我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

甲山

昼飯食ってちょこりんと甲山に行って見た
梅園にヤマガラとアオジがいただけでなかよし池までシャッター押せず
出会ったカメラマンはお二人と日曜日なのに寂しい
もっとも日曜日の午後に甲山に鳥撮りは敬遠されているのかも
今日は家族連れが少々で静かだった
ベニマシコポイントで立っていたらメジロとエナガの群れが来た
あっという間にいなくなってまともに撮れなかった
あ~あ、と思ったら直ぐに高い(中位)木の枝に何か留まった
ちょっと大き目だが空抜け逆光気味で撮れない
じわじわ光がましな方に移動したらベニマシコだった
♂1+♀2を確認したがまだいたかも?
結構長い時間サービスしてくれたが、なんせ空抜けで難儀しました
1時間半の滞在でありました


280131_1.jpg

280131_2.jpg

280131_3.jpg

280131_4.jpg

280131_5.jpg
280131_6.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ

農業公園

こんなん撮ってもしょーうもない、と分かっていても撮る鳥がおらんで撮るのが哀しいわ
笑う日も有れば泣く日も有る
それが鳥撮りというもんよク~ウ

280130_1.jpg


大泉でオオアカハラ姿も見れず惨敗、今年も農業公園にオオアカハラが飛来していると聞いてちょこりんこ
昨年撮り放題したが今季初物であります

280130_2.jpg

280130_3.jpg

280130_4.jpg

ならばギンムクドリもと探しましたが、ムクドリは群れていましたがおりません
来て欲しいよね
堺まで遠いもん

280130_5.jpg
このページのトップへ

クロサギ

平磯や 赤が撮れずに 黒を撮り

ローカルさんから早くに情報を頂きながら遠いからと敬遠していた
行かれた方のブログを見ても遠いと嘆き節が多く、最近撮り放題の記事を見るも、当たり外れが激しいようで腰が揚がらなかった
早く行かないと抜けるで、とケツを叩かれて行った来たが姿も見れなかった
6人で探したので遠くてもいれば誰かがみつけただろう
本当に抜けちゃったのかな?
残念ではありましたが、遠いかったがクロサギも新種1種追加ゆえ良しとしよう


280127_a.jpg

280127_b.jpg

280127_c.jpg

280127_d.jpg

280127_e.jpg

280127_f.jpg

ウミアイサ♀1羽いました

280127_g.jpg






このページのトップへ

毛馬~赤川

道路標示の気温はー2度とあった
防寒対策にはぬかりなく寒さはさほど感じなかったが、川原に立つと川風が素肌部分を指す
陽射しは十分で鳥の出は期待出来た
かってコホウアカで大賑わいだったポントからスタートしたが、30分じっと立っていると気が折れた
動いていないと寒くてたまんちゃ
水路沿いを上流にゆっくり葦原をチェックしながら歩を進めるが、鳥の気配は感じない
出会うカメラマンは一人もいないので情報を聞くこともままならず、ただただ上流へと歩くも、ネズミモチの実にヒヨドリやシロハラ、ナンキンハゼの実にムクドリ、キジバとを見た程度であった
ホシムク混じってないかと念に見たがおりそうになかった
さらに上流に進んで行ってやっと一人出会ったので様子を聞くと、ベニマシコ、ホオアカ、メジロガモがいたとのとこ
水路にクイナもいると教えてもらった
メジロガモは早くにローカルさんのブログに載ったが、若い個体の様でパスしていた
まだいるなら狙ってみようとワンドを目指した
残念ながらメジロガモは不在だった
ワンドが凍っていたので何処かえ避難?したのかな
諦めてお城に転進すべく帰る途中お一人さんが水面にレンズを向けていたので混ぜてもらったらクイナだった
これがまた幸運を呼んでくれた
メジロガモの様子を聞いていたら自転車でやって来た方がさっきワンドにいたと教えてくれのでまた引き返した
結局何やかんやでブログネタは撮れました
なんやブログネタ撮りに行ったような1日でありました

(アメリカヒドリ交雑種)

