我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

カイツブリの親子

綺麗な鳥なんやけど、何処にでもいて滅多に狙って撮る気にならない
どの世界もその大勢はつらいが、鳥には静かな方がええねんやろうけど
毎年我が遊び場では宝塚の3つの池で子育てし、今年は2つの池で抱卵が確認されています
背乗りは狙って撮りたいもので、先週からチェックしていたら昨日2羽の子が確認された
3羽だと言う人もいます
まだ卵が1個あり親の背中に潜って、♂が餌を運ぶと出てくる状態で、水上デビューにはまだ2、3日かかりそうだ

280531_1.jpg

280531_3.jpg

280531_4.jpg

アオサギが狙ってやってきます
4年前に目の前であっと言う間に3羽の子が餌食になりました
可愛そうなので小石を投げて追い払いますが、悲しいかな石が届きません
大きめの石なら音に驚いて逃げて行きます
1日中守りすることも叶わず悩ましいこってす

280531_5.jpg

アオサギが陣取っている内は遠くで様子見して、飛び去ると巣に戻るの繰り返しです
残りの卵は無事孵るのかなあ
しばらく池通いになりそうです

280531_6.jpg


スポンサーサイト
このページのトップへ

宝塚市の自然

雨が降ります 雨が降る

遊びに行けば カメラが濡れる

我太郎濡れても平気だが

カメラも嫁も後が無い

ああ我が人生も後何年


雨の中フクロウ頑張ったが、あれからカメラの調子が悪くなった
急にピントが合わなくなって、レンズ引いてピンとって、またレンズ伸ばして、鳥がおらんがな
何かの拍子にひょいと起こるので難儀だ
調整に出せば2週間仕事らしい
ショップに持って行くのも面倒やけど、古いガタガタの400mmと古いカメラが有るで暫し我慢かな
そのガタガタで昨日里山の花が気になって西谷に走った
畦道にキジがいたのでカメラをセットしていたら・・・
滅多に人なんて通らないのに、ハイカーがキジの鳴き声に反応して覗き込んだ
キジが気が付きさっさと山裾に走って、あっという間に遠ざかり、ケンケン パー
遠い所暗い所で幌打ちしやがって
じゃんけんしとる場合じゃねえど
なぜかこんなことになるんよね
運が悪いったらありやしねえ
愚痴のかたまり見てやってください


このページのトップへ

巣立ち子2羽

昨日の撮影です
風邪引いてまだ体長よろしくありませんが、猪名川のチョウゲンボの子が巣立ったと連絡が有り、午後3時過ぎに行ってみた
2羽が出放しで、撮り放題だったが、光が悪く良い条件で撮り辛く(としとこう)、400枚ほど撮ったが半分以上バックが真っ白けnoケッケ
あせって設定間違えたまま撮っていた
残った中から見栄を張ってのヒーライト
ほんま、画像整理にひーこら言わされたわ

左1番子、右2番子(と思う)

ソフトでなぶってこんなもん

280528_1.jpg

風が強かったこともあったが、2番子はまだ飛翔力が弱く、橋げたに乗れず川に落ちた
えらいこっちゃですが、午前中?にも落ちたそうで、助ける気も起きず撮りました
泳いでいます

280528_2.jpg

自力で上がってやれやれ
何とも頼りなさそうな姿が痛々しかった
この子は帰るまでしょぼんとしていましたが、今日の情報では元気なようです

280528_3.jpg

1番子は元気、元気
おいおい何処まで来るんや

280528_4.jpg

逆風ついて橋げたに上がろうとして失敗とみるや、Uターンしてなんと単車に乗りました
1番と2番でこんなに違うんですね
仮面ライダーよろしくチョウゲンライダーだ!

280528_5.jpg

ところが困った
よっぽど気に入ったようで、主さんが帰ろうとしてもどけません
近寄って飛ばそうと試みましたが格好だけ
止む無くエンジン掛けて走りだしてやと飛び降りました

