我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

ベニマシコ登場

3月29日 晴れ 篠山にて

ジャガイモの植え付けで篠山に行って来ました
ひょっとしてウソが桜の蕾を食べに来るかもと、テレコンセットで畑に行きました
約50坪程の半分は草引き&ジャガイモの植え付けは終わっています
午後2時くらいからのんびらこんと畑仕事を始めました
腰が弱いので中腰の作業は長続きしません
1時間しては10分休んで
休んでいる間に花を撮ったり鳥を撮ったり
鳥と言ってもツグミかホオジロくらいしかいません
ホオジロのさえずりを欲しいという人がいて、少しでもましなのをと見えを張って頑張ってみました
晴れとは言っても今一の天気です
良い枝、良いバック、何にもまして良い光
三拍子揃ってはなかなかないもんです
とほほのブログネタ

fc20329noi.jpg


とこ~ろが~
鳥撮りは分からんものです
あれほど恋焦がれたベニマシコ
らしきを入れても今シーズンは見たのさえ2度きりです
もう駄目だろうと半分諦めていましたが、ホオジロの横の梅ノ木に止ってくれました
流石に梅は居心地は良くないらしく、直ぐに柿の木に止って地ベタに降りたので見失いましたが、足音で驚いて飛んだので後を追いました
初撮りのベニマシコ♂はフルオートで空に合ってしまって真っ暗です
やっぱり何時もマニュアルで撮らないと、これで終わっていたら悲劇です
暗くてこれで♀かと落胆したもので、♀とばかり思って撮っていました
後で分かったことですが♂です

fc20329no2.jpg


KABAさんが投稿されたベニマシコが綺麗な紅色だったので、てっきり♀と思い込んでいましたが、色がついてるしなあ、でネットで調べたら♀はどれも紅色が見えませんが、♀の画像が少ないので色がついているのかどうかは分かりませんでした
掲示板でyosioさんが♂と判定してくれたので♂でしょう
初撮りゆえ贅沢は言えません
よっしゃ~~~、です

fc20331noa.jpg


空抜けは皆さん嫌いますが、私は青い空か綺麗な雲がバックなら好きです
梅にベニマシコはもう撮れない画像かもしれません
欲を言えばキリが有りませんが、この空の色ではねえ
梅も散ってるしなあ
空抜けの勉強せにゃなりません

fc20329noa.jpg


何とかの位置の画像これなんです
切って、ソフトで編集してこれです
前の枝が邪魔してピントが甘くなりました
上手くいかんもんだ
これでまた頑張るぞ、と熱くなれるんですがね

P1230125.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

毛色の変わったカラス

3月28日 晴れ

KABAさんからコハクチュはまだいると知らせがありました
一昨日は見かけなかったので、渡ったかなと気になりながらも、昨日は武庫川土手の桜を見に行って、昆陽池には寄れませんでした
知らせで確認に行って来ました

何時もは給餌池にいるんですが、いないと思ったら貯水池にいました

fc200328no1.jpg


最近貯水池にいる白鳥が増えました
多い時は10羽ほどで、今日は6羽でした
名前の通り一寸小さいので直ぐに分かります
まだヒドリガモもキンクロハジロもオナガガモもいるので、コハクチョウものんびりしているようです
給餌場に向かって1羽の白鳥が飛びました
やっぱり飛び物は難しく、せめてコハクチョウの飛翔を見たいものです

fc20328no5.jpg


池の周りのボケもそろそろ終わりかけています
メジロが良く蜜を吸いに来ていました
アオサギも撮り気が起きない鳥ですが、ボケにアオサギは撮りたくなります

fc20328no2.jpg


給餌池で毛色の変わったカラスを見ました
病気でしょうか
年寄りカラス?
まさかカザサギとの合いの子じゃないよね

fc20328no3.jpg


fc20328no4.jpg


このページのトップへ

昆陽池の発信機着装カモ

3月26日 曇り時々晴れ

午前中主夫をやって、午後嫁さんと散歩のパターンになってきました
西池の白鳥の様子を見るために天王寺川を遡って、鴻池から天神川沿いになんかいないかと南下
昆陽池で鳥見のコースでした