280125_1.jpg

クイナを撮っていてやって来たお馴染みさんが教えてくれたヒドリガモ
目の後ろがわずかに緑色をしている
これもヒドリガモだそうです

280125_3.jpg

ベニマシコは♂2羽(1羽は薄い)と♀数羽で少ないそうです

280125_2.jpg

クイナの出を待っている間にモズがよくやってきた

280125_4.jpg

連写で引っかかったのをトリミングした

280125_10.jpg

クイナの出は良くなく、50mほどを泳いで葦原に消えた

280125_5.jpg


280125_6.jpg

メジロガモはカメラマン3人で葦の後ろに隠れていたら目の前まで寄って来た
飛んでくれたが情けないわ

280125_7.jpg

で平凡な浮いているだけのしか撮れんかった

280125_8.jpg

ぐちゃぐちゃの中のホウアカ

280125_9.jpg


このページのトップへ

今日は鳥撮りはお休み

柿の実の 熟れ時知りて メジロ群れ

アオゲラも来るが都会ではなあ

280123_1.jpg

はと気づく  ナンキンハゼに  鳩木着く

280123_2.jpg

鳥の世も  餌争いで  騒がしき

季語があらへんであら変

280123_3.jpg

小春日や 鷺もまったり 羽繕い

280123_4.jpg

愛想する  カメラポーズで ジョウビタキ

 踊ってもおひねり無いよ

280123_5.jpg

カヤクグリ 撮ったと思えば アオジかや

   そんな奴はおらんやろう

280123_6.jpg
このページのトップへ

浜から浜へ

今日は1日放し飼いとなり気合いを入れて弁当持って走った
とは言っても甲子園浜に着いたのは10時頃だった
東屋から双眼鏡で覗いても誰もいません
とりあえずアカエリカイツブリを探しに運河の方へと歩いていたらお馴染みさんと会った
情報を聞くも芳しくない
毎日のように見慣れているベテランさんが見つけれないのでは、私ではとても見つけれないと諦めた
杭のミサゴが見当たらないのでひょっとして、と双眼鏡で探すと前の石の上にいた 
魚を捕らえているようには見えない
ご存知遠い、とおい
こんなん誰も狙いませんが狙ったんよ

鳥は、飛ばねばならぬ

人は、生きねばならぬ

・・・・・

(坂村真民)


念ずれば花ひらく
飛べ、とべ、と心で念じたら飛んだ
ちなみに、坂村真民は愛媛県砥部町に「たんぽぽ堂」と称する居を構え、癒しの詩人と言われた仏教詩人である

言わずと知れた大トリミングである

280122_1.jpg

幸いなことに満腹だったのか、何度も周回しながら杭に飛びついた

280122_2.jpg

お馴染みさんの情報で一昨日は午後4時頃ズグロカモメを見たと連絡が有ったと聞いて、また香枦園浜に走った
浜には一昨日一緒にズグロカモメを探してくれた方がいたので様子を聞くと、10時頃向かいの波打ち際にいたと教えてくれた
ユリカモメと少し離れていると言うのでいればすぐに分かるはずだが見つからない
ふと後ろを振り向くとかのお方が低い位置にレンズを向けていた
こっちに気が付いて向うにいると呼んで下さった
砂浜に1羽離れて後ろ向きで毛繕いをしているカモメがそうだと
またまたお助け神がほほ笑んでくれた
言われても私には後ろ向きでは分からない
これで新種1種追加と相なりました
ありがとうございました

280122_3.jpg

280122_4.jpg

280122_5.jpg

ユリカモメ同様人をあまり恐れないようで、20mくらいまで近づいても逃げない
バカでかいのが撮れた

280122_6.jpg

レンズを引いてこんなもんかな

280122_7.jpg

一段落して対岸を見るとお馴染みさんが来ていたので声をかけに飛び石伝いに渡って、最近の鳥情報を聞きながら雑談し、腹が減ったので昼食にしようと元へ帰ろうとしたら、およよnoよ
何時の間にか飛び石が波に洗われているじゃあ~りませんか
土手に上がって対岸までは結構距離が有る
靴を脱いで裸足で渡った
何年振りだろう、素足て地球を感じたことは
我が幼少の頃は、夏は裸足が当たり前だった
隠れん坊、缶蹴り、けんけんぱ、はないちもんめ
遥か遠い彼方へ薄れた記憶が急に走馬灯のように甦る
みっちゃん、よっちゃん、つーちゃん、皆元気でいるだろうか
弁当食べながら昔を懐かしんでいる間にミサゴが3羽舞っているではありませんか
何度もホバってくれたんだがなあ、やっぱ遠い、飛び込まない、空抜けの飛び物は難しい