280528_6.jpg
このページのトップへ

亀は万年 鶴は千年

鶴撮ったのなら嬉しいんですがねえ

風邪引いてまんねん

鳥撮りしてませんねん

嫌ですねえ
高知で目一杯遊んで、川巡りしたまでは良かったんですが、夏バージョンの模様替えで疲れて風邪引きましてん
今日びの風邪はたちが悪いで、バカでも関係おまへんなあ
夏風邪は長引くと言いますが、熱はなく食欲も普段と変わらないが、咳がひどく体力消耗に参りました
当たらん天気予報に愚痴ばかり言っていますが、今回は予報を信じておとなしくしてます
確かに重たいレンズで手持ちは応える歳になりましたが、PC守りも結構疲れまっせ
溜まりに溜まった高知の画像整理出来て、便秘のあとのすっきり気分に気を良くして、鳥撮りには関係おまへんが、高知の宣伝ちょっくらさせてもらいます
高知市内の名所と言えば、高知城に日曜市、五台山に桂浜が定番でしょう

電車での旅行では五台山、桂浜は少々不便ですが、バスの便は有るようです

JR高知駅から周遊観光バス「MY遊バス」

料金 1日パス 1,000円

MY遊バスは、JR高知駅発、五台山経由、桂浜行きの周遊観光バスです
「はりまや橋」「牧野植物園」「桂浜」などの高知市内の観光スポットを回ります

運行時間は9時台から15時台まで1時間に1便程度です

はりまや橋は、日本三大がかかりの1つだそうで、その目で確かめてくだされ
ほんま難儀ななあ

我太郎の土佐路の一週間デジブックで見て下さい


このページのトップへ

高知de鳥撮り

折角の好天だったが、日ごろの無精で1日出れなかった
今日も鳥撮りと言われて、馬耳東風決め込むことが出来なかった私めにごんざりまする
この所の気温で流石に冬バージョンでは暑苦しくなって、止む無く夏バージョンに模様替えした
狭い家で何かを動かすと何かが邪魔になる
2時間も有れば終わる仕事に1日かかった
実は仕事半分ネット半分だったんやけどね
高知でアマサギ撮ったのでデジブックにまとめてみた

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい
御用有る人もお急ぎの人も、お代は要らねえよ




このページのトップへ

カラシラサギ

西へ行こうか東へ行こか

浜辺に立てば人だらけ

チュウシャクシギまで飛び去った

今日も坊主の風が吹く

天気晴朗なりて波低し

坊主たって丸坊主じゃあ~りません
芦屋の浜のアジサシが1羽もいなかったってことで
わんさかいたコアジサシまで両手で数えれるくらいだった
もう終わったのかな?

280520_1_2016052122152493c.jpg

川辺に立てば誰もいず

そよぐ葦原うらめしや

奮闘努力の甲斐もなく

今日も坊主の風が吹く

ヒッヒヒッヒとセッカが笑う

こんなもんよ鳥撮りは

ならば噂のオグロシギ探そうと淀川に転進した
堤防から遥か上流を双眼鏡で見ても鳥撮りの人らしきは誰もいなかった
ままよで炎天下を上流に向かって歩いていたら、上流から自転車で下って来たお馴染みさんと出会った
情報を聞けば、マラソン大会で鳥りなんて何にもいない、行くだけ無駄だと聞いて戦意喪失
なんせ川原は暑い
セッカ撮って、さてどうしよう

280520_2_20160521221526fff.jpg

7日間の留守で鳥友さんにはご無沙汰で、無性に人恋しくなって、行けば誰ぞお馴染みさんがいてるやろうと、南港野鳥園に転進した
3人のお馴染みさんが所在なげにカメラを横にだべっていたので声をかけ、一渡り近況報告、鳥情報交換で大和川河口のカラシラサギの情報を頂いた
朝10時頃堺方面から飛んで来て、満潮前に帰って行くそうで、時は既に午後3時を回っていたが様子見で寄ってみた
南港口駅から歩いて5分少々で大和川に着いた
地元の人に挨拶するなりカラシラサギがいる所を教えてくれたが、逆光でおまけに遠くてショボ目では分からなかった
スコープを覗かせてもらってやっと分かり、苦しい条件ながら証拠写真は撮れた
約10分ほどで飛び去って一巻の終わり
聞けば2羽いるらしく、1週間以上になるそうで何時までいてくれるやら

