我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

何でもに1日

世間は祝日とかで何処へ行っても人だらけだろうと、喧騒を避けて里山へと単車で走ったた
ついでのぱっちでコブハクチョウの様子を見に寄ったたら、♂♀が前後をガードして子5羽が盛んに餌をついばんでいた
まだ6羽目は誕生していないようで、もうおそらく駄目だろう

270429_1.jpg

誰が教えたわけでもないだろうに、水の中の餌を取ろうと懸命に潜っています

270429_2.jpg

この隅が1番長くいます
餌をとり易いのでしょう
写真は撮り難いわ

270429_3.jpg

ブログネタ撮って長尾山トンネルを抜けて北へと走った
キジ撮りに行ったんじゃないんです
棚田を撮っていたら出てきたんです
パワーショットゆえ難なくゲットでありましたが、キジも気が付きすたこらっさ

270429_4.jpg

早くてとても追いつけません
100mほど離れてこっちの様子をうかがって、安心したんだろう幌打ちして藪に悠然と消えました
くっそぅ、なめられたど~
遠過ぎてピンボケだ
にゃろめえ、キジなんて猪名川でなんぼでも撮れらあ

270429_5.jpg

鳥撮りやる前はこんなんやってました

270429_6.jpg

<長谷(ながたに)の棚田>

日本の棚田100選に選定されています

所在 大阪府豊能郡能勢町長谷地区

270429_7.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

虎浜

昨日はキョウジョシギが飛び回って大サービスだったと聞いて、午後からキョウジョシギ狙いで行って来た
午後1時頃浜に着いたが、目についたのはチュウシャクシギくらいなものだった
比較的大きいのでまぐれ辺りも有っておもしろかった

270428_3.jpg

270428_4.jpg

手前の砂浜にコチドリが来たと教えてくれたが見えない
やっと見つけたが小さいなあ
石の上をあっちこっちで結構近く綺麗に撮れた

270428_2.jpg

ちょこまか飛び回るがなかなか引っかからない
何とか端っこにひっかかっていたのがこれ1枚

270428_2a.jpg

その内セグロカモメが飛んで来て急に騒がしくなってきた
セグロカモメニ驚いてキョウジョシギが群れで飛んだ
6羽を確認出来たがまだいたような?
遠かったが仰山見れて良かった

270428_1.jpg

午後4時を回る頃砂浜に飛んでくると聞いたが、潮が悪く石が水に隠れて来そうもないので午後4時で切上げた
また来るで~
ちゃんとサービスしてや
京女さん

270428_5.jpg
このページのトップへ

雛が5羽+卵1個

本日の確認は雛5羽でありましたが、双眼鏡で観察されている人から卵が1個有るとのことでした
1羽は午前中にはまだ水上デヒューせずでしたが、午後には水上デビューしたかも?

270427_1.jpg

♂がしばらく出て来るのを待っていましたが、降りて来ずまだ体力が無いようです

270427_2.jpg

隅っこが好きなようで毎度ここで採餌します
吹き溜まりで水面が汚れて写真的には敬遠したい所です

270427_3.jpg

巣に戻るこの辺が水も綺麗で良いのですが、思う隊列にならずお気に入りをゲットするには粘りと数でしょう

270427_4.jpg

巣に上がるルートは2か所有り、左手のこの場所がなんとか丘に上がる雛が撮れるポイントになります
親が邪魔で上手く撮れませんでした
何やこれ、と思ったらアオサギがおっちんしてました
雛を狙っているのかなあ?
カイツブリの雛をあっという間に3匹呑み込むシーンに遭遇したことが有り心配です

270427_5.jpg

このページのトップへ

雛4羽

どうやら6個産んだようだ
26日朝確認に行ったら4羽生まれていると言う
暫らく観察報告を聞いていたら出てるよ~、との声
3羽水中にいた
どうしても4羽目が出てこないらしい
すぐに丘に上がってしまった