280122_8.jpg
このページのトップへ

近場でどんじゃらほい

午前中の放し飼いゆえ足元の探索で終わりました
冬の天気は午後から変わり易く、午前中の方が鳥撮りには好都合です
池のは鴨の姿が極端に少なく、昆陽池はどうなってんのかいなあ
陸鳥は飛ぶ姿がよく見られるようになって、普通種ばかりなれど結構楽しめました
鳥は撮れる鳥を撮って楽しめば良い、とは良く言われることではあるが、まだまだそこまで達観してませんで、やっぱり世間が騒ぐ鳥を追っかけたいのが本心
なれど我には我の都合が有る
のんびりこんな鳥撮りもたまには良いだろうう


嵐の後の撮り日和

陽光燦々この身を包み

吹く風さえも優しけり

浮き寝のカモの長閑なり

280121_11.jpg

  葦食い破るオオジュリン

  命つなぎて一心に

  パリパリ葦の裂ける音

  葦の間に間に見え隠れ

  我が耳にも聞こえたり


今季初撮りのオウジュリンは昆陽池でした

280121_1.jpg
280121_2.jpg

目につく鳥は何でも撮った

280121_3.jpg

280121_4.jpg

280121_5.jpg
280121_6.jpg

280121_7.jpg

280121_8.jpg

280121_9.jpg

鳥でなくったって飛ぶ物何でも撮るもんね
昆陽池上空10時11分頃


280121_10.jpg



<
このページのトップへ

香枦園浜

バカの浅知恵で海が荒れたらカモは運河に避難するだろう、と考えて甲子園浜に走った
正にバカでした
確かに運河の渡船場前にはわんさかカモがいたが、護岸が高く見えないのでちゃっちゃと切り上げて帰っていたら、カンムリカイツブリが20羽ほど来ていた
波は高い、遠い、ほとんどが寝ている、でアカエリカイツブリの確認は出来ず、東屋まで戻ったがハジロカイツブリも遠い沖で波と戯れていて撮れない
半日放し飼いの身ゆえ、甲山くらいしか行く所がないのでその気になっていたら、お馴染みさんが来られて香枦園浜にズグロカモメガいるから行ってみたらと勧めてくれた
香枦園浜のズグロカモメは聞きはしていたが、香枦園浜はまだ1度も行ったことが無く、なんとなく足が向かなかった所であるが、どうせこの天気で甲山に行っても鳥が出て来るかはおぼつかないので香枦園浜に行ってみた
先客3人さんが川口西の浜にいたので混ぜてもらって、ズグロカモメを探したが見つからない
鳥撮りに出たからには何なとブログネタ撮ってアップせねば、と一種の脅迫観念にとらわれショーもないと思いながらも撮った

「ズグロに振られユリカモメ」

バカにしやがって、バカにしやがって
こんにゃろめ~
肘鉄ならぬ足鉄だクッソウ

280120_1.jpg

お隣さんがウミアイサが川に入っていると教えてくれたので、ズグロカモメは人任せでウミアイサ撮りに専念した
日は射したり曇ったりでベストではなかったが、距離が近い分まずまずの色が出た
アッと驚く為五郎
あっとで♀はまともに撮れていたのは1枚も無かったが、これでなんとか格好着いてやれやれ

280120_2.jpg

ウミアイサ♂は今季お初でありました

280120_3.jpg

280120_4.jpg

またズグロ探しに参戦するも奮闘努力の甲斐もなく、先客3人さんはお帰りになった
残ったお一人がミサゴを見つけてくれた
幸いなことにどんどんこっちにやって来て頭上を舞って甲子園浜の方に消えて行った
フォバリングも飛び込みも無く、飛び物ではこんなもんで精一杯で終わりにした

