我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

雛が5羽+卵1個

本日の確認は雛5羽でありましたが、双眼鏡で観察されている人から卵が1個有るとのことでした
1羽は午前中にはまだ水上デヒューせずでしたが、午後には水上デビューしたかも?

270427_1.jpg

♂がしばらく出て来るのを待っていましたが、降りて来ずまだ体力が無いようです

270427_2.jpg

隅っこが好きなようで毎度ここで採餌します
吹き溜まりで水面が汚れて写真的には敬遠したい所です

270427_3.jpg

巣に戻るこの辺が水も綺麗で良いのですが、思う隊列にならずお気に入りをゲットするには粘りと数でしょう

270427_4.jpg

巣に上がるルートは2か所有り、左手のこの場所がなんとか丘に上がる雛が撮れるポイントになります
親が邪魔で上手く撮れませんでした
何やこれ、と思ったらアオサギがおっちんしてました
雛を狙っているのかなあ?
カイツブリの雛をあっという間に3匹呑み込むシーンに遭遇したことが有り心配です

270427_5.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

雛4羽

どうやら6個産んだようだ
26日朝確認に行ったら4羽生まれていると言う
暫らく観察報告を聞いていたら出てるよ~、との声
3羽水中にいた
どうしても4羽目が出てこないらしい
すぐに丘に上がってしまった

270426_1.jpg

この時期では完全なハートマークは無理だが、この間に子が3羽入って欲しかった
世の中そうは上手くいかんもんやね

270426_2.jpg

欲かいて大失敗
出来るだけ子を大きく写したいで、ズーム目一杯引ぱってておよよdeありら~
慣れないのでレバー操作してる間が無かった
こんなシーンには2度と出会えないだろうにまっこと悔しかるかる

270426_3.jpg

夕方散歩ついでに撮った4羽の証拠写真

270426_4.jpg
このページのトップへ

コブハクチョウの雛誕生

今年の西池は散々だ
12月から約3か月池の水を抜かれて、ミコアイサはあっちこっち移動を繰り返し、コブハクチョウは♂が怪我をして落鳥した
ミコアイサにしてもコブハクチョウににしても、1番大事な時期に池の水を抜かれてわやだため池の水を抜くこと自体とやかく言える物ではないが、水鳥に影響が出ることは分かり切ったことだろう
伊丹市役所に抗議の電話をしたが、コブハクチョウの死と池の水を抜いたこととの因果関係は有りませんとのことだった
有りますとは言えんわなあ
ミコアイサについては正面切って動物虐待だは言えないが、コブハクチョウの件は子育ての時期と分かっていて水を抜く行為は動物虐待だ!!
市に動物愛護の精神が有れば、黒池まで約3か月もの間水を抜くことは無かっただろう
確かに水門は1基ゆえ、何も手立てしなければ必然的に両方の池の水は抜けるが、黒池側に土嚢を積めば済むことだ
予算云々はよさんかい
残った♀を保護するのに捕獲銃に2万何がしか円かかったと聞く
土嚢10個や20個の金が無いはずはなかろう
昨年秋の豪雨で西池の西側護岸が崩れ、その工事で水を抜くとのことだったが、3か月もほったらかして工事はせずにまた水を入れた
この件に関しては、調査の結果基礎には問題が無かったので中止したとの回答であった
その調査に2カ月もかかったのかとの問いに、その通りですときた
じゃあ素人目にも護岸が崩れているのが見えるがどうするのかとの問いには、これから検討するとの返答だった
お役所ってこんなもんだとは分かっていても、相変わらずの世界なんだなと実感させられた
結果今年は西池でのコブハクチョウの子育ては無くなった
毎年どれだけの人が楽しみにし、その動きに心癒されてきたことだろうか
一方宝塚市の上の池では今年も例年通り巣篭り、24日に1番子が誕生したらしい
25日朝確認に行ったが、葦が被ってまともには撮れなかった
卵は6個と言う人がいるが全部が生まれるまでは分からないのでは?
いずれにしても水上デビューまではすっきりと親子を撮ることは難しい
上の池も多くのカメラマンがやって来るようになった
周辺に路上駐車してトラブルことのないよう、散歩の人に邪魔にならないよう、マナーを守って撮影を楽しんでください

7時前に♂が巣から離れました

270425_1.jpg

バタバタやってくれましたが葦が悩ましい

270425_2.jpg

まだほとんど親の羽の下に潜っていて、時々顔を見せてはすぐまた潜ってしまうの繰り返しでした

270425_3.jpg

270425_4.jpg


270425_5.jpg
このページのトップへ

コブハクチョウ(伊丹市)

現在昆陽池に21羽、西池に2羽+上の池(宝塚市)に2羽います
昆陽池ではここ7年?くらい子育てに失敗しています(無精卵?)
西池と上の池では毎年5~7羽の雛が誕生するが(4月28日頃から5月上旬)、無傷で成長になる子は少ない
電線にひっかかった、フェンスに激突した、等の事故で死んだり怪我をして保護されている
現在隔離池で障害のある個体6羽がいてます
元気になれば池に放されますが、見るからに駄目だと思う個体もいて可哀そうです

138.jpg

昆陽池では午前9時頃と午後3時頃に餌を与えて飼い付け状態ですが、西池と上の池の番は自然状態です
とは言え、散歩の人が餌やりするので飼い付けと同じようなものですが、時おり武庫川で観察されており、この2つの池から飛んでいるのかも?
昆陽池の個体は最近足環を付けるようになったのですぐ分かると思います

a002.jpg

ミミカイツブリの噂で例年になく昆陽池通いが続いて、昆陽池の白鳥はあまり撮らなっかったので、ちょっと狙ってみました



デジブックで見て下さい

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する