今年も西池でコブハクチョウが巣篭もったようです
枝が邪魔で上手く写せません
ゴールデンウイーク頃に雛の誕生が有るかもです
fc20326no1.jpg


昆陽池で鳥見の嫁さんが矢が刺さったカモがいるといいます
よく見れば発信機のようです
ヒドリガモの♀でしょうか
fc20326no2.jpg


コハクチョウハは見かけませんでした
渡ったのか隠れていたのかは不明です
明日もいなければ飛んだかと思います
仕方ないのでキンクロハジロで遊びました
今日は♀です
冠羽がはっきりした固体がみつかりませんでした
まだ若いのかなあ
歳とって毛が抜けた?
fc20326no4.jpg


ご婦人にケツ向けてはしたないなあ
kazu3だってようせんで~
fc20326no3.jpg


♂のおもろいのを一枚
fc20326no5.jpg



このページのトップへ

アオゲラ 逃げら~

3月25日 快晴

前から話題のアオゲラ撮りに行って来ました
結果は
鳴き声は聞きました
飛ぶ姿は見ました
♂、♀2羽確認ですが、惨敗でした~
条件が悪くて本人は不満なようですが、撮る人は撮ってるんですよねえ

家から電車を乗り継いで約2時間、なんと間の悪いことで、バスの連絡が悪くて北鈴蘭台駅から2.8キロを歩きました
舗装路の上り坂ではありますが、まだ見ぬアオゲラに期待が膨らみ、心無しか何時もより足が早まります
途中キジらしき2羽が林に駆け込んだり、リスが道路を横切ったりと緊張の場面もありました
六甲山系の西北の外れに神戸森林公園があります
四季折々の鳥撮りが楽しめる人気のフィールドです
思ったより鳥撮り人が少なく、アオゲラの情報が乏しくて時間だけが悪戯に流れ、カモシカ園の日本カモシカを撮って遊んだり、飛ぶものならなんでもで蝶を追ったりと毎度のことです

匂い付けなのか? かい~の、やってるのか?
天然記念物のニホンカモシカです

鳥撮れず シカしか撮れず 仕方無し
fc203026no1.jpg


鳥撮れず 蝶を撮るとは 超惨め <鳥川柳で使ったけんど>
蝶にも色々ありまして、名前は超難しい
テングチョウか?

fc20326no2.jpg


お恥ずかしながらの撮り物

ジョウビタキまでボケたわ
fc20326no3.jpg


ウソはえらい高いし
fc20326no5.jpg


シロハラにはケツ向けられるし
fc20326no4.jpg


ホオジロ、シメも撮りましたが、画像処理する気にもなれずです
でもねえ、松の木の上の雲一つ無い青い空を堪能出来てご機嫌でした


このページのトップへ

昆陽池しか無いわ

3月24日 晴れ

畑仕事で2日鳥撮りはお休みでした
篠山では曇りでろくな撮り物はありませんでした
ホオジロは警戒がきついもののスズメほどいます
ヤマガラ、シジュウガラ、ツグミはその気になればです
メジロを1羽も見なかったのはなんでかな~
で、披露出きるほどの画像はありません
困った時の今日の昆陽池
ちなみにまだコハクチョウはいました
キンクロハジロで2時間ほど遊んでみました

好きなんです、キンクロハジロ(金黒羽白)
カモ目 カモ科

fc20324no1.jpg


日本には冬鳥として全国に渡来する
昆陽池ではオナガガモと並んで数が多い

fc20324no2.jpg


季節は10月から4月と半年以上日本で暮らします

fc20324no3.jpg


全長♂44センチ、♀38センチと♂の方が大きい
なお、♀はスズガモと似ているが、キンクロハジロのメスは冠羽があるので見分けのポイントとなる

P1220165.jpg


潜水ガモといわれ、潜って水生昆虫や水草などを採餌

fc20324no4.jpg


fc20324no6.jpg


fc20324no8.jpg




このページのトップへ

本日の昆陽池

3月21日 晴れ

好天に誘われて午後から散歩がてら昆陽池に行ってみました
風にあおられて自転車の子供がつっかかってくるハプニングがあったが、お互い怪我はありませんでした
体がぶれてピントが合わないこともある強風ではあったが、一時の寒さは感じられませんでした