280120_5.jpg


このページのトップへ

プチ遠征@近江

近江の川風厳しきか

背を押されて三脚揺れり

遠いシノリのピン取れず

鳥の目は出ず我涙出る

比良の高嶺の雪眩し

  風波高く見えては隠れ

  浮きては沈みシノリガモ

  雪花舞いて涙こぼるる

  何の因果で近江の川へ

  遥か北から飛んで来た


何で好き好んでこんな日に
帽子が飛ばされる強風の中、ただ新種1種追加で頑張った
水鳥は遠い、変化が無い、だから好かん、と言いながらもなんとか1種追加の証拠写真は撮れた
近くで撮れると聞いていたが、ご機嫌麗しくなかったようだ
♂の若もいたようだが年明け早々に抜けたらしい
♀ゆえだろう狙う人は誰もいませんでした


280119_5.jpg

280119_6.jpg

280119_7.jpg

おまけのホオジロガモもめちゃ遠かった
1羽だけ約50m位の所まで来てくれたが、ほとんど100mラインから寄って来ずだった
まあこれだけ数見れただけでも遠くまで行って良かった


280119_1.jpg

280119_2.jpg

280119_3.jpg

280119_4.jpg



このページのトップへ

武田尾(h28.01.16)

土曜日の診療は午前中のみで医者行って半日つぶれた
11時頃カップラーメン持って武田尾に行って来ました
午前中あんなに好天だったのに、武田尾に着いたら時雨そうな雲行きになった
山沿いは時雨れるかもとの予報であったが、折角行ってトンボ返りはないわなあ
情報収集で足湯の先のペニマシコポイントへ、何も飛ばないので下流のヤマセミポイントへ、12時頃から約3時間うろうろして出会ったカメラマン0人
ヒヨがピーピー、コジュケイがチョトコイチョットコイ、うるせ~や
耳が悪くてもこれくれえ聞こえるわい
で出会った鳥は、アオジ2+ジョウビタキ♂2+ルリビタキ♀2、全部フォーカス出来ない藪の中で画像無し
ベニマシコ♂♀、ジョウビタキ♀が撮れたが、午後からは逆光になり撮れただけで色が出ません
ベニマシコは今季初撮りゆえこんなもんでこらえてやらあ
それにしても鳥が飛びません
何処とも同じだろうが、やっぱり午前中勝負で皆さんちゃっちゃと切り上げてるんかな?

a012.jpg

a111.jpg

a138.jpg
このページのトップへ

H27年12月の鳥撮り 

この所家をほったらかしで鳥撮りにうつつをぬかしてお仕事が溜まって今日はこの天気なのに鳥撮りはお休みです
12月の鳥撮りdjブクで見てやってください

このページのトップへ

大泉緑地

お城が駄目なら大泉が有る
てなことで大泉緑地に行って来ました
東梅田で階段を下りていたら電車が来た
しめしめで飛び乗ったら塩梅良く優先座席が空いていた
こんな時に見え張ってもしゃ~ないでさっさと座ってやれやれ
なんせ大泉までは遠い
2日連続のお祭り空振りの疲れがどっと出て、ケツはぽかぽか電車は揺れる
不覚にも何時の間にか寝てしまった
ふと目が覚めれば知らない駅を通過、寝ぼけ眼で路線図を見ると八尾南行きじゃ~
ゲゲの我太郎
天王寺まで戻って御堂筋線に乗り替えるも、これがまた難儀なこって
あっち行き、こっち行き、この駅はどうなっとんじゃ、てなもんで15分ほど迷い子状態
やっと大泉緑地に着いたのは10時半頃だった
先ずは事務所で自転車借りて(無料)、噂の水場に行った
結果この自転車が大活躍することになりました
ポイントに着くなり皆さん既に鳥を追っていました
とことこ歩いていたら間に合わなかったかも
レンズはあっち向いたりこっち向いたり、かなりの数がいてるようでした
三脚構える間も無く手持ちで参戦したが、5分ほどで高い所に上がって終わり