270426_1.jpg

この時期では完全なハートマークは無理だが、この間に子が3羽入って欲しかった
世の中そうは上手くいかんもんやね

270426_2.jpg

欲かいて大失敗
出来るだけ子を大きく写したいで、ズーム目一杯引ぱってておよよdeありら~
慣れないのでレバー操作してる間が無かった
こんなシーンには2度と出会えないだろうにまっこと悔しかるかる

270426_3.jpg

夕方散歩ついでに撮った4羽の証拠写真

270426_4.jpg
このページのトップへ

コブハクチョウの雛誕生

今年の西池は散々だ
12月から約3か月池の水を抜かれて、ミコアイサはあっちこっち移動を繰り返し、コブハクチョウは♂が怪我をして落鳥した
ミコアイサにしてもコブハクチョウににしても、1番大事な時期に池の水を抜かれてわやだため池の水を抜くこと自体とやかく言える物ではないが、水鳥に影響が出ることは分かり切ったことだろう
伊丹市役所に抗議の電話をしたが、コブハクチョウの死と池の水を抜いたこととの因果関係は有りませんとのことだった
有りますとは言えんわなあ
ミコアイサについては正面切って動物虐待だは言えないが、コブハクチョウの件は子育ての時期と分かっていて水を抜く行為は動物虐待だ!!
市に動物愛護の精神が有れば、黒池まで約3か月もの間水を抜くことは無かっただろう
確かに水門は1基ゆえ、何も手立てしなければ必然的に両方の池の水は抜けるが、黒池側に土嚢を積めば済むことだ
予算云々はよさんかい
残った♀を保護するのに捕獲銃に2万何がしか円かかったと聞く
土嚢10個や20個の金が無いはずはなかろう
昨年秋の豪雨で西池の西側護岸が崩れ、その工事で水を抜くとのことだったが、3か月もほったらかして工事はせずにまた水を入れた
この件に関しては、調査の結果基礎には問題が無かったので中止したとの回答であった
その調査に2カ月もかかったのかとの問いに、その通りですときた
じゃあ素人目にも護岸が崩れているのが見えるがどうするのかとの問いには、これから検討するとの返答だった
お役所ってこんなもんだとは分かっていても、相変わらずの世界なんだなと実感させられた
結果今年は西池でのコブハクチョウの子育ては無くなった
毎年どれだけの人が楽しみにし、その動きに心癒されてきたことだろうか
一方宝塚市の上の池では今年も例年通り巣篭り、24日に1番子が誕生したらしい
25日朝確認に行ったが、葦が被ってまともには撮れなかった
卵は6個と言う人がいるが全部が生まれるまでは分からないのでは?
いずれにしても水上デビューまではすっきりと親子を撮ることは難しい
上の池も多くのカメラマンがやって来るようになった
周辺に路上駐車してトラブルことのないよう、散歩の人に邪魔にならないよう、マナーを守って撮影を楽しんでください

7時前に♂が巣から離れました

270425_1.jpg

バタバタやってくれましたが葦が悩ましい

270425_2.jpg

まだほとんど親の羽の下に潜っていて、時々顔を見せてはすぐまた潜ってしまうの繰り返しでした

270425_3.jpg

270425_4.jpg


270425_5.jpg
このページのトップへ

平成27年3月の鳥撮り

カタクリの花は駆け足で去って行き、また次の種が出て来て忙しくなた
鳥も花も時の旅人である
鳥も花も不思議なもので、撮りたい撮りたいと思ってもなかなか撮れないが、1度撮ればあれは何なんだったんだい、というほど出会いが有る
箕面で4年ぶりに撮ったフデリンドウは言わば養殖物で、本日北宝塚で天然物が撮れた
何であれ気持ちの問題だが、見つけた時の喜びは養殖物とは比較にならない
本日は飲めないビールで乾杯でありました

020.jpg

手抜きの在庫バーゲンでよろしくです




このページのトップへ

海老江

午後からでもゆったり遊べる海老江に行ってきた
干潮は16時頃のはずで干潟は後回しにしてセッカ狙いに行った
確かによく来たが一脚でパホーマンス狙いはきつい
おまけに空抜け調整間違えて色が出とらんがな

