我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

頬が白くないホオジロガモ

 本日は晴天なり

 浜風そよげばさざ波煌めく

 蒼き空蒼き海

 爽やかな笑顔な迎えられ

 わが心も晴天なり


浜に立ったのは10時前だった
鳥友さんに遅いじゃないのと言われたが、諸般の事情でこれが精一杯なのでありました
聞けばお二方は既にホウジロカモ、ウミイサ、ハジロカイツブリを取り放題したとか
既に浜を背にして移動中だったが滑り込みセーフだった
この浜は10時を回ると光の加減で撮りにくくなる
何とか間に合い良かった

(ホオジロガモ)

♀4羽と聞いてパスしていたが、鳥友さんが頬の白くないホオジロガモ♂が1羽いてると言うので参戦した
良く見ているもので、野鳥の同定は難しいね

281203_1.jpg

ネットで調べたら、第一回冬羽♂はくちばし全体が黒い、とあったので♂に間違いなさそうだ

♂(左)と♀(右)

雌のバタバタ(嘴の先が黄色い)

281203_2.jpg

カンムリカイツブリは嫌と言うほどいた

281203_3.jpg

ウミアイサは4羽いてたが換羽中の♂もいてるらしい
大きなテンコチを咥えて、目ざといユリカモメがそれを奪いにかかって、仲間のウミアイサも気が付いて、3羽入り乱れてのサービスが有った
こればかりでごめりんこ

281203_4.jpg

281203_6.jpg


281203_5.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

甲子園浜

悩ましい天気で予報を見れば大阪は雨、お城に行って降られれば電車代がもったいない
年々厳しさを増す遊び人生活ゆえ、ガソリン代だけの甲子園浜に行って見た
潮目は午後1時前は干底から込に入っているからと思って行ったが、既に干潟は波をかぶっていた
シギチはまだ這い這い状態で浜のことは何も知らないが、甲子園浜の干潟は大潮でないと出ないのかなあ?
中潮のはずだが読み違えたか?
な~んにもいません
いたのは・・・
書くだけ野暮ってもんだが、撮ったんはイソヒヨドリとイソシギ数枚だけだった

テトラの上のイソヒヨドリ♀を見つけたが、堤防が被って身を乗り出せば飛ばれる
50mほど先のテトラに留まりまた同じこと
3度目に堤防の上に乗ってくれたが、ピントを合わせる前に処理施設の中に飛ばれそれまでよ~
イソヒヨドリで遊ぶつもりが、イソヒヨドリに遊ばれてもうたわ

イソヒヨドリ

30分ほどで諦めて帰りかけたらイソシギがいた
テトラノの上でくつろいでいたので、サービスを期待して10分ほど粘ったが、これだけのことよ

イソシギ

これじゃ帰れんと香枦園浜に行ってみたが、堤防の上から双眼鏡で見ただけで切り上げた

本日撮影の花

<サクラタデ (桜蓼)>

蓼食う虫も好き好きと言われる蓼の仲間で、蓼では花が大きい方で、5mmほどのピンク色の花が桜を思わせることからの命名

4、5年前に三島江にコスノビを撮りに行って、引き抜かれて畑の畔で干からびそうになっていた3株持ち帰って植えたら着いた
年々株が増えて庭が狭くて今では難儀している
ツマグロヒョウモン♀が花に華を添えてくれた

サクラタデ
このページのトップへ

淋しかった甲子園浜

薄曇り、風は有れど蒸し暑く、カメラマンは3人のみ
土曜日とあって東屋の前から西は家族連れで賑わっていた
鳥友さんも来ていたが、コアジサシの他は何にもいないと早々に引き揚げたようだ
何かブログネタ撮らねばで頑張ったが、いかせんおらぬ鳥は撮れませぬ
台風を予知したシギチがわんさかの目論みも、世の中そうは甘くなかった
ササゴイが近くを飛んだが絞り設定ミスで真っ黒け
何時でものイソシギが坊主逃れとなった
甲子園浜は午後からは逆光でどもならんが、何でも撮ってネタ揃えてごんざります
本間、鳥撮りって難しいなあ

280903_1.jpg

飛んでくれたは良いが何処にイソシギはおるんじゃ
30%カットで何とか分かるかなあ

280903_2.jpg

帰り際にブログネタに遠い遠いコアジサシ撮った
数えたわけじゃごんざりませんが、鳥友さんよれば100羽以上だとか

280903_3.jpg

遠い遠いミサゴが飛んでくれたが逆光は如何ともしがたし

280903_4.jpg

コアジサシのてんやわんやも証拠写真の連発でお終い
中にアジサシが混じってたかもですが、なんせ目が悪く確認出来ませんでした


280903_5.jpg

このページのトップへ

甲子園浜

空模様が怪し気であったが午後から甲子園浜に行ってみた
12時半頃着いたら干潟は石ころ3つほどが見えていただけで水没していた
例の遠い石の上に、ササゴイ、キョウジョシギ各1羽、他にキアシシギとイソシギは数は不明で1羽ずつ撮った
後ろの建物にイソヒヨドリの♀1羽が来たが、曇天空抜けでブログネタに撮っただけ
忘れそうな頃にひょこっと出合う(失礼)鳥友さんと2人で談笑しながらの1時間でしたが、遠路お越しいただいたのに鳥種も数も少なく残念だった
1時間ほどで雨が降りだし撤収したが走っている内に止んだ
込み潮でどうせ粘っても変わりは無かっただろうからかえって踏ん切りがついて良かった

280828_1.jpg

280828_2.jpg

280828_3.jpg

280828_4.jpg

280828_5.jpg

このページのトップへ

甲子園浜

  甲子園  土産の一羽  キョウジョシギ

午後3時頃が干底とお誂えの汐に誘われて遅い時間に甲子園浜に行ってみた
出かける用意をしていると嫁さんが雨が降りだしたと慌てて洗濯物を入れた
何やねんこんな時間に、と思ったら直ぐに止んだ
空を見れば尼崎方面は未だ黒い雲が覆い被さって不気味で、行こうか行くまいか迷っている内に日が射しだした
西の空もまだ怪しかったが、折角その気になったことやし30分遅れで原チャを走らせた
午後4時過ぎに着いたら干潟はほとんど浸かっていて、わずかに残った干潟でキアシシギ3羽が採餌しているだけだった
ズボラかまして400mm手持ちで、キアシシギの証拠写真もないだろうと運河の方に行ってみた
ここも400mmでは遠いが50%カットなら証拠写真にはなる
大きな岩に1羽のキョウジョシギがいた
好きな鳥ゆえ坊主逃れには十分だ
あわよくば砂浜に飛んでくれないかと、5時を回るまで粘ったが、砂浜に飛ばないでどっかへ消えてしまってジエンド
ズボラはあかんねえ

280824_1.jpg

280824_2.jpg

280824_3.jpg

280824_4.jpg

280824_5.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する