カラス、ウ、サギ避け(と思う)のワイヤーが張られていました
オナガガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモはいましたが、コハクチョウは確認できませんでした

fc20321.jpg


悪戯もののカラスが白鳥の尻尾くわえていました
巣作り? 悪戯?

fc20321no2.jpg


白鳥も風のためか半分ほどが貯水池の方にいました

fc20321no1.jpg


葦原でアオジを見つけましたが、なかなかいい所に出て来てくれません
同じ所でウグイスも出てきましたが、条件はきついです

fc20321no5.jpg


fc20321no3.jpg


反対側で大きな水音がして、振り返ると白鳥が飛んでいました
100mほど飛んで直ぐに着水
まだまだ飛び物は経験不足です
連写4枚の内最初は右端、2枚目が左端、3枚目と4枚目は空打ち
以外とスピードがあります

fc20321no4.jpg


カルガモですよね
こんなに綺麗だったんか
恋に浮かれて輝いてるのかなあ

fc20321no7.jpg
このページのトップへ

アカウソはいなかった

3月18日 晴れ

久しぶりの鳥撮りにアカウソを狙った
摂津峡のアカウソは1週間ほど前に聞いて知ってたが、なにかと都合がつかずにやっと本日実行と相成りました
この間の愚図が結果を最悪のものにしました
鳥撮りとは難しいものです
一昨日まで毎日出ていたそうですが、昨日は午後4時を頃鳴き声は聞こえたそうですが、カエデの木には下りてこなかったとか
今日は出るだろうとの期待と、もう抜けたかの不安が入り混じりながも、午後3時まで頑張りました
不安が的中したようで、1度も姿を見せずもういないのかも知れません
出てきたのはシメのみという貧果でした
行けば撮れる、そんな簡単なものではありませんが、情報が入ったら即行動は鳥撮りの基本だとつくずく感じた1日でした

tea200318_1.jpg


アカウソを撮ってシメシメといきたかったが

tea200318_2.jpg


シメに閉められておシメめえとはなあ
こんな日もあら~な

tea200318_3.jpg

このページのトップへ

花より団子

3月16日 晴れ

陽気が良くなって春本番を実感する
毎日放し飼いも悪いわ、で嫁さん孝行に勤しむ
先日篠山でダイコンを50本ほど収穫した
もうスが入って駄目だろうと思っていたが、なんとか滑り込みセーフだった
漬物にするしかなく、半分に割って2日間干して、30リットル樽に塩漬けした
水を切って漬物糠を入れれば良いだけの簡単漬けです
樽や塩を買いに走って午前中は潰れた
今から鳥撮りも、で梅園のメジロ狙いで出かけたのは午後2時を回っていました

ハクモクレンの花が撮り頃です
コブシとの見分けが出来ませんが、花がラッパ状に上に咲くのでモクレンかなと思ったが?

fc20316no1.jpg


メジロ撮りのつもりが梅が散りかけていたので、梅撮りに頑張ってみました

fc20316no2.jpg


造園業者の計らいなんだろ
黄色が目にも鮮やかなサンシュウが1本混じっています

fc20316n03.jpg


梅をじっくり撮りたいところですが、どうも団子が気になっていけません
散輪坊さんに負けん気出してみようと、大の苦手の飛び物に挑戦してみました
勿論ちゃちなデジカメゆえ置きピン、目視の連写です
シャッタースピード800分の1でやってみましたが、暗くて絵になりません
500分の1位でも撮れるんかな
これからの勉強でんなあ

飛ぶぞ! と思ったが飛ばなんだ~
こんにゃろめ~

fc20316no4.jpg


よっしゃ飛んだ! と思ったら早かったわ

fc20316no5.jpg


このページのトップへ

きつかったカササギ&ハッカチョウ

3月15日 快晴

天気晴朗なりて風も無く、絶好の鳥撮り日和に恵まれました
yosioさんの情報での加古川遠征でした
カササギは撮るには撮りましたが、ボヤキ倒してのきつい鳥撮りでした
松の木の高い位置に見え隠れすれども、枝かぶりでシャッターが切れない
切れない故に直ぐに切れて、公園内をあっちゃうろうろ、こっちゃうろうろ
悪い病気がまた起きました
気配を感じて駆けつけると飛び立たれ、おっし~なあ
この病気は治らんわ
こりゃ遺憾で、駅の北側のハッカチョウ狙いに切り替えました
噂の場所にはおらず、少し離れた人家の軒下に2羽いましたが、暗くて証拠写真にもなりません
隣の家の松の木にも2羽いましたが、枝被りでどうにもならず
やっと出てきたと思ったら電線、電柱、アンテナと散々な状況でした

