我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

キジ

宝塚自然の家のアリマウマノスズクサが気になり単車で行った
家を出た時は薄日が射していたのに、大池当たりで雨になり、自然の家に着いたら雷まで鳴った
叩きつけるような大雨で、自然の家自慢の手打ちウドンを食べて止むのを待った
アリマウマノスズクサは、撮り頃の花が3つ咲いていたが、雨で上手く撮れなかった
雨粒を受けた花も風情はあるが、この花はすっきりした好天に撮りたいものだ
あれほどきつく降っていたのに30分ほどで止んで日が照りだした
棚田でもついでに撮ってと思って柏原地区まで足を延ばした
着く頃にまた雲行きが怪しくなった
適当に棚田を撮ってと思っていたらキジがいた
何も隠れる物が無いゆえ、キジの方が先に気づいて上へ上へと移動するので、遠いし後ろ姿ばかりで撮っても無駄だった
番いのツーショットと思って必死こいたがPCで見たらキジバトじゃったわ
おもろな


a232.jpg

棚田の上の段に上がった所で見えなくなった
キジにもこっちが見えてないだろうと急いで下まで行ってそっと覗いた
直ぐに気付かれたが飛ばない
なんとかまともに撮れたと思ったら~~~
なんでこんな所に農ポリが有るんじゃ


kiji.jpg

ゴロピカ鳴り出したので慌てて帰ったが、川西でまた大雨になった
阪急のガード下で雨宿りしたが、寒気がしてくるくらい濡れた
変な天気に散々だった

a306ab.jpg

棚田撮り キジが出て来て 記事となり
狙っても撮れんのになあ
スポンサーサイト
このページのトップへ

アオバズク

もう来てるよ、で野間まで行って来た
カメラマンは1人
親だけ撮ってもつまらんのだろう
柿の木って明るいけど意外と撮り難い
そうこうしていると二人追加
抜けてるようで抜けない
前に前にで近すぎるわ
400mmで引く距離だった


240524_1.jpg

240524_2.jpg

240524_3.jpg
このページのトップへ

ぼうさん川で坊主逃れ

ほいほいが聞こえてた、というのでほいほい行って来た
鳴いとらんがな
もっとも耳が悪いので聞こえんかっただけかも?
宝塚のほいほいの名所?は坊主にされてヒヨも来れんようになっている
今年は撮れそうにないわ
しばらくぼ~としていたら頭上で何やら気配を感じた
なんやセキレイか
逆光で色が分からなかったがどうも違うような、でズ0ムで覗くとオオルリだった
何も電線に留まらんでもではあるが、文句は言えん
そっと回り込んで何とか撮って坊主は逃れた
♀も北が回り込む間もなく撮り逃がした
あとは遠いメジロとエナガでお終い


014.jpg
このページのトップへ

近場徘徊

溜まりに溜まった画像処理を午前中やった
このところの睡眠不足からか左目がピクピク痙攣し出したので止めて、午後から山の花でもと宝塚北部の山に単車で走った
新緑眩しい谷筋でのんびり花を探したが、ツクバネウツギとスイカズラしか見つけれなかった
谷の向こうでオオルリが気持ち良くさえずっていたので、単車に戻って400mmを出して鳥撮りに切り替えた
暗いし遠いので諦めて帰りかけると、♀が谷を越えてこっちに来た
手持ちではブレブレだったが、連写しまくって何とか
♀を追っかけてるのか♂も近くに飛んで来た
約2時間で300枚ほど撮って10枚ほど残った
午後からではちょっときついかな?
オオルリの他にキビタキもいるようだったが姿は見えなかった
帰りに西池に寄ってみた
6羽元気でかなり大きくなって、写真的にはちょっときつくなった


240522_1.jpg

240522_2.jpg

240522_4.jpg

240522_5.jpg

240522_6.jpg

240522_7.jpg
このページのトップへ

アマサギはいなかった

   撮る鳥の 無きてイタドリ 採りにけり


そう言えばケリの子は数が減ってた
3羽は確認も他は見れず
親鳥が2羽増えた
他にも子がいるのかな?