280520_3_201605212215305dd.jpg

a178.jpg


a191.jpg
このページのトップへ

荒れやこれやの鳥撮り

鳥友さんのブログを見て、あわあわあわわ
慌て芦屋の浜にすっとんだ
アジサシが芦屋の浜にいるとは知らなんだ
かなり前にさるお方のブログで見て名前は知っていたが、珍鳥追っかけさんゆえ縁の無い鳥と思っていた
名前からして二羽並んでくれれば分かるだろうが、確実に見分けるポイントは何かとネットカンニングで嘴が黒いのがポイントだと分かった
ネットってありがたいねえ
11時頃着いたら干底のようだった
お帰りの人に聞くとアジサシは5羽いたとのことだった
これは厳しいぞと思った通りになり、やっとこさの1羽を2ショットで終わってしまった
12時を回るとコアジサシさえいなくなって、何にもいないと言って良いくらい静かになったので切り上げた

280520_1.jpg

もののついでの香枦園浜では、キアシシギ4羽、チュウシャクシキ6羽、コアジサシ仰山でコアジサシの餌渡しを仰山撮ったが同じようなシーンばかりしか撮れなかった

280520_2.jpg

キアシシギの飛び物やって香枦園浜を切り上げた

280520_3.jpg


ハッカチョウで小1時間ほど遊ばせてもらって

280520_4.jpg

甲子園浜には毎度の鳥意外は何にもいないと聞いていたが、ひょっとしてトウネンでも入っていたらの期待を胸に走ったが、世の中かそんなに甘いもんじゃおまへんでした
ササゴイがいたのでパフォーマンス狙ったが、動き無く時間の無駄だった

280520_5.jpg

そんなこんなしていたらキョウジョシギの団体さんが飛んで来たが、手枚の浜に来たのは1羽だけだった

280520_6.jpg

甲子園浜も変わり映えせずで切り上げ、武庫川のカルガモ親子情報を頂いたので寄ってみた
簡単に撮れると思ったら当て外れで2時間待ちとなった
暇のまにまに我泣き濡れて雀と戯る

280520_7.jpgドリ

雀も飽きてコチドリ追っかけ回していたら突然ばたばた怪我をしたふりをしだした
子から注意をそらすための擬態である

280520_8.jpg

余り刺激をしてもと思い帰りかけていたら、散歩の人がパンを投げ出した
やっとこさのカルガモちゃんの登場で1日の鳥撮り終了でありました

280520_9.jpg

280520_10.jpg
このページのトップへ

ヤマセミ

午後からケリの子を探しに宝塚北部に行ったがまだ早かった
ちょこっと走れば三田ゆえダムまで足を伸ばしてみた
午後3時頃着いたら4、5人シャッターを押していた
聞けば葉っぱ被りで、風で葉が揺れると見えるらしく、おまけに遠いので諦めた
おればその内近くに来ることも有るだろうと、おっとり構えていたが、時間だけが過ぎて一向に動きが無い

  いたずらに  時は流れど ヤマセミの

    心動かず 我泣き濡れり


午後4時半ころブログネタでもと豆粒を撮った
交尾はしているそうだが、子の誕生は如何に?


280512_1.jpg

280512_2.jpg

♀の方が人馴れしていて多少近くに留まったが、こんなもん

今日はご機嫌麗しくなかった

280512_3.jpg
このページのトップへ

落ちたフクロウの子余談

2番子もカラスに追われて落ちて、保護されてしめ縄の上に乗せられたが、午後5時過ぎまで動き無く、1番子や巣穴の3番子撮っていたら午後5時を回った
3時頃から雨が降りだして傘を差しての撮影だったが、カメラマンはどん帰り、五時過ぎには二人きりになった
お馴染みさんから6時を回れば動き出すと聞いて何時にない根性出した
五時半頃動き出したが、まだまだ飛翔力が弱く、5mほど飛んでは一休み、ケヤキの周りをちょこちょこ飛んでくれたが、雨も有り薄暗くSS上がらずで飛び物は全滅でした
木の上に上がれず地べたで固まって、このままでは猫にやられえらいこっちゃで、どうしようと思っていたら資料館の管理人さんが様子見に来た
保護を頼んだら2、3知り合いに連絡してくたが、誰も触れる人がいないのでこのままにしておくしかないと帰ってしまった
行きがかり上このまま帰る気になれず、せめて暗くなるまで見守るしかないと思ったら、大阪から来たカメラマンさんも気になると見えて付き合ってくれた
結局7時15分過ぎに2番子が確認出来ない暗さになって、後はこの子の運に任せるしかないと、後ろ髪を引かれる思いで帰途についた
今日は資料館が定休日で様子確認が出来なくどうなったのかなあ