280114_1.jpg

280114_2.jpg

280114_3.jpg

次は何時か分からないのでオオタカポイントに転進した
カメラマンは4人と少なく目の前の木の中に居るだろうとのことだった
オオアカハラとクイナも出る所らしくしばらく様子を見た
クイナが出たが気が付くのが遅くシャッター押す間も無く葦の奥に消えた
しばらくして今度は対岸からこっち側の葦原に渡ったがこれも撮り逃がした
カイツブリが大きなな魚を捕らえてばちゃばちゃやって、結局大き過ぎて呑み込めず諦めた
可哀そうはこの魚じゃで

280114_5.jpg

カワセミは留まりものならほぼ撮り放題だがブログネタに撮っただけで飛び物無し

280114_4.jpg

自転車の身軽さでまたオオタカポイントに戻ったら皆さん盛んにシャッター押していた
またまた三脚構える間が惜しまれ手持ちで参戦

280114_6.jpg

何とか20枚ほど撮って、三脚をセットしていたら飛ばれ、あ~あで本日は終わりました
後味の悪い終わり方が今後に影響するか?

280114_7.jpg
このページのトップへ

平成27年12月の鳥撮り

冬鳥もほぼ出揃いましたが、まだルリビタキ、ベニマシコとの出会いが有りません
もっとも諸般の事情で半日の鳥撮りゆえ、情報を頂いても指を咥えて見ていることが多い日々ゆこんなもんでしょう
わが市で言えば、ミコアイサの♂がパンダになる時期に、今年も西池、黒池の水が抜かれ、餌捕りシーンが撮れないままに行くへ不明となりました
その後緑ヶ丘公園で♂1+♀2羽が確認されミコアイサ撮りは可能ですが数が少なく淋しいです
コブハクショウは西池および宝塚市の上の池の番も昆陽池に連れていかれたようで、両池での今年の繁殖は絶望的です
はたして昆陽池で繁殖するのだろうか?
是非可愛い雛の誕生を見たいものです


このページのトップへ

ミヤマホオジロ

 丸坊主 毛は有れども 侘しくて

  心で泣いて  背中で笑う


お疲れさ~ん

かって鳥撮りに行って何であれ鳥に向けてシャッター1度も押さなかったことが有っただろうか
3日前のことあ覚えてない歳になりましたが、まったく記憶にございません
長い鳥撮り人生ゆえこんなこともあらあな
てなことで1月10日のきずきの森です
皆さん撮り飽きたのか、日曜日と言うのに10時頃から12時頃まで借り切りの状態でした
世話する人もいなくなったのかな?


280112_1.jpg

280112_2.jpg

280112_3.jpg

280112_4.jpg

280112_5.jpg

280112_6.jpg

280112_7.jpg

280112_8.jpg
このページのトップへ

都市公園巡り

(服部緑地公園)

朝一から気合を入れて近場回りで頑張りました
如何に頑張ろうとも出てこん鳥は撮れないので有ります
ミソサザイがまだいてるとの情報で、鳥友さんとつるんで服部緑地公園に走りました
小鳥の森では先客2名とゆったりしたものでした
シロハラがやけに多く追っかけあい騒々しい
普段は暗い森であるがすっかり葉を落としよく光が入り、遠い、小さい、黒っぽい、素早い、撮りにくいミソサザイもなんとかレンズで追えました

a1_2016011122380932e.jpg

SSも上がり先日のリベンジとなりました

a2_20160111223811c33.jpg

場所説明が出来ません
ミゾゴイが出た池の傍です

b1.jpg

若♂ですが、歌って踊って綺麗でした

b2.jpg

樹上で一服したので転進

b3.jpg

アカガシラサグはまだいてましたが、あっちの池こっちの池と飛び回っているようです

c1.jpg

良くいてると言う新宮池で空振りし、鳥友さんの乗馬クラブの側の池ではとの勘が当たりました
着くなりお馴染みさんが出てるよと教えてくれて撮り放題

c2.jpg

ばんざい~い
早々に千里南へ一人で走りました

c3.jpg

(千里南公園)

新年の挨拶かたがた寄ってブログネyタのカワセミを撮りました

d1.jpg

活性は良く2羽が遊んでくれて、こんなもんでええやろうと千里中央公園に転進しました

d2.jpg

(千里中央公園)

