我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

5連敗免れ

久しぶりに1日お日さまを拝めそうで早起きして頑張って、10時頃家を出て神戸に向かった
武庫川の橋を渡って、六甲山越えて、森林植物園へと向かう道すがら河川敷に寄ってみた

 やれ嬉し 坊主逃れは ノビタキよ

意地になって追っかけているわけじゃなけれども、好きな鳥ゆえシーズン初撮りは1日でも早くと焦る
そのノビタキの5連敗を免れて、坊主逃れとは見え張ったが、本命はアオゲラゆえ坊主逃れってことでお許しあれ
これからの鳥ゆえ先を急ぎこれだけのことよ

280930_1.jpg

280930_2.jpg

280930_3.jpg

六甲ドライブウエーの道脇に沢山ヨシノアザミが自生している 
アザミの花の蜜を吸い来たアサギマダラの乱舞が見れた
と言っても10も20もと言うことではなく、4、5頭が追っかけっ子?していたのでちょこっと遊んでもらった
道すがら何度かこんなシーンが見れた

280930_4.jpg

森林植物園は最悪だった
ヒタキ類はなんとかなるだろうと思って行ったが飛ぶ鳥を見たのはヒヨドリのみ
カイノ実はまだ沢山残っているのに何で?
若干お二人さんがいたがおいらが行ったらいなくなった
アオゲラに行ったかと行って見たら5名様が所在なさそうだった
聞けば朝から何も来てないらしい
ホオノキの実もやけに少ない
台風で落ちたのではとのことだった
実際まだ熟していない15cmほどの実が2つ道路に落ちていた
今年もかなり厳しそうだが如何成りますやら
薬樹園でオオルリが出ていると聞いたが、戦意喪失で早々に切り上げて北区の棚田に寄った

本日の野草

<ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)>

分布 北海道西南部、本州、四国、九州(日本固有種)

花期 8~10月

命名の由来 鳥類のホトトギス(杜鵑)の胸にある斑点になぞらえての命名

撮影 平成28年9月30日 神戸市北区の棚田

280930_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

アマサギ

今日も悩ましい天気で、降るなら降れと武庫川にノビタキを探しに行った
宝塚大橋から下流新幹線の近くまで探したが見つからんかった
今にも降りそうな天気で見つけられなかっただけなのか、今年は遅いように思う
堤防東の林のエゾビタキやコサメビタキも昨年はこの時期に撮っているが、これも出会い無し
コムクドリは当然もう抜けてるやろうと思ったが念のため探しに行った
おるわけがない、で彼岸花撮った
今年は彼岸花は早いと思たが、ここではまだこれからの蕾が沢山あった

280929_5.jpg

蝶々を追っかけていたら地元のベテランバーダーさんがやって来た

(ウラナミシジミ)

280929_6.jpg

アマサギ2羽の情報が有り探しているとのことで背後霊やらせてもらった
流石に見慣れていてすぐ見見つかった
こんなの自分では見つけれんわ
100m以上有りこの時期のアマサギなんてコサギと思って見逃すだろう

280929_7.jpg

西宮側に回ったら80mくらいの距離だった

280929_1.jpg

何考えとんのかまったく動きが無い
目は明いているので寝ているわけじゃなさそう
40分ほど経ってカワウが次々に飛んでいなくなって、やっと歩き回り出した

280929_2.jpg

何とか動きの有るシーンをと頑張ったらコサギが演出してくれた
夕方の曇天で暗~い

280929_3.jpg

雨が降りだし撤収
坊主逃れにはなった

280929_4.jpg

このページのトップへ

甲子園浜

悩ましい天気で予報を見れば大阪は雨、お城に行って降られれば電車代がもったいない
年々厳しさを増す遊び人生活ゆえ、ガソリン代だけの甲子園浜に行って見た
潮目は午後1時前は干底から込に入っているからと思って行ったが、既に干潟は波をかぶっていた
シギチはまだ這い這い状態で浜のことは何も知らないが、甲子園浜の干潟は大潮でないと出ないのかなあ?
中潮のはずだが読み違えたか?
な~んにもいません
いたのは・・・
書くだけ野暮ってもんだが、撮ったんはイソヒヨドリとイソシギ数枚だけだった