一昨年5月8日に北宝塚で撮った
近くゆえ狙って行っているが今日もいなかった
さほど広い田園地帯ではない
昨年は行くことがなかったので分からないが、たまたま寄っただけなのかなあ
ほとんどの田んぼに水が張られ、田植えも始まってる
どうしても撮りたい鳥ではないが、撮れたら良いのになあ

行く前に西池の様子を見に寄った
6羽とも元気に泳いでいた
あの寝てばかりいた子はどれかは分からないが、6羽いると言うことは何でもなかったようで一安心だ


240513_1.jpg

240513_2.jpg

240513_3.jpg
このページのトップへ

ケリ

8日に続き宝塚北部へ
嫁さんのリクエストで道の駅猪名川に寄って筍と野菜を調達
午前11時頃だったが目ぼしい物は売り切れの繁盛ぶりだった
フデリンドウがみつかるとラッキーなんだがそう簡単には見つかる物ではない
チゴユリを撮っただけだった
で、鳥はと言えばケリを撮っただけ
ほとんどの田んぼに水が張られていたので、そろそろアマサギが来ても良いのだが
今日も厚手の上着が要るくらい寒かった


240511_1.jpg

2組の親子がいた
この親子は4羽確認していたが、遠くて後回しにして別のを撮っている間に2羽になっていた
トビがひつこく舞っていたのだが、カラスもいたし犯人は?


240511_2.jpg

240511_3.jpg
このページのトップへ

水場は寒かった

フデリンドウを探しに箕面の山に行ってみた
まだ早くて蕾は硬く週明けになりそうだった
ビジターセンターでウグイスカズラ、ヒメシャガ、カヤラン、エビネが撮れた
ウグイスカズラは初撮りで行った甲斐があった
周辺の山を1時間ほど歩いてみたが何も見つけれず、2時前に水場に寄ったが誰もいなかった
風が強く寒くなったので1時間ちょっとで切り上げた
下山途中の温度計では14度だったが、水場は風が有り体感温度は10度そこそこではなかっただろうか
バードバスでのメジロ、ヤマガラは暗くて手持ちではどもならず
水場でヒヨ、キビタキ♂♀も遠くて400mmでは苦しかった
一人だったのでもっと前に寄っても良かったかな


240510_1.jpg

240510-2.jpg

043.jpg
このページのトップへ

雛が1羽

昨日気になった雛の様子を散歩がてら見に行った
6羽とも元気に餌を食べていて一先ず胸をなでおろした
ただ疲れただけだったようだが、未だ安心は出来ないのでは?


240509_1.jpg

もう盛んに水に頭をつけて水中の餌を探す子もいた
親の様子を見て真似をしてるようだが、何が食べれるか分かるのだろうなあ


240509_2.jpg

ついでに上の池に寄ってみた
ありら~
何ぼ探しても4羽しかいない
聞けば昨日午後3時過ぎには5羽いたそうだ
何にやられたのか見当もつかない
全部が全部無事育つことは無いだろうとは思うが、毎日見ているだけにやるせないものを覚える


240509_3.jpg

240509_4.jpg

ツバメを撮っていたら別のツバメが飛び込んで来た
狙って撮れる腕は無いが、これだからなんであれ撮るだけ撮ってみるものだな


240509_5.jpg
このページのトップへ

6羽無事だが

長谷へ牡丹を撮りに行くついでに西池に寄ってみた
昨日アオサギがカイツブリをとらえて長いこと突きまわっているのを見た
最後はどうなったのか見届ける暇がないくらい長いことかかっていた
あんな大きな鳥を飲みこめるのだろうか
自然とは言え良い気分ではなかった
コブハクチョウの子も食われかねない
気になって寄ったが6羽とも無事だった


240508_1.jpg

が、気になる子が1羽いた
他の子が懸命にクローバー等の餌を食べているのに、寝てばかりの子がいた
数年前にも同じように寝てばかりの子がいて、翌日には見えなくなっていた
たまたま疲れていただけなのかな?


240508_2.jpg

西谷にケリの様子を見に寄った
番いらしきはいたがまだ子育てしてないような?


240508_3.jpg

240508_4.jpg

綺麗な蝶を見て追っかけた
今年はチョウも頑張ってみたい


240508_5.jpg

なかなか表を見せてくれない
やっと表を撮ったがボロボロだった
撮れば撮ったで蝶もむつかしいなあ
トラフシジミかな?