fc20315no1.jpg


fc20315no2.jpg


ざわついた周囲の雰囲気で、お誂えの場所に出てくる気配も無く、また公園にカササギを狙いに帰りました
結果は1度切りの散々なものでしたが、ハッカチョウとカササギの新種追加と相成りました
またまた経験不足と辛抱の無さを露見してしまった、で仕舞った

fc20315no3.jpg


fc20315no4.jpg


確認できたカササギは5、6羽で、巣が2個、雛は巣立っていました
昨日までは雛に餌やりのシーンが見れたそうです
昨日まではなんだよなあ
こんにゃろめ~
消化不良のハッカチョウに未練で、もう一度駅までとって返しましたが、状況は変わらずで諦めました
中途半端な時間になって、広畑のヤツガシラを狙ってみようと再度の転進
公園でヤツガシラは今日は出ていないと聞いていたが、初撮り物ゆえ微かな期待を胸に寄ってみました
20人くらいのカメラマンが所在な無げに思い思いに雑談中でした
1時間ほど頑張って諦めました
もう抜けたのか、たまたまヤツガシラさんのご機嫌が悪かっただけか
もう一度頑張らざるを得んなあ

他の撮り物

ビンズイ
fc20315no6.jpg


モズ
fc20315no5.jpg


ジョウビタキ
fc203158.jpg


こんなん撮ってるからまともな鳥撮れんのや
キジバト
fc20315no7.jpg


へっへ、バカな鳥撮りおったってええじゃん
このページのトップへ

コハクチョウとヨシガモ

3月14日 曇り

霞か曇りか分からない天気で、黄砂の影響もあるのかも
午後の僅かな時間しかなくて、昆陽池をぶらついて見ました
五語3時を回っていたので、オオタカ狙いのカメラマンはいませんでした
給餌池に数人いましたが、大砲を空に向けている人が一人いましたので、オオタカやってたのかな?
ススガモで大失敗をしたので、カモとバカにせずに丁寧に見ていたらヨシガモが1羽いました
いままで気にもしなかったので、給餌池に前からいたのかどうかは分かりません
こんな近くで撮れるなんて思いもしませんでした
カモを撮って遊びました

コハクチョウはまだいます
fc20313no1.jpg


ヨシガモもまだいます
P1200087.jpg


よく見ればホシハジロもまだいます
fc20313no2.jpg


常連さんのオナガガモ
fc20313no3.jpg


珍しいと思っていましたが、キンクロハジロの♀だった
fc20313no4.jpg


キンクロハジロもまだ沢山います
♂も石の上で羽繕いしていました
fc20313no5.jpg


他にメジロくらいしか撮り物はありませんでした


このページのトップへ

カワガラス 撮り放題

3月11日 晴れ 

この頃午前中真面目に主夫をこなして、午後の僅かな時間を鳥撮りに勤しむ日が続いています
それも嫁さん連れで、ほとんど本気出せる状態ではありません
陽気が良くなって嫁さんも腰の調子も良いようで、気持ちに落ち着きが出てきたのか、鳥撮りに行くと言うとついてくる
箕面川でカワガラスの子育てが撮れると聞いて、嫁さんにコマドリでも見せてやれば一石二鳥と目論んだ
残念ながらコマドリは午前8時頃と午後2時頃出たきりで、出てきそうな気配はありませんでした
実はカワガラスの場所はまったく分からずでしたが、カワガラスが断崖で巣を構えるはずも無し
その内カメラマンが沢山いるだろうと、散歩気分で川沿いに下流に歩いてみました
思ったよりカメラマンは少なかったですが、考えてみれば午後3時前では既に撮り飽きて帰ったカメラマンも多かったのでは
約1時間雛を撮りまくりでしたが、陽が影って数撮った割には収穫は少なかったです
初の餌やりシーンとあって撮るのが精一杯もあり、反省の材料は多いです
嫁さんが親の監視役をやってくれて、行くよと声を掛けてくれても餌やりの瞬間は失敗ばかり
ボヤイてばかりで、隣のご婦人がタイミングに肩をたたいて知らせてくれるおまけつきでした
またまた大騒ぎの初撮りで、楽しい1日が過せました
隣のおっちゃんうるさかったなあ、なんてコーヒー飲みながら話しのネタにされたんだろうなあ
こんなもんですが撮れました
おおきにさんでした
コマドリはまだいますが、午前中の早い時間の方が確率は高いようです