テトラの上のイソヒヨドリ♀を見つけたが、堤防が被って身を乗り出せば飛ばれる
50mほど先のテトラに留まりまた同じこと
3度目に堤防の上に乗ってくれたが、ピントを合わせる前に処理施設の中に飛ばれそれまでよ~
イソヒヨドリで遊ぶつもりが、イソヒヨドリに遊ばれてもうたわ

イソヒヨドリ

30分ほどで諦めて帰りかけたらイソシギがいた
テトラノの上でくつろいでいたので、サービスを期待して10分ほど粘ったが、これだけのことよ

イソシギ

これじゃ帰れんと香枦園浜に行ってみたが、堤防の上から双眼鏡で見ただけで切り上げた

本日撮影の花

<サクラタデ (桜蓼)>

蓼食う虫も好き好きと言われる蓼の仲間で、蓼では花が大きい方で、5mmほどのピンク色の花が桜を思わせることからの命名

4、5年前に三島江にコスノビを撮りに行って、引き抜かれて畑の畔で干からびそうになっていた3株持ち帰って植えたら着いた
年々株が増えて庭が狭くて今では難儀している
ツマグロヒョウモン♀が花に華を添えてくれた

サクラタデ
このページのトップへ

今日もまだ

ノビタキや  何処におわせし  まだ見えぬ

 蕎麦にダリヤに  彼岸花咲く


ノビタキ探しに宝塚市と三田市の境界を走りましたが、ノビタキとの出会いは有りませんでした
今年の夏の高温にのんびり構えてまだ南下してないのかな?
なんか淋しい

コスモスはまだ数輪

コスモス

彼岸花は見頃、撮り頃

ヒガンバナ

蕎麦も見頃、撮り頃

ソバ

ダリヤはまだ七分くらいだった
スズメじゃ役不足だ

脇役は揃ったよ

ダリヤ

坊主のがれのトビも1発打ったら電池切れ

トビ

今日のアルバイト

(万正寺)

真言宗 大覚寺派

所在  兵庫県宝塚市上佐曽利真ノ本16

万正寺


このページのトップへ

北摂の自然(平成28年9月)

何ともならないこの天気
9月越えて10月にならないとお日さま拝めそうにない予報にうんざりです

雨が降ります 雨が降る

濡れて体が解けるじゃないが

カメラが濡れたら困るのよ

何ともならぬこの天気

鳥も花も如何におわせし

♪雨雨降れ降れもっと降れ

この~、八代亜紀出て来い!

サインちょうだい

こんな天気で本業上がったりです

副業の在庫処分見てやってください


このページのトップへ

神戸市立(H28.9.23)

悩ましい天気に惑わされて1日PC守でした
画像整理が進んで良いような、なななあ・・・
うんざりはおいら一人ではないのでは?
御用はないが暇はある、そこなあんさん、寄ってらっしゃい見てらっしゃい
お代は要らんがお礼も言わん

深夜等BGMの音量調整は各自お願いします
このページのトップへ

エゾビタキ

ホオの実未だ熟さず
人も鳥もおらず

280923_1.jpg

天津の森のカイの実が熟れエゾビタキわんさか、ちょくちょくキビ♀、コサメ、ヤマガラ、メジロ
キツツキはこの実は嫌いなのかコゲラも来ず
午後から3時間エゾビタキに遊んでもらった

280923_2.jpg

a557.jpg

280923_4.jpg

280923_5.jpg
このページのトップへ

チョウゲンンボウ

曇天なれど雨降ふれど

時の移ろい留まらず

鳥も花も今日を生き

子孫繁栄願いけり

巡る巡る季節は巡る

 巡る季節を追いかけて

 鳥よ花よと今日を生き

 明日は明日の風が吹く

 先の事なぞ分からぬものよ

 鳥に癒され花に癒され


雨になることは分かっていた
天気予報が外れることを祈りつつ原チャでトンネルを抜けた
北の空はまだら模様、上手く走れば雨に遭いそうにない
ノビタキ探して北へと走る
西谷ではトビとカラスを撮っただけ
まだ早いようだった