オシドリはいてますが求愛で活発に動き回る時期には少々早いようでした

e1.jpg

粘っても出て来そうになく切り上げて、これにてお終い
今日は食べる物はしっかり食べったが、出る物が出ず便秘気味な1日でありました
明日は出る物が出てすっきりとしたいものだが、如何なりまするやら

e2.jpg
このページのトップへ

お城から水無瀬へ

早く行っても仕方がないが、チュウヒとチョウゲンボウが撮りたくお城に心を残しながらも水無瀬に着いたのは午後2時半頃になった
チュウヒはおろかチョウゲンボウも飛ばず、ミサゴさえ姿を見ることはなかった
コミミズクの出番までの幕間をつないで遊んでくれたのはノスリだった
遠くて狙う人は少ないが、遠かろうが近かろうが目さえ出てればおめでたいんじゃ
留まった鳥は必ず飛ぶ、てなもんで飛び出しを辛抱して待ったが、肝心な時に辛抱が切れた
何とか飛びつきは撮れたが、正に今飛びつく瞬間には遅れた
おいらの腕ではこんなもんやろ

280110_1.jpg

いきなり後ろの草薮から1羽飛び出した(ように見えた)
杭のノスリは動じず睨み返して追い払って良いシーンが見れた

280110_2.jpg

上流のでっかい切株の近くが1級ポイントと聞いていたが、お馴染みさんは少し下流で三脚を立てていた
日の加減で多少遠くなっても顔に影が出ないので良いとかで、お馴染みさんがいてくれると何かと心強いので横に三脚を構えさせてもらった
好天だっせいかコミミズクの飛出しは午後3時を回ってからで、下手のマンションの所だった
1羽飛べばあちこちで飛ぶだろうと鷹揚に構えていたが一向に他のコミミズクは飛ばない
見れば枝留まりしているではあ~りませんか
ありまあで三脚担いでえっりらおっちら駆けつけたが飛ばれてしまった

280110_3.jpg

飛びまわるものの鼠をよう捕らえないでまた同じ木に留まった
これも正にのシーンに1テンポ遅れた

280110_4.jpg

枝留まりが撮れてなくてこれが撮りたくて行ったのだから成果有りでした

280110_5.jpg

どんどん日は落ちるし風は冷たくなるわ、飛べ飛べと心で叫べども、知ってか知らずか一向に飛んでくれない
紅染まる頃になってやっと飛んでくれたが、SS上がらずブレブレで残念、一巻の終わり
にゃろめ~、また行くど~

280110_6.jpg
このページのトップへ

水場は大賑わい

キクイタダキが目的で頑張りましたが、姿も見ることが出来ませんでした
狙い目は外れたが、次から次に水場にやって来る鳥を片っ端から連写に次ぐ連写で、ただ今画像整理でうんざりしておしまする
と言うことで適当に証拠写真でご勘弁を

本日のお初は今季お初のシメでありました
おいらにとっては撮ってはならない鳥なんですが、撮ったんよ
これを撮っちゃおしめえよ
だからキクイタダキが来んかったんや

280109_1.jpg

シジュウカラ

280109_2.jpg

ヤマガラ

280109_3.jpg

メジロときて

280109_4.jpg

なんでキクイタダキじゃなくてシロハラなんじゃ
こら~、シジュカラなんでこんなん連れてきたんや

280109_5.jpg

アトリは嬉しい今季お初です

280109_6.jpg

連写で引っかかったがちゃんとピント合わせてないと駄目ですね

280109_7.jpg

午前中でお城を諦めて、水無瀬に転進しようと三脚片付け、駅に向かいかけたら皆さん内堀方向に移動しだした
慌ててとにかく後を追ったら桜広場の1番南側の石垣にオオタカが留まっていた
600mm手持ちじゃ遠いしブルブル震えてピントが合わない
シャッターは切れるが丸ボケばかり
飛び出しの絶好のチャンスも全没の哀れでありました
絶対飛ぶのが分かっていただけに残念無念
今日もボヤキの我太郎であります

280109_8.jpg


お城で900枚、水無瀬で700枚、都合1,600枚と、1日の数では最高を記録しました
それがどうしたと言う情けない記録ですが、水無瀬はまだ1枚も整理出来ていませんので明日にアップします
このページのトップへ