270423_1.jpg

一通り撮って干潟に向かっていたらお馴染みさんが引き上げてきた
オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、メダイチドリと甲子園浜と変わらないが、比較的近くで撮れたらしい
期待して行ったが後回しにしたトガで時既に遅し
メダイチドリがワンシャターのサービスだけで石の裏に隠れてしまった
もう少し撮らして欲しかったなあ

270423_2.jpg

幾ら待っても見える所に出て来ず諦めてチョウゲンボに行った
これがまたなかなか現れなくて気をもんだ
15時を過ぎてやっと現れたが毎度のビルの屋上から動こうとしない

270423_6.jpg

我慢辛抱の時間が刻々と過ぎて、辛抱たまらず何なとシャッター押すが、これと言ったサービスが無い

270423_4.jpg

待てば海路の日和有り
やっと飛んでくれたが飛び物はどうも上手く撮れない
端っこに引っかかったやつをトリミングしてごまかした

270423_5.jpg

留まりもんやけどこれだけ近くで撮れればええとせんならんやろう

270423_3.jpg

何度も♀が巣穴から出て来て屋上に留まったが、ゆったりと巣穴に帰ってくれたのに、手も足も出ず指をくわえて見ているだけだったのが悔しい
やっぱりデジイチ要るなあ

270423_7.jpg
>

このページのトップへ

シギチ

久しぶりに朝から好天で、日ごろ溜まったお仕事を全部請け負った
遊び人と言えどもやることはやらんとね
魂胆有って懸命に頑張ってなんとか午前中に完了し、虎浜に走った
干潮は16時頃と思って行ったが、13時には既に東の鳴尾運河の所にオオソリハシシギ3羽が来ていた
シギチは遠いとのイメージがありあまり興味が無かったが、ここへ来てくれれば近い
コチドリもいたようだが撮り損じた

270422_1.jpg

オオソリハシシギが何ぼのもんじゃてなシギチ音痴で伸びをしたらしいが見逃してしまった

270422_2.jpg

でもってこの程度のもんしか撮れなかった

270422_3.jpg

何ぼ撮っても同じや、で少し沖の干潟に行って見た
何にもおらんがな、と思ったらなんやメダイチドリがどうのこうの
ズーム目一杯引張って端から順に追っていくとおった
遠すぎでどもならんがシャター押した
これってメダイチドリ?
もう少し近いとなあ

270422_4.jpg

ちょっと大きめなのがおって撮った
何を撮っているのか分からないのが悩ましいわ
鳥友さんがチュウシャクシギがいてると言っていたのでこれかな?

270422_5.jpg

でもってまた元の所に戻ったらキョウジョシギが出ていると教えてくれた
これも結構遠い

270422_6.jpg

シギチ音痴もこの鳥は知っている
地味な模様の多い中で異彩を放つ鳥ゆえきっちり撮りたい鳥である
気合い入れてシギチも勉強せんならんなあ

270422_7.jpg
このページのトップへ

コルリ

コルリ登城の報を受けたが今一天気がなんて思っていたら昼前から日が射しだした
2時間も有れば撮れるだろうで、午後からのズボラ登城となった
出た場所が愛の森の東側であまり良くない
良くないたってコルリの勝手よね
土手の上からで400mmではちいと遠かった
30~50&カットです

270421_1.jpg

270421_2.jpg

270421_3.jpg

270421_4.jpg

270421_5.jpg

270421_6.jpg

コルリ待ちの間にやってきたキビタキはもっと遠かった

270421_7.jpg

小1時間もやって、何ぼ撮っても同じようなポーズゆえ、帰りすがらのお城半周でアオジ、エナガ、オオルリを確認
2時間ちょいで結構楽しめた

270421_8.jpg
このページのトップへ

武田尾

何とも悩ましい天気予報で、中途半端に午後から武田尾に行って見た
花撮りのつもりで、鳥撮りじゃなかったのですが、目の前にイソヒヨドリ♂が留まったので撮った
250mmじゃどう撮ってものもので直ぐに花探しに切り替えた