280922_1.jpg

千刈りを越えて三田へと走る頃急に黒い雲が攻めてきた
ヤバイヤバイ、どうしよう
道場にしよう
西に向かって走ることしばし、山田地区でチョウゲンボウを見つけた
何時降りだすか分からないので、ネタ撮りにチョウゲンボウに遊んでもらった
はいそれま~で~よ
ぽつりぽつりと来て慌てて合羽着る間も無くザザ~
カメラとレンズをメットインに入れるのがやっとだった
原チャで走れば雨粒が顔に当たって痛いくらいの豪雨だった
くっそう、当たらんで良い予報が当たりやがって
てなことでノビタキはお預け

280922_2.jpg

280922_3.jpg

280922_4.jpg

280922_5.jpg

今日の花

(ツルニンジン)

キキョウ科の蔓性多年草

花期 8~10月

花径 約3cm

撮影 宝塚市北部

280922_6.jpg
このページのトップへ

終わり良ければ全て良し②

台風一過の好天を期待したが、今一はっきりしない天気で1日PC守りのつもりだったが、薄日が射すこともありケツがうずいた
甲子園浜は昨日の大雨で撮り物はいないだろうと、困った時の城頼りで午後から大阪城公園に行った
市民の森に足を踏み入れると直ぐにお帰りのカメラマンと会った
様子を聞くと朝からツツドリやって、行方不明になって切り上げたとのこと
他の様子を聞くとツツドリしかやってないので分からい、で順路通り音楽堂裏に行ったがカメラマンも鳥もいず、桜広場にカメラマンが3人いたので聞くと、コサメビタキとのことでパスした
神社裏でもカメラマンは3人+ビデオの常連さんが1人で、なにもおらんなあだった
キビ♀とコサメを見たが撮影出来ず、有料ゾーンには何かいるだろうと二の丸に入った
神社裏でコサメビタキを一緒に追っかけていたカメラマンと一緒になり二人で探すも何もおらず
茶室横から飛騨の森を見ると数人のカメラマンが見えた
一人は明らかに上に向かってファインダーを覗いていたので、飛騨の森で何か出ているようなので一緒に行きませんか、と声をかけたが迎賓館の方に行かれた
午後3時前で早々に飛騨の森に転進していたら、鳥友さんから飛騨の森にヨタカが入っているとのメールが有った
そうかおよよのヨタカだったか

  西の丸 近くて遠い 飛騨の森

茶室から見れば眼下100mくらい、鳥じゃないのでてくてく歩く
桜門潜って天守閣上目に見て、刻印石も淀君にも目もくれず、極楽橋渡れば極楽んじゃ~
おいおい、死んでたまるか
この鳥はカラスさえてんごしなければ飛ぶ鳥ではないが、1発打つまではいてくれ、飛ぶなよと、気が気ではない
ピンポイントを皆さん譲りあってくれて撮り放題
150枚ほど撮らせてもらったが、この2シーンに絞られた

  なんとなく こんなもんだよ ヨタカ撮り


280921_1.jpg

280921_2.jpg
このページのトップへ

午後遅くに登城

昼から梅田に一脚を買いに行った
一脚では無いよりましな代物だと分かってはいるが、2.4kgの三脚担ぐ元気がなくなった
歳を感じざるを得ない
こうやって日々老いぼれて行くのかと思えば淋しいが、歳を取ることは誰しも抗えない
如何に歳を取るかだろう
無理はいずれその付けが回って来る
無理なく頑張って相応に楽しめれば良い
でもってお城に寄ったのは午後2時頃になった
えらい騒がしいと思ったら太陽の広場でよさこい祭やっていた
あっちゃでもこっちゃでもよさいだらけ
つい浮気心で覗いて見た
600mmではどうにもならず諦めて鳥撮りに梅林へ行った
今日もツツドリ滞在中とのことだが、お出ましがすこぶる悪いらしく粘る時間が無く、飛騨の森のコルリ♀がアンコールに答えて無料出演してくれていると聞いて飛騨の森へと歩を進めた
毎度のツツジの株でそこそこサービスしてれた

280917_1.jpg

280917_2.jpg

エゾビタキ追いかけている間に道路際の大きなツツジの株に移動していた

280917_3.jpg

エザビタキが周囲を飛び回って皆さんが追いかけるのでコルリはおいといて参戦した
ええ所に留まってくれへんで証拠写真がやっと
ソフトで色調調整しました

280917_4

エゾビタキを追いかけていてコサメビタキが撮れた
本日撮影は3種とも今季お初となり、約2時間ではまずまずの成果となった
午前中(時間は不明)西の丸でヨタカが出たそうだが、その後の確認はなかったようだ
明日も見つかるといいね