カワガラスの雛の初撮りです
動き回ることは無いので、じっくり撮れました
fc2311noa.jpg


パフォーマンスも何とか撮るには撮りましたが、日陰で目に力がありません
見栄を張っての画像です
fc2311nob.jpg


fc2311noc.jpg


誰が言うたか、エンジェルってこれを言うのかな?
fc2311nod.jpg


お隣のご婦人の助けで撮れた親子
素早くてEZ50では連写でも1枚しか写りませんでした
fc2311nof.jpg


箕面のジョウビタキは特別美男、美女です
fc2311nog.jpg


このページのトップへ

梅見て候

3月10日 曇り後晴れ

鳥見て候
確定申告に行く途中で昆陽池の上空が騒がしいのに気がついた
カラスが輪を描いて上に上に昇っていく
普通カラスが100mも上空に舞い上がることは無いはずで、ズームを利かせて覗くと案の定オオタカらしきが追われていた
高すぎて縞目も確認できないが、ブログネタにとパチリ
どうもこのオオタカには縁が無い

fc311no1.jpg


確定申告は出すだけでものの5分とかからなかった
午後2時過ぎと中途半端な時間になって、散歩がてら緑ヶ丘公園の梅林に行って見た
シダレ梅が真っ盛りで充分花見を楽しんだ
こうなると、で鳥撮りて候
メジロも忙しい鳥だ
梅の蜜も少ないのかじっとしていてくれない
ピンボケばかりなり

fc2311no3.jpg


ジョウビタキ、エナガ、ツグミ、ムクドリ、カワセミを見ただけ
小1時間も遊んで帰りに昆陽池に寄ってみました
まだコハクチョウがいます
白鳥も巣作りを始めました
コハクチョウはいつ渡りをするのかなあ

fc2311no2.jpg


嫁さんを先に返して夕景を狙ってみましたが、昆陽池の落日は林が邪魔してどうにもでした

fc2311no4.jpg


fc2311no5.jpg


オオタカ、撮りて~なあ




このページのトップへ

のんびり鳥撮りもいいもんだ

3月8日 晴れたり曇ったり

陽気が良くなって、嫁さんの腰痛も一寸はましになったようだ
土曜日ではましな鳥撮りは出来ないだろうと、有馬富士公園にハイキング気分で行ってきました
嫁さんが一緒だと毎度のゆっくりさんで、昼前に着いたが、子供の遊び広場があるようで、結構駐車場は込んでいました
鳥撮りフィールドもそんな家族連れが流れて来て、なんとなく落ち着かない雰囲気でした
ゆっくり休息所で昼食を食べてから4時間程度の鳥探しでした
毎度のバードバスではまだミヤマを狙っている人が2人いました
すぐ後でルリビタキ♂が出ます
完全に餌付けされて怖がる様子は無く、初めて真近でルリビタキを見た嫁さんはご機嫌でした

fc238no1.jpg


これだと初めてでも難なく撮れそうなんですが、なんとバッテリーを充電したままで忘れてしまいました
カードを忘れたり、おっちょこちょいは治りません
仕方が無いのでミヤマは諦めて、池のカモを見に行きました
アメリカヒドリガモはまだいました
ゆっくりしたカモたちです

fc239no2.jpg


川筋にベニマシコでも出ないかなと期待して寄ってみましたが、小鳥の気配はほとんど無し
キセキレイが遊んでくれましたが、散歩人に驚いて5分といてくれず、逆光もあってキセキレイでは証拠写真にもならずですが、枯れ木も山の賑わい

fc238no3.jpg


午後3時を回って元のバードバスに寄ってみました
ルリビタキ狙いの大砲さんが一人と、バーダーらしいご夫婦の3人がいました
ルリちゃんはもうええ、でミヤマを1時間ほど頑張って、夕日が落ちる前に公園を後にしました

