飛ぶのを待っていたが飛ばなかった
オナガガモが飛んだので撮って西池に転進

261123_3.jpg

今日もミコアイサは3羽だった
何時も1羽が離れて潜っているので1枚の写真に納まらない

261123_4.jpg

261123_5.jpg

武田尾の様子を見に行こうと帰りかけたら、600mmだか800mm構えていた若者が、手持ちで空を狙い出したので見上げるとタカが飛んでいた
慌ててカメラを出して参戦したが飛び物下手では上手く撮れん
若者に聞くとハヤブさだと言う
上空から急降下して水面すれすれに飛んでカモを襲っていた
夢中で何度だったかは分からないが、3度や4度はやったと思う
結局失敗してお山に向かって飛び去った
良かったような、おっしいようなななあ
PCで観たら確かにハヤブサだった
遠かったので何とかハヤブサだと分かるのが1枚有った
ちなみに武田尾では約1時間いただけで何にも撮れず

261123_6.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する