270419_1.jpg

(ヤマルリソウ)

山に生育し瑠璃色の花をつけることに由来するが、ここでは綺麗な瑠璃色にはならない
大好きな花の1種で今年も撮れたが、新名神高速道の工事で来年も見れるか厳しい

花期 4~5月

花の大きさ 約2cm

270419_2.jpg

(ヒメカンアオイ)

林道を歩けばあちこちで見れるが、花は葉っぱの下に隠れていることが多く知らないと見過ごす

花期 3~5月

花の大きさ 約2cm

270419_3.jpg

(フデリンドウ)

花期 4~5月

花の大きさ(花冠) 筒状で長さ約2cm

日が射さないと開花せずご機嫌が悪かった

270419_4.jpg

(ウワズミザクラ)

桜とは思えないが桜の仲間なんやろう
赤かったらブラシノキやね

270419_5.jpg

はてさて、花か茸か、はたまた宇宙生物か
ネット検索でツチグリがヒットした
変わったやっちゃで撮ったが、夏から秋にかけて普通に見かけると有った
まだ春なんよね
なんじゃこりゃ?

てなことで花もやっちょりまする

270419_6.jpg
このページのトップへ

久しぶりのお城

嫁さんサービスで弁当持って行った
市民の森の水場近くで20人ほどの円陣が出来ていた
寄ってみたが何がいるのか分からず、丁度昼だったのでベンチで弁当食べた
後で聞いた話しではコマドリだったそうな
市民の森ではコマドリ2個体観察とのこと
弁当食べている間も鳥が撮れてる様子が無く、音楽堂裏でオオルリが出ていると聞いたので行ったが、うるさいのなんの鳥を待っている気分になれずさすらい人となる
桜広場~神社裏、何にも撮れず
日本庭園で女性がコマドリを見たと言うので一緒に探した
見つけたが良い所で人が通る
こんな所まで来るか、と思うが次から次にやってくる
何か有るんだろうとうろうろしているんだろう
小さな滝の様になって水が流れているので立ち止まってこっちを見て動かない
早く行ってと言ったら鳥撮りの人だった、ごめんなさい

   おっ鳥りだ 電源切れて 撮り逃がす 

設定が良く分からない
何分か何もしないと勝手に真っ暗になっている
判押しを2回やると明るくなる
間にあわんぞいな、で証拠写真も無い

時間が無いので諦めて貯水池東に寄ったがほぼ素通りした
と言うのは、飛騨の森でコマドリが撮り放題と聞いていたが、人が多くて止めたと聞いて、常連さんが抜けた後なら多少空くだろうと、午後3時を回るまで時間調整をして飛騨の森に行った

(愛の森にて)

またまた悩ましい
7日に撮ったのと似ている
♀にしては色が良いので若♂、♀かなあ?

270418_1.jpg

コマドリの出を待っていたらオオルリが来たが、高い、遠い、空抜けで撮っただけ

270418_3.jpg


(定番の大ツツジの株)