240508_6.jpg
このページのトップへ

雛は6羽だった

今日は水上デビューが有るだろうと午前7時過ぎに池に行った
まだメスは抱卵しているようだった
今日夕方か明日の朝かなあと諦めかけると♀が水辺に下りた
およよで雛の動きを見守る
1羽が降りかけたが急な斜面でたじろぎ引き返した
結果西側に出るのを止めて東側に出た
これではお手上げだ
デジスコなら南側から撮れなくはないだろうが、400mmではいかんともしがたし
一先ず諦めて午後からアマサギ探しに北方面に走った
まだ田んぼに水が入ってなかったので、棚田を撮って帰りに西池に寄ってみた
もう池の中央南のベランダまで出て餌をもらっていた
聞けば背乗りは無かったとか
今年は無理かなあ


240507_1.jpg

240507_2.jpg

2405-7_3.jpg
このページのトップへ

ベビーラッシュ

雨で鳥撮りは休み
ところが午後から晴れて来た
白鳥の雛にクローバーを持って行ったが、着いた時は食事タイムが終わって巣の方に引き上げるところだった


240506_1.jpg

餌をやる間がもてないので西池に様子を見に寄った
熱心な白鳥狙いさんが頑張っていた
聞くと4羽は生まれてるとのこと
野バラが茂って数は確認出来ないが、複数の雛が写っていた


240506_2.jpg

まだ抱いているということで、今日の水上デビューは無かろうと早々に引き上げた

240506_3.jpg

明日出て来るかなあ
出るだろうな


240506_4.jpg

240506_5.jpg
このページのトップへ

6羽目は誕生を見ず

生まれてるかもの期待を胸に午前7時過ぎに行った
生まれてなかった
しばらくすると♂&♀共に池に入った
やっぱし駄目やったんやなあ
しばらく子は水に入るのを躊躇っていたが、1羽が入ると次々入って水上デビューとなった
いよいよ背乗り雛の登場かと期待したが、午後2時過ぎまで頑張ったが1度もならず
白鳥の家族が池の真ん中に出て、ネットが有って巣に帰れないハプニング発生で、御婦人の一人が心配して伊丹市役所に電話したら宝塚市に言ってくれとなり、宝塚市役所に電話したら、伊丹役所に電話してくれとの回答だったとか、結局責任の振り合いでらちがあかなかったようだ
結果的には入った所に帰って出ることになったが、その後また池の中央に出たので、もう背乗りは無いだろうと切り上げた
ここで役所の対応をうんぬん言っても仕方が無いが、宝塚市の応答がそれって良いの?、と思わずにはおれなかった
すなわち、白鳥は伊丹市が管理しているので伊丹市に言ってくれ、とのことだったようだ
伊丹市の言い分は、池は宝塚市にあるので宝塚市に言ってくてだったとか
どっちもどっちだが、池のネットが邪魔で白鳥が岸に上がれなくなってるのだから、ネットを1時的に水面下に下げてくれれば良いことで、なんで伊丹市に言えなんだい
役所とはこんな所か!


240505_1.jpg

240505_2.jpg

240505_3.jpg

240505_4.jpg

240505_5.jpg
このページのトップへ

3年目の正直

大阪城公園に気が飛んで、気にはなっていたが足元がおろそかになっていた
宝塚市の池でコブハクチョウの雛が5羽生まれたと聞いて朝7時頃から様子見に行った
親は西池で誕生した個体だそうな
いわば昆陽池の3代目だ
一昨年、昨年と巣籠ったが雛が生まれることはなかった
今年駄目なら無性卵かもと心配していたが、これでやっと一安心だ
まだ卵が1個有るので、この子が孵るまでは水上デビューはお預けのようだ
明日には誕生を見るのではなかろうか
当分目が離せなくなった


24050_1.jpg

240504_2.jpg

240504_3.jpg

240504_4.jpg

240504_5.jpg
このページのトップへ

何とか撮れたが

昨年子にばかり気がいき親を撮りそこなった
今年は親に的を絞ってと思ったが、子を見ると親そっちのけとなった
今朝5時ころ巣立ったらしい
残念ながら逆光で上手く撮れなかった
良い所に出て来てくれたのになあ
色も目も出んがな


240503_1.jpg

240503_2.jpg

突然ファインダーから子が消えた
落ちたとの声で下を見ると、正面の高さ3mくらいの小さな木の途中にひっかかるように埋もれていた
自力で脱出出来ないのかそのままで、ときおり少し動きはするが変化なし
保護したらの声が有ったが、地面にいないのでそのままの方が良いだろうとなって、成り行きを見守るだけで時間が過ぎた
急用で午後2時頃に切り上げたが、無事木の上に戻れただろうか


240503_3.jpg

動きがないので親を撮る余裕が出来た
これだからなあ
なんでこんなに器用に被るんじゃ


240503_4.jpg

諦めかけたら向きを変えてくれた
欲を言えば限がない
これで良しとしよう
今年は子は1羽だけのようだ
もう1度撮り直しに行きたいが城陽は遠いわ 


240503_5.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する