280917_5
このページのトップへ

五目撮り

午後から天気が悪くなるとの予報で、午前中勝負で武庫川に走った
カメラマンンの姿は見えず
カラス、スズメ、ハト、ムクドリわんさか
コムクが混じってないかと確認したが見つけられず
早々に甲山に転進した
アカメガシワの実を食べに色んな鳥が来ているらしく2時間ほど遊んでもらった
ヤマボウシの実が熟れ頃となって来てヤマガラがやってきた
鳥友さんが1つ採ってくれたのを食べたら美味しかった
落ちた完熟はもっと美味しんだそうな
ジャムにしても良さそう

280912_1.jpg

メジロもやってきた

280912_2.jpg

コゲラの出演が1番多く楽しませてもらったが難しいね
なんとかこんなもんで、後は同じポーズばかり

280912_3.jpg

キビタキ♀は一瞬で撮るのがやっと

280912_4.jpg

これコサメでしょうか?
後ろ姿が素敵な君なんですがねえ
男は後は見ねえ

280912_5.jpg

タイムオーバーで撤収していて特別出演がありました

280912_6.jpg
このページのトップへ

何やかややってます

狙いの鳥に逃げられて、転んでもタダ起きん怒の1日でした
青春18きっぷの有効期限が9月10日で、1回分残っていたので消化旅やりました
本当は守山狙いだってんですが、話せば長~いことになりますれば割愛し、近鉄畝傍御陵前駅に着いたのは午後3時頃でありました
土曜日と有って駐車場満車の盛況でありました
お目当てのタマシギ親子は20人弱のかたまりで直ぐに分かりました

何でも屋我太郎の小旅行見て下さい


このページのトップへ

京の仇を奈良で討つ

昨日はいたのになあ
よくある話しよ
久御山にアカエリヒレアシシギって見たことも名前さえ知らないシギが出たとメールが有って、図鑑で調べてこれは撮りてえで何時にない朝駆けやりました。
ところ~が、おらんがな
昨日はいたらしい
よく有り過ぎるがな
遠いセイタカシギとタカブシギにケリ撮りました

280910_1.jpg

280910_2.jpg

280910_3.jpg

280910_4.jpg

まだ昼前やがどうしたものか
ならば奈良に行こう
幸い青春18きっぷが残っているので、久御山からバスでJR新田駅に行き、木津と長柄で途中下車し、茅葺きなとないかと都合1時間の道草くって、畝傍に着いたら午後3時をまわっていた
カメラマンはと探すと、鳥友さんも来ていてなんなくタマシギ親子が撮れた
休憩タイムに入ると30分ほど動かないなが、動きだすと撮り放題
とは言っても、今年はホテイアオイが多くて葉っぱ被り放題なのが悩ましかった
行った時間が遅かったので、パホーマンス狙いは出来なかったが、今年もホテイさんが絡むタマシギ親子蛾撮れた

280910_5.jpg

280910_6.jpg

280910_7.jpg

280910_8.jpg

280910_9.jpg

280910_10.jpg
このページのトップへ

サンコウチョウ

朝一にコウライウグイスのビッグニースが入った
およよで調べたら午後からでもなんとかなりそうな所だった
なかなか臆病で手強いと聞いて迷っていたら、昼前にまだ見つからないとのメールが届き諦めた
せっかくその気になったんだし何の情報もなかったがお城に行ってみた
午後から鳥撮りに行ってもで、マイコさんに遊んでもらうつもりで400mmと250mmを持って出た
市民の森の入り口で若き女性と会い、お城はあまり知らないと言うので、先輩風を吹かせてここが市民の森で、奥に水場が有ってと、にわかボランティアガイドに変身し、音楽堂裏から桜広場へと案内を進めてやっとカメラマン数名と出会った
サンコウチョウ♂だったがこれが手強い
他にさしたる鳥はいないようなので、何とかブログネタに1枚撮ってと頑張るも暗くてまともに撮らせてもらえなかった
諦めムードでだれた時にお助け神さんがやって来た
流石目利きさんで1発で撮っているがおいらにゃ見えない
3、4人がっやとのピンポインとで長くくつろいでくれて、お助け神さんに場所を譲ってもらって何とか撮れた