ノゴマ♀とヤブサメ、コマドリ♂が同じ株に入っていた
ヤブサメは目が悪く確認出来ず
ノゴマ♀もみつけるのに時間がかかり証拠写真のみ

270418_4.jpg

カメラになれるため設定を色々変えて試した
家に帰って、嫁さんに良い所で何時もカメラいじっていては良い写真は撮れんはずや、とあきれられた

270418_2.jpg


るせ~や!
ドンピシャでと撮ろうと思えばおいらだって撮れるんじゃ~
文句有るならワシミミズク撮ってみいや
まだまだ修行は続きます

270418_5.jpg





このページのトップへ

箕面のお山で

あっちでもこっちでもコマドリ、オオルリ、キビタキの良いのがアップされて、山登りにはまだ自信が無くどうしようか迷っていたら、渡りに船のお助け神が現れお言葉に甘えて同乗させてもらった
ビィジターセンターの開場は10時だが15分ほど前に着いてびっくらこん
10台以上ずらりと並んでいる
道路脇に止めるより待とうかと言うことで2言なく待った
凄い人気に気おじして山野草園で気持ちを落ち着けて、川筋に行ったら既にコマドリが出たらしい
お目当てのカタクリは既に終わっており、相変わらずの浮気症でまたドジこいた
川下でコマドリが目線で撮り放題との報告で場所替えした
またまた着くなり目の前にオオルリが出てくれたのに、カタクリ撮影のためAV設定だったのを忘れて真っ黒けのけっけ
おいらの頭も真っ黒け
なんとか設定変えてやっとの1枚が後ろ姿ときた

270416_1.jpg

少し上流で動きが有って参戦もこれまたワンシャター

270416_2.jpg

兎に角オオルリとコマドリ撮れたのでビィジターセンターに帰っていたら、川筋に一輪の白い花が目についた
ここで咲いてたかイチリンソウ
似た花にニリンソウがあるが、花が大きい(約3cm)、葉の切れ込みが細かいことで見分けられる
箕面では初撮りである
ちなみに、1輪しか咲かないニリンソウ、2輪咲くイチリンソウも有るので悩ましい

270416_7.jpg

コマドリは午後からビィジターセンター前でもよく出てくれたが、慣れないカメラで一々モニター確認しながらで、鳥の行くへを確認しては逃げられの連続で、皆さんの三分の一ほどしかシャッター押せずだった

270416_3.jpg

我慢、辛抱で慣れるしかないわなあ

270416_4.jpg

その辛抱が出来へんのよ
お陰で5年ぶりくらいにフデリンドウが撮れた

270417_8.jpg

でもねえ、やっぱり鳥撮りが本命なんよ
また元に戻ってオオルリ撮れた
なんだかんだ言いながら久しぶりに両手に花と鳥の良い目が見れた
鳥友さんのお陰です

270416_5.jpg










このページのトップへ

カラアカハラ♀

ポーアイ南公園にカラアカハラが入いっているとの情報を頂いたが、♀で綺麗にないとのことで迷った
と言うのは、この所の天候がなんとも悩ましく、もう抜けているかもの思いが有った
♀と言えども新種追加のチャンスゆえ駄目元で行って来た
南公園の駅を降りると雨が振りだした
傘を出したが差すほどでもなく直ぐに止んだ
また悪い癖が出て公園の景色を撮りながらのんびりしたもんだった
帰り仕度のカメラマンいたので、出ていますかと声を掛けると、もう撮ったので帰るとのことだった
のんびりしとれんがで、気が付けば友はもう50m以上先に行っている
この人の背後霊やらんと鳥が撮れんがな、で慌てて駆け足で追いつこうとしてこけた
川でもないのにどて~と
柔らかい土が幸いしてぱんぱんと土を払ったら終わりだった
土がついて運の尽きってなやつで、カラアカハラはまともに撮らせてくれなかった
やる気が失せてお馴染みさんと近況報告なとで話しこんでいたら、大きな石の上に出たらしい
なんで鳥が出る方に背を向けて座ったか悔やまれた
次はと真面目に待っていたが、すこぶる出が悪い
1時間に1度程度で生理現象に耐えられず場を離れた
友に出てきたらボンドで留めといて、なんて冗談を言って帰って来たらきっちり出てやがった
なんで留めてくれなんだんだい、というと写真で留めてるって、綺麗なのを見せられた
ケッケ、嘘でっせ
でも皆さんほくほく顔で、おいら一人がしょんぼり
そんなカラアカハラ初撮りの1日でした