今日も大阪城公園

午前中雲が厚く鳥撮りにならないと諦めていたが、10時頃から日が射しだしたので大阪城公園に行って来た
市民の森でキクイタダキの水飲みを狙って待機しているお馴染みさんに声をかけて、キマユムシクイを狙って神社裏へと急いだ
帰りのカメラマンにキマユはいてるかと聞いたら、修道館側に大将がいると教えてくれた
この人がいてくれると心強い
20人ほどがレンズを向けて追っかけていたので混ぜてもらったが、噂通りの手強い相手だった
よく動くので目が悪くてもターゲットは直ぐにに見つかる
ただコサメビタキもいるのでややこしいが、動きが全然違うのでほとんど見紛うことはなかった
コサメビタキだって可愛い鳥なんよね
ましてお城で越冬中は是非撮っておくべしで記念撮影もした
皆さんと反対方向にレンズ向けてシャッター押すのは気恥ずかしいものよ
でただ撮っただけでコサメビタキよ許せ


280106_0.jpg

  今日もまた 多くの人に 助けられ

    キマユにオジロ ハイタカ撮れた


(キマユムシクイ)

日本では旅鳥として、主に日本海側の島嶼部や南西諸島で少数が観察される
珍鳥なんよね
千里でお馴染みの方が、キマユムシクイの特徴は黄白色2本の翼帯が目立ち、これを撮らないと意味が無いと教えてくれたが、200枚ほど撮った中に連写で撮った同じポーズの横向きが数枚有っただけだった
他は全没のところであるが寂しいので10枚ほど残した
キクイタダキと同じ位の大きさなのに、キクイタダキよりまだ手ごわかったのは、たった1羽だけだったからのようにも思うが、キクイタダキ同様イラツキ疲れる鳥やった


280106_1.jpg

♪ おらこんな鳥嫌だ おらこんな鳥嫌だ

♪ 西の丸に行くだ

♪ 西の丸に行ったら 腰据えて

♪ 茶室にゃ寄らず 鳥撮るだ~


280106_2.jpg

よしいくぞう

280106_3.jpg

でもって、定番撮りしたでええやろうと早めの転進としました

280106_4.jpg

帰りに神社裏に寄ったらお一人さんが見失ったと、撤収準備中だったので諦めて市民の森に行った
お城でお世話になっている情報通さんが手招きして知らせてくれて、ハイタカの塒ポイントに急いだ
またまた大将がここや!、とポイントに入れてくれたが、情けないことに目が悪いのでよう分からん
幼稚園の子に教えるよに教えられてやっと分かった
おおきにさん

我 : ハイタカ入ったか

大 : はい高い木の上

我 : あんな高い所だっかんか

大 ; ハイタカは低い所には留まらないのでハイタカです

けっけ、思い付きでっせ
あっちこっち世話役さんゆえ、こんなバカに付き合っとられんわなあ


280106_5.jpg

キマユムシクイとハイタカと1日で2種の新種撮影が出来ました
ご協力頂いた皆様にお礼申し上げます


280106_6.jpg


このページのトップへ

はてさて今年の鳥運は?

久しぶりの大阪城公園でありました
キマユムシクイなる鳥がいるらしい
手強いと聞いてストレスのかかる鳥は撮りとうないで諦めていた
最近こんな低い所で撮れることは珍しいと有ったのでその気になった
午後1時、2時頃と言えばどの鳥も活性が低い時間帯で、案の定キマユムシクイは行くへ不明とのことだった
ちゃっちゃと諦めて西の丸に入った
直ぐにジョウビタキの♀が飛んだので撮った

280105_1.jpg

迎賓館につくと既に出ていたが、先ほどのジョウビタキ♀の空抜け設定のまま撮って真っ白けnoけっけ
くっそうで設定直して1発撃ったら飛んで行ってしまった

280105_3.jpg

次の出番待ちまでご一緒させて頂いたお初の方と楽しく鳥談義に費やした
初めての方でも鳥の話しになればとどめが無く話題がつながるのがこの世界の良いところだろう
気さくな方で新年早々良い出会いが有った