5月8日は1時間でケツわって、t0日はリベンジとがんばりました

デジブックで見て下さい

このページのトップへ

2番子も落ちた

午後から野間に走った
1時半頃着くなりカメラを用意してる間に2羽のカラスに襲われて2番子(後で分かった)が枝移りした
森から親が飛んで来てカラスとバトルをやっている最中に2番子が50mほど飛んで草地に降りた
かたまって動かず、皆さん暫し激写でありましたが、知り合いさんが地元の方に連絡して保護、しめ縄の上に乗っけてくれた

280510_1.jpg

へたり込むような何や変な格好で長いこと動かなかった

280510_2.jpg

足が傷ついたのではとの声が有ったが、しっかり立てたのでやれやれ

280510_3.jpg

ここからがいけません
たまに薄目を開けるだけでまったく動きが無く、お隣さんが様子を見に行って、3番子が巣穴から出ていると知らせてくれたので移動

280510_4.jpg

3番子はどもならじで、柿の木の1番子をやりに行くと綺麗に抜けて撮れた

280510_5.jpg

280510_6_201605110126200c4.jpg

280510_7_201605110126223ab.jpg

2番子は18時頃から動きだすと聞いて、今日は腰を据えて頑張りました
17時半頃しめ縄から飛んで石垣の上に留まりました
何度も5mほど飛んでは一休みで、ケヤキの回りを回り、しめ縄に上がっては飛んで、この時既に皆さん帰られて、残った2人で撮り放題、ぶれ放題
雨降る中の奮闘記でした

280510_8_201605110126239b4.jpg
このページのトップへ

浜辺の野鳥

シギチは遠いのでやらん(やれん)と言っていたが、陸鳥での新種追加がままならなくなって、止む無くシギ、チドリにも手を出すようになった
鳥撮り駆け出しの時代には、毎日のように師匠の背後霊をやってついて行った
フィールドから教えてもらって海老江にも行ったことがある
小さな鳥が目の前の砂浜に踏みつけるくらい飛んで来て、思ったより近いし簡単に撮れた記憶が有る
その後何度か行ったが時期が悪かったのか、あのイメージは何処へやら
皆さんの話を聞くと飛来する鳥が減ったと言うことのようだ
昨年は、家から近いことも有りシギチは甲子園浜で狙ったが、今年は鳥友さんに芦屋浜と香枦園浜を教えて頂きエリアが広がった
まだ今撮っている鳥が何なのか分からない状態で、お隣さんに聞きまくって迷惑な存在やっています
石の上にも3年と言いますれば、ご迷惑おかけしますが、よろしくご指導方お願いいたします
雨で在庫セールです
↓フォト蔵のスライドショーで見てやってください

     浜辺の野鳥
このページのトップへ

落ちたフクロウの子

何かとお仕事中に、鳥友さんからフクロウの子が落ちたらしい、とメールが入った
昨日子が顔を出しだしたと聞いたばかりで、えらい早いなと思いながら、お仕事おっぽらかして野間に走った
10時半頃着いたらもう割り込む先も無い
なんせ狭いので何ともならず、何とか証拠写真を端っこの方で撮ったが、木の太い根っこに邪魔されて半分から上しか写らなかった
昨年は誰ぞがしめ縄の上に上げてくれたらしかったが、しめ縄の上よりましだったかな?

280508_1.jpg

少しづつ横に割り込ませてもらって、何とか根っこ被りが少ない所まで移動出来座りこんだが、寝てばかりで脚が痺れて動くとお隣さんの三脚に当たり、辛抱たまらず1時間ほどでギブアップして、巣穴の子撮りに変更した

280508_4_201605090016595ff.jpg

まだ二羽巣にいてるようで、9日に2番子の巣立ちかな?
枝留まりが取りたくもう1度行きたいが、悩ましい天気予報です


280508_5_20160509001706b6d.jpg


巣穴の子を撮捕って切り上げようと思ったが、念のため道路側の様子を見に行って、こっちの方が良さそうなのでまたやる気出した

280508_2.jpg

変わり映えしないので午後3時頃切り上げた

280508_3_20160509001703548.jpg
このページのトップへ

今日の甲子園浜

干底が12時頃の様だったので午後1時頃浜に行った
大潮だったようでえらい引いていました
これじゃ鳥はおっても手におえません
探鳥会の方が多く浜は賑わっていました
潮が満ちてきだして定番の干潟に鳥の動きがあった
嬉しい初撮りのハマシギが5羽+右の方にはぐれが1羽いてました
距離的には約30mほどだったが、個体が小さいので大トリミングしてます

280507_1.jpg

飛んでくれましたが遠くて残念

280507_2.jpg

ここでは遠くて手強いが、キョウジョシギはかなり手前まで寄って来てくれて楽しめた
後でPCで見るとまともに目が出ているシーンが無く同じ所から撮って失敗した
干潟に6羽+運河側の石の上に?