出た所がどうにも
ネットの前で分からようにトリミングしてこんなもん


270415_1.jpg

トリミングしようがねえ

270415_2.jpg

最悪だ~
くっそうこんなシーンは綺麗に撮れてるがな


270415_3a.jpg

目が悪くて鳥が何処におるのか分からんでもたもたしてる間に飛ばれた

270415_4.jpg

言わずもがなであるが、撮ったんでなくて撮れた

270415_5.jpg


このページのトップへ

コムクドリ

クロノビを探しに行っていた鳥友さんからコムクが入って来たとのメールが有った
野暮用最中で昼前に済ませて駆けつけたがまだいてくれた
入った所が悪くネット&アキニレの枝被りでまともに撮らせてくれない
1羽だけで午後3時過ぎに飛んで行くへ不明になって、1時間ほど待ったが帰って来なかったので抜けたようだ
この頃まとまに鳥撮りしてないので何であれ気分がすっきりした

動物園じゃねえど~
むこうがわのこっちゃ側だ
ネットがにゃんともならねっと

270411_1.jpg

ちょこまかちょこまかじっとしとらんのにこんな所ではゆた~としてやがんの

270411_2.jpg

65倍もだと近すぎてはみ出る
引くにもレバー操作が慣れずに引き過ぎるし、ままよでドアップだ

270411_4.jpg


こんなもんでもまだ大きいわ

270411_3.jpg


イソヒヨドリが)増えたように思う

♀ 近所の畑で

270411_5.jpg

♂ 橋の下で2羽仲良く
でもなかったんですが、バトルシーンには手も足も出ず
クロノビも出ず
出たのはため息ばかりなり

270411_6.jpg



このページのトップへ

久々の登城

天気が今一良くならず迷っていて午後を過ぎてしまった
降りそうにはないので午後1時過ぎからお城に行った
大名登城で飛騨の森に着いたのは午後2時を回っていた
皆さん撮り飽きたのか思いの外カメラマンは少なかった
ゆったり撮れはしたが1時間ほどゆえ同じようなポーズばかりだった
今季お初がコマドリゆえ文句は無い

270407_1.jpg

動きが早いと全部ブレて始末が悪く、じっとしてくれて何とかの同じポーズばかりで1時間ほどで止めた

270407_2.jpg

お馴染みさんからオオルリが元射撃場跡、キビタキは音楽堂裏と聞いて、難しい射撃場をパスして音楽堂裏へ転進した
既に皆さんレンズを覗いていたが、慣れないカメラで桜絡みは散々だった

270407_3.jpg

近すぎるくらいでレバー操作になれずバカでっかいキビタキが撮れた

270407_4.jpg

午後4時半にタイムアップとし、帰りに射撃場跡に寄ってみたが、カメラマンは4、5人でオオルリは見たと言う人はいたが誰も撮っていなかった
シーズンインとなりこれからが楽しみだ

270407_5.jpg
このページのトップへ

虎浜

杭のミサゴがどの程度撮れるのかowerShot SX60 の試撮りで行って来た
65倍と言えでも遠すぎ、一脚でやってもブレてピントが合わなく失敗した
まだまだ機能を覚えて使いこなすには時間がかかるだろう
15年ほどパナソニックを使って来て、使い慣れたのもあろうが戸惑うことが多い
その1番は、フォーカスエリアがパナソニックより大きいのが気になる
大、中、小、さらに小小、とならないのかな?
目が悪く細かい字が読めず、と言うより読もうとしない難儀なお方やってまする

27-04-04_1.jpg

週間天気予報では今週中は曇りか雨のはずやったが、今朝の予報では9時頃から15時頃までは晴れと変わっていた
どんどん天気が良くなるので出かけたが、虎浜に着いたのは10頃になってしまった
逆光では難しいね
♂2羽と♀3羽確認出来たが♀はまだいたような

27-04-04_2.jpg

バタバタやっても眼が出ん

27-04-04_3.jpg

♀はテトラ前までやってくるんだがなあ

27-04-04_4.jpg

イソヒヨ♀も近い
♂は確認できなかったがいる?