ヤマガラも少なかったなあ
fc238no7.jpg


枝止まりはやはり♀で残念
fc238no5.jpg


餌場の♂ならなんとかなんですが、枝止まりを撮りたいなあ
fc238no4.jpg

このページのトップへ

梅見て鳥撮り

3月7日 薄曇り 時々晴れ

レンチャン強行軍で腰に来たが、現金な物で朝起きれば治っている
毎日毎日放し飼いでは申し訳ないと、北野天満宮に梅の花見に嫁さんを連れて行った
北野天満宮は初めてとあって三脚は持たず、天満宮撮りに専念するつもりで出かけた
流石に立派なお社だった
鳥撮りの前にはこんな景色を見ると夢中に撮りまくったものであるが、どこか冷めてしまってお定まりの観光客になってしまっていた
梅にメジロを見ても証拠写真しか撮れない
かといってお社を見ても梅を見ても気合が入らない

嫁さんの2度目の作品です
fc238no1.jpg


7分咲きとの広報ですが、本当かなあと思うくらい淋しい状況でした
fc38no2.jpg


デジカメデビューでいきなり鳥撮りはちと無茶やったかな、の反省で今回はポケデジで何でも撮ってみいでした
これでカメラに興味持ってくれればしめたもの
正直うっとうしいことは有りますが、それにも増して目が悪いので、一人で鳥を追うより助かります
梅は満開からそろそろ終わりかなと思うくらいが蜜が多いのかメジロの寄りも良いよで、ほとんどメジロを見かけることがなく泣く泣くの一枚でした
この蕾ではじっとしてくれませんねえ

fc38no3.jpg


時間が有るので二条城にも寄ってみました
鳥は沢山いるようだったが、なんせ観光客が多すぎます
メジロ、ツグミ、シロハラ、アオジ、ルリビタキ等は本気で撮れば良い撮り物が出来そうでした

fc38no4.jpg


満腹ででゆったりしているところを邪魔してしまいました
ヌケられてこれっきり
時間が有ればと思いました

fc38no5.jpg

 
このページのトップへ

貧果なれど成果あり

3月6日 晴れ 後曇り 後晴れ

ツリスガラは枝に巣を吊るすことから吊り巣雀と書くそうだ
冬鳥として日本に渡来し、アシ原に棲息し、アシに潜む昆虫を食べる
昨日は強風で思うように撮れなかったツリスガラの撮り直しに行ってきました
今日もカメラマンは10人を超えていましたが、午前中は1度も姿を見せてくれませんでした
皆さんは退屈の暇のまにまにオウジュリンを撮って遊んでいました
私はオウジュリンなんて見たことも撮ったこともありません
遊ぶなんて物ではなく、必死で撮った初撮り画像は、またまたまた枝被り
このヨシ原ではどうにもこうにも
2度有ることは3度有る
これでお終いにして欲しいわ

fc36no2.jpg


ホオジロに似ていると聞いていたが、遠く過ぎてピントを合わせるのが精一杯で、夢中でよく分かりませんでした
画像で見るとホオジロより色が薄く白っぽく見え、図鑑によれば、オウジュリン16cm、ホオジロ17cmとあります
頑張って撮った画像がこれでした
一寸絞りすぎかな

fc36no1.jpg


結局午前中でツリスガラはあきらめて、海老江の干潟で何か撮ろうということになった
電車乗り継いでの移動も邪魔くさい、で徒歩で淀川左岸を鳥を探しながら下った
干潟でも変わった鳥は撮れませんですたが、カンムリカイツブリを昨日より近い距離で撮れました

fc36no3.jpg


新種が撮れただけで成果有りでしょう
後は昆陽池でも撮れるカモですが、暇潰しの画像です

fc36no4.jpg


fc36no5.jpg




このページのトップへ

淀川のツリスガラ

3月5日 晴れ

天気晴朗なれど風強し
寒かった
鳥撮りが辛いと初めて思った
ツリスガラなんて名前も知らない鳥だ
小さい、素早い、遠い
目が悪い私には手ごわい相手でした
初撮りの証拠写真は何とか撮れました