280105_2.jpg

話しに夢中になって見つけれなかったのか、飛騨の森に遊びに行っていたのか、次の出番は何と約2時間後だった
飛び回って思うように撮らせてくれないまままた何処かに消えたのでタイムアップとした

280105_4.jpg

暮れなずむ お城に一人 佇めば

 今日も駄目かと 侘びしさ募る 


超曇天の午後4時過ぎに神社裏に居る人などいるわけなかった
なおも未練たらしく未だ見ぬ鳥を一人待つせつなさ
ド近眼に見つけれるはずがなく諦めた
鳥撮りは何が起きるか分からない
結果これが功を奏することになろうとは、神のみぞ知るである
その神様がおいらに微笑んでくれたんよ
本間このお方神様だわ
ハイタカが午後4時頃に塒入りすることは元山さんのブログで知っていた
市民の森に行ったら皆さん諦めて、一人帰り、二人返りしていた時間だった
今日は駄目かでカメラを直すと動きが有って、またセットし直したが空振りだった
いよいよ駄目だで帰りかけていたら神の声がした
大将が手招きしてここから撮れと抜ける位置を教えてくれた
見ても何処か分からない
常緑樹の茂った暗い所のハイタカを見つけるななんて正に神業としか思えない
大将は撮って当たり前で、今日の塒入りを撮ったのはあんた一人だって言ってもらえた
これだからお城通いは止められない
今年も良い鳥撮りが出来そうだ

280105_5.jpg
このページのトップへ

千里の道は遠過ぎた

年末大掃除の疲れがまだとれない
寝過ごして寝ぼけ眼で単車で走った
千里南公園でカワセミ~千里中央公園でオシドリ、午後から水無瀬でコミミズクと、撮らぬ狸の皮算用で目論みは良かったが、世の中思うように動かないものでした
道すがらの服部緑地に寄ったのが良かったのか悪かったのか?
とりあえず定番の野鳥の森に寄ってみたが先客は1人のみ
今日もダメかと諦めかけていた時に女神がやって来てくれた

♀ 出た出た出たよ~

♂ お化けかい

♀ おバカさんが

♂ おいらのことかい

なんちゃってね
そんなことほたえてる暇が有るか~

直ぐにミソサザイが出て来たのであります
近かったのに慌ててまともに撮らせてもらえなかった

280104_1.jpg

ポイントは2か所有り、奥はノゴマでも遠かったのにミソッチではなおきつかった

280104_6.jpg

待てば海路の日和有り
遠かったが良い雰囲気の所に出てきてくれた

280104_2.jpg

こんな所にも
近かったが座っていたので草かぶりに泣かされた

280104_3.jpg

アオバトが30とか40羽確認されています
なかなか下に降りて来ず、目が良い人は枝留まりを撮っているが、あそこだと言われても見えないショボ目ではシャッターを1度も押すことが出来なかった
遠い、遠い、証拠写真
聞けば、10時台、14時台、15時台の3回降りたようです

280104_5.jpg

と言うわけで、カワセミもオシドリもコミミズクも有りません
このページのトップへ

平成28年初撮り

新年明けましておめでとうございます
今年1年の平穏を予感させる平穏な正月となりご同慶の至りに存じます
皆様にとりまして、今年も元気に良い鳥撮りが出来ますよう心よりお祈り申しあげます
昨年同様今年もよろしくご支援のほどお願いいたします

280102_1.jpg

今年の初撮りは午後から足元の池巡りでミコアイサ探しとなりました
昆陽池では1羽も確認出来ず、瑞ケ池で♀3羽を確認も証拠写真にもならない遠い所でありました
緑が公園に期待の足を運んで、♂1羽+♀2羽を確認しました
下の池で遠かったですが、この鳥ではこなもんでしょう、の50m~80mくらいで、たまに岸に寄って来ますが散歩の人が多く、直ぐに池の真ん中に逃げ、また寄って来ての繰り返しでした
下の池に入れば面白くなるのですが如何なることやら

280102_2.jpg

280102_3.jpg

280102_4.jpg

カワセミのおまけ付きつきでした

a392.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する