27-04-04_5.jpg

カンムリカイツブリの求愛が面白いが遠かった
近くでやることもあり狙ってみるのも面白そうだ

27-04-04_6.jpg
このページのトップへ

西池

雨が降れば暇だ
雨が振ってもテント立てて鳥撮りする人もいる
また風情が変わって良い鳥撮りが出来るのだろう
おいらそんな風情は心得がないで、ここは少し休めとの天の声とおとなしくしとこう

西池の水が12月中旬から抜かれて、約2カ月ほど干上がっていました
ミコアイサがミコアイサらしくなる時期と重なり、お役所の嫌がらせではないかとの噂が有り、4月3日に確認の電話を入れました
護岸工事目的で水を抜いたが、調査の結果基礎部分はしかりいていたので工事をせずまた水を入れたとの回答でした
ここで問題が起きました
番の内の♂が怪我をして昆陽池で保護、治療の甲斐もなく落丁したようです(役所で確認済)
コブハクチョウの死と水抜きの因果関係は有りませんとそっけない回答でしたが、どう考えても9年も連続で雛をかえして、市民の多くならず野鳥フアンを惹きつけてきたことぐらいは役所も分かっていたこだと思います
3月初旬には巣作り、下旬から♀は約1カ月半抱卵する時期に調査に2カ月の時間を費やしたかと思うと、果たしてそれだけの理由なのかと疑念を抱かざるをえない
さて、今後の西池がどうなるかは不明ですが、今年は西池ではコブハクチョウの雛の誕生は見れません
ちなみに、宝塚市の上の池の番は既に抱卵していますが、これも写真的には巣上の雛を撮ることは非常に難しい所に営巣しています
上手く誕生しても水上デビューまでお預けになりそうです

番の一方の♀も昆陽池に保護され、左足にA3の黄色い足環をはめられています
抜きたいようで盛んに嘴で噛んでいる姿が痛々しいです
毛繕い中のA3

270403_2.jpg

♪私がいなくなっても 泣かないでください

♪そこに私はいないけど 眠ってなんかいません

♪千の風に

♪千の風になって

♪この大きな空を

♪吹きわたっています

no030331.jpg

  風も無く波も無く音も無く

  時移ろいて日は暮れり

  そしてまた日は昇るだろう

  変わらないようで変わりゆく

  あの白鳥はここにはいない


270403_3.jpg
このページのトップへ

海老江

久しぶりにフィールドに立った
淀の川風は心地よく迎えてくれ、久しぶりの皆さんには笑顔で迎えられた
腰痛を心配してくれてお声掛け頂いた諸氏には、略儀ながらこの場を借りてお礼申し上げます
まだ無理は出来ずで、重たいレンズは苦になりキャノンの65倍に替えた
まったく使い方が分からず一人大騒ぎしながらクイナを待つが、なかなかお出ましで無いのでツリスガラを探しに行った
桃の木に来るとかでええのを撮った人もいるらしいが、そう簡単には問屋が卸しませんでえ
よし、葦絡みでもええと参戦したが、デジイチ使ってデジカメでは扱い慣れてないのもあり散々だった

270402_1.jpg

♂じゃないなんて贅沢言っておれなかったが♀しか撮れなかった

270402_3.jpg

どうじゃ~、桃スガラじゃ~
ケッケ、おいらこの程度の細工しか出来ませんねん
明日から雨続きのようでもうリベンジもならんやろうなあ

270402_2.jpg

チョウゲンボウもよくやって来るようになったらしい
定位置の遠いのを65倍でどんなもんか試撮りした
手持ちでは無理で友の三脚の上にカメラ置いてブレを防いだがそれでもブレていた

270402_6.jpg

毛繕い始めたので狙っていたら飛んだ

270402_4.jpg

興味が無いのか何やら話し込んでいた麗人二人に撮れた~、と聞かれて見栄張ってバッチリ/ボケボケや、とつい正直に言うてもうた
三脚有ったらもっとましに撮れたんだがなあ

270402_5.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する