280507_3.jpg

入念な水浴びをして、仕上げに必ずぴょんと飛びあがります
これも飛び物じゃ

280507_4.jpg

シロチドリは2羽いてました

280507_5.jpg

キアシシギは数えていません

280507_6.jpg

ササゴイが飛びました
他にもいてるようなです

280507_7.jpg

様子見に来ていた鳥友さんが、ハッカチョウがいるからと案内してくれました
えらく警戒されて遠い所からでしたが、遠いのが幸いし連写で引っかかった飛び物
久しぶりのハッカチョウを楽しめました
ありがとうございました

280507_8.jpg
このページのトップへ

武庫川河口

昨日撮影の武庫川河口での撮り物です
甲子園浜でカップラーメン食っただけで、どうしようかで鳥友さんの背後霊やって武庫川河口へ走った
40年も前に釣りにはまってよくチヌ釣りに行った所である
当時は大阪湾で釣りをする人は少なく、武庫川河口では5月から6月の夜釣りで、川風に吹かれると夏とはいえど肌寒く、闇にさざ波の音が響くだけで周囲には誰もおらず、足を滑らせてテトラに落ちたら終わりやなあ、なんて思いながらも好きな物は止められぬで通ったものだ
当時ははねえ、言っておきますが今のようにずっこけはせなんだんよ
今では昼間でも年がら年中誰ぞが釣りをやって、ご多分に漏れず釣り人口も増えたようだ
昨日も若者がルアー釣りをしていたが、40cm位のチヌを釣り上げてリリースしていた
40年も前には、ルアーでチヌが釣れるなんて思いもしなかったことで、釣りの世界も様変わりしてしまった
さて狙い目のコアジサシであるが、飛鳥友さんにホバったら狙ってそのまま鳥をレンズで追え、と教えてもらったがそれがでけへんのよ
数打てとも言われたが、シャッター押すまでにもいけへんかた

280506_0.jpg

午後からはコアジサシの数も減ってシャッターチャンスが少なかったこともあるが、飛び込み狙いは完全に失敗した
2テンポも3テンポも遅れて、水しぶきもなく、残るのは波紋だけだった

280506_1.jpg

鳥友さんが餌渡しが撮れると教えてくれて、堤防のコンクリーの上にうずくまっているコアジサシがいてることに気が付いた
しかも比較的近い
これは何とかなったど

280506_2.jpg

♂はかいがいしくプレゼント捕りに飛んで行きました

280506_3.jpg

チュウシャクシギがよく飛んでいたので撮ったらササゴイやった

280506_4.jpg

目の前のテトラから堤防に上がって、機嫌良く囀ってくれたイソヒヨドリ
動くと飛ばれるのであてがい扶持でありました

280506_5.jpg

ミサゴもよく飛んでいたがなかなか飛び込みません
風が強くやり難かったんでしょうが、鳥友さんによれば、午前中は10回ほど飛び込んで、成功は1回こっきりだったそうで、こいつは下手くそなだけかな?
なんて勝手なことほざいて、甲子園浜に転進したのは昨日アップの通りでござります