fc35no1.jpg


初めての淀川とあって様子見がてらではあったが、つい本気を出してあれこれ探してみました
十三の干潟に行けば何かいるかもとの師匠からの助言で淀川左岸から右岸へ
干潟ではユリカモメとカルガモくらいしか見えませんでした
ここは地元の人に聞くのが1番と、バーダーに目をつけて情報を仕入れる
毛馬の橋の上からカンムリカイツブリが撮れると教えてもらって毛馬へ
右岸から今度はまた左岸へ
橋を2つ渡っただけで1.5km近く有ったのではなかろうか
毛馬の橋の上ではカモの姿しか見えず
さらに上流を目指して歩いているとカメラを構えている人がいた
毎度のご挨拶で何にも撮れないことを教えられた
しばらく雑談しながら鳥情報交換となり、すぐ近くでクイナが出ると案内して頂だきました
真昼間にクイナが出てきたのには驚きました

fc35no3.jpg


帰りにもう一度橋の上でしばらく粘ってみました
涙が出るくらい寒い
もう帰ろうかと思った頃にカモの群れから少し離れたところで潜水を繰り返す鳥を見つけた
ズームで覗くとカンムリカイツブリがいた
ここも遠いわ
証拠写真になるかなあ

fc35no2.jpg


他の撮り物は、ジョウビタキ♂、ハジロガモ♂、ヒバリ♂♀、ホオジロ?、バン、オオバン
ありふれた鳥で疲れて画像はご容赦下さい


このページのトップへ

一粒で2度美味しい

3月2日 晴れ

嫁さんサービスと言いながら京都植物園に三脚持って行きました
花撮りだって三脚はいるには要りますがねえ
花より団子ならぬ鳥
着いたのが正午と本気はなかったが、得てしてこんな方が良い事が多い
京都植物園は入園料は200円と安いですが、さらに60歳以上は公的証明書提示で無料とありがたい
入ってすぐに簡単な温室?があり、春の花が満開だった
あまりにも狭い空間にごちゃごちゃ欲張りすぎで、入った途端花の匂いで頭がくらくらした
適当に嫁さんを遊ばせて林の様子を見る
シジュウガエラ、エナガ、ヒヨ、ツグミ、シロハラ、シメと馴染みの鳥が見えるが、手入れされていない自然の林で、遠いのと落ち葉に邪魔され何も撮れませんでした
園内の花巡りと洒落てみたが、嫁さんが小鳥を見つけてはあれは何だと騒ぐ
目は私より良いので見つけるのは早い
ズームで覗くとジョウビタキやルリビタキの事が多かった
こんな所にトラツグミが出てくれれば良いのにとバラ園を覗いてみた
初夏のシーズンを待って、剪定されたバラ園は殺風景で、誰もが素通りして行く
ツグミがミミズを探してうろちょろするので見ていると、明らかに違うツグミ似の鳥が混じっていた
紛れもないトラツグミだった
ものの2、3分で散策の人に驚いて飛び立ってしまったが、証拠写真は撮れた
こんにゃろめ~、撮ろうとて撮れない枝被り
コマドリの二の舞だわ

fc32no1.jpg


名誉挽回

fc32no2.jpg


枝止まりはポイントを選んでいる間がありませんでした

fc32no3.jpg


他の撮り物

シロハラ? 少し赤茶が気になりますが
遠すぎてどうにもこうにも
fc32n04.jpg


ジョウビタキ♀
♂も撮れましたが、枝被りでした
fc32no5.jpg


アオジ
fc32no6.jpg


シジュウガラ
fc32no7.jpg


シメ
fc32no11.jpg


ルリビタキ♀
♂もいましたが撮り逃がしました
fc32no9.jpg


9は縁起が悪いで、数合わせの一枚
バイカオウレン(梅花黄蓮)
baikaouren.jpg


トラツグミは撮れたし、嫁さんは上機嫌だし
一粒で2度美味しい植物園はええわぁ
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する