280506_6.jpg
このページのトップへ

天気晴朗なれど波高し

お城はサンチャン祭り続行のようだったが、見上げてごらん連チャンは戦意喪失でパスした
のんびり甲子園浜に11時頃着いたら潮は干底の様だった
よっしゃやった、と思ったのが大間違い
定番干潟に向かっていたら鳥友さんがやってきたのでつるんで向かう
途中でミサゴが2羽飛んでいたのでミサゴ狙いから始めた
風が強く向かい風で、ミサゴがホバっても尻尾ばかりで撮りようがない
飛び込み狙いに設定セットで待つがなかなか飛び込んでくれない
やるど~と思ったら急上昇
波が高く流石のミサゴも難儀している様子で、諦めて干潟に向かっていると、鳥友さんが何にもいないと早々に引き揚げて来た
参ったなあどうしよう、で武庫川河口に行くと言う鳥友さんについて行った
2時間ほどコアジサシとミサゴやって、そろそろ浜もいいんじゃないかと甲子園浜に帰った
状況は変わらず、と思ったがどっこい変わった
午後5時前に干潟が水没しかけてキョウジョシシギが3羽飛んだ
砂浜の方に行ったら沖の石に見え隠れするキョウジョシギが6羽いた
皆さん諦めて帰られたようで、鳥友さんと二人で遠いキョウジョシギが砂浜に飛んくれるのを待った
待てば海路の日和有り
砂浜に飛んでくれたが、既に石ころは波の下で、砂浜はゴミだらけ~
折角待ったので何とかならんかと撮りまくった
鳥友さんも帰られて、一人でひつこく頑張ってはみたがゴミの山は何ともならじ
結局砂浜のキョウジョシギは11羽を数え、キアシシギは5羽だった
ゴミ箱ひっくり返して、ゴミを目立たない程度にカットして、めまいがしそうなくらい消した
チュウシャクシギは沖の石の上がほとんどだったが、時々飛んできてテトラに上がり、最短10mくらで撮れ、近けりゃええってもんでもないが、キョウジョシギとキアシシギは20mくらの所で撮れた

280505_1.jpg

280505_2.jpg

280505_3.jpg

280505_4.jpg

280505_5.jpg


280505_6.jpg

280505_7.jpg
このページのトップへ

坊主逃れのサンコウチョウ

3連続坊主逃れましてごんざりまする
坊主逃れがなんと贅沢なサンコウチョウで、何の不足もござりませぬ
が・・・わが腕に不足あり
なんとも手強い相手だった
ああ~ぁ、半日追っかけ回してもこんなもん

280504_1.jpg

280504_2.jpg

280504_3.jpg

これじゃいかんぜよ
お助け大将さん、何かいない?
西の丸にマミジロ♂が入っているとのことで200円也
ところがこのマミジロも手強かった
午後3時半頃にポイントに着いたらお隠れになられたところだった
待てども待てども出てこんがな
30分経っても1時間経っても気配すら無い
閉園のアナウンスが流れる中諦めムードで、一脚を直し、折り畳み椅子も直し、それでも未練たらしく手持ちでうろきょろ
もうあかんで、師匠帰ろうか、と声をかけて1歩踏み出したその時だった
師匠が出たとカメラを構えた
石段を左から右に移動する黒い物体が見えた
その距離約20m、眼が悪くてもこれは見えたぜよ
じらしにじらして、最後の最後に5分ほどのサービスと、憎たらしい演出にほっと胸をなでおろしたのは、おいらだけではなかっただろう
良かった良かった
それにしても今日は疲れたわ

280504_4.jpg

280504_5.jpg



このページのトップへ

鳥撮りはつらいよ

今日も坊主の風が吹く

坊主坊主と大嵐

奮闘努力の甲斐もなく

今日も涙の風が吹く

今日も涙の雨が降る


何処へ行くったってどこへ行きゃいいんだ
あっちへふらふら
こっちへふらふら
何処へ行っても坊主なんよなあ
こんなことやって歳食っていくんよ

強風でまともにレンズ向けられない阪南の海岸にバカこいて行って来た
夕方までは大丈夫と目論んで行ったのでありますが、風のことまでは考えんかったわ
坊主逃れのセグロカモメの若かな?
わかんな~い

280503_1.jpg

ここまで行けば国際線の飛行機撮れるんやなあ

280503_2.jpg

怪我の功名ってやつや

280503_3.jpg



このページのトップへ

丸坊主

何をしても上手くいかない日だった
電車に1分遅く乗れ逃がし、次の電車は安全確認とやらで10分遅れ、1分遅れが待ち時間も有り20分のロスになった
この不運がお城でも尾を引くとは、今日はこんな日と諦めるしかなかんべ
何時もこつも良い日ばかりではねえのは分かっているが、撮る人は撮っているだけに応えるわ
でもってネタ無し
にゃろめえ
ネタが無ければ作ればええんじゃ

 一回回っただけでも旋回とはこれいかに

 我太郎の鳥撮りと解く

 その心は

 ロン毛でも坊主と言うがごとし


平成28年4月の鳥撮り

大阪城公園の鳥はアップ漏れの4月29日分を追加しました


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する