280909_1.jpg

これでもええねんけどね

280909_2.jpg

が、後で聞けばエンジェルポーズ2回、伸び伸び2回の大サービスだったとか
おいらは遅れて参戦のためやっと最後の伸びを撮っただけで、これがまたなんじゃこりゃ
顔が葉っぱに被って見えないってやつで、気の毒を絵に描いて、泥靴で踏まれたような気分で泣けそう

280909_3.jpg

なーしてお主こで伸び伸びせえへんのんじゃ

280909_4.jpg

狙いはマイコアカネだと気を取り直して人工川のポイントに行った
中々見つからずに焦ったがやっと♂1頭が相手してくれた
お主だけじゃ、ちこう寄っても逃げへんのは
愛いやつじゃの~う

280909_5.jpg
このページのトップへ

今日もまた

ホトトギスが出たと聞いて、ちいと気張って弁当持って千里の道を走った
残念ながらいるのやらいないのやら出会いは無かった
見えぬ鳥は撮れないのでありまして、まだ赤色ツツドリが滞在中とあって参戦した
今日は作戦変更で目利きさんの大先輩の背後霊やった
その大先輩に止めたのと違うのか、と言われてもうたがな
そうなんです、止めたのを止めて頑張りましたケッケッケ
作戦的中で、約2時間で6度の出会いがありましたが、抜けるポイントが限定され、この鳥は難しいのには変わりありませんでした
ボヤキ倒しは皆さんご存知で、こっちこっちとポインを譲ってもらって、あそこだあっちだと親切に教えてもらえて何とか撮れました
欲を言えば限がなく我が目ではこんなもんと納得です

  鳥撮りや 上手も下手も にこやかに

今日も楽しく鳥撮りが出来ありがとうございました


280906_1.jpg

280906_2.jpg

280906_3.jpg

280906_4.jpg

280906_5.jpg


このページのトップへ

浜巡り

香枦園浜に寄ってみたが、夏羽に換わりつつあるユリカモメと、茶色いカモメがいただけでシギチは1羽も確認出来なかった
ミサゴが上空を舞ったがすぐに西宮港方面に消えて、しばらくしたら帰って来たが、対岸の高い所を飛んで芦屋浜の方に見えなくなった


280905_1.jpg

    今日もまた 我と遊びし  イソシギよ

      友はおらぬか 淋しかないか


外科、眼科、産婦人科にゃ用はねえ
おいらも一人だ淋しいぜ

280905_2.jpg

こんな日に浜に行くバカは誰もおりませぬ
にゃろめ~、イソシギもシギチじゃ


 280905_3.jpg
このページのトップへ

淋しかった甲子園浜

薄曇り、風は有れど蒸し暑く、カメラマンは3人のみ
土曜日とあって東屋の前から西は家族連れで賑わっていた
鳥友さんも来ていたが、コアジサシの他は何にもいないと早々に引き揚げたようだ
何かブログネタ撮らねばで頑張ったが、いかせんおらぬ鳥は撮れませぬ
台風を予知したシギチがわんさかの目論みも、世の中そうは甘くなかった
ササゴイが近くを飛んだが絞り設定ミスで真っ黒け
何時でものイソシギが坊主逃れとなった
甲子園浜は午後からは逆光でどもならんが、何でも撮ってネタ揃えてごんざります
本間、鳥撮りって難しいなあ

280903_1.jpg

飛んでくれたは良いが何処にイソシギはおるんじゃ
30%カットで何とか分かるかなあ

280903_2.jpg

帰り際にブログネタに遠い遠いコアジサシ撮った
数えたわけじゃごんざりませんが、鳥友さんよれば100羽以上だとか

280903_3.jpg

遠い遠いミサゴが飛んでくれたが逆光は如何ともしがたし

280903_4.jpg

コアジサシのてんやわんやも証拠写真の連発でお終い
中にアジサシが混じってたかもですが、なんせ目が悪く確認出来ませんでした


280903_5.jpg

このページのトップへ

恋すれど 想い叶わず

今日こそはの想いを胸に千里南に10時半頃着いた
既に遅かった
これ以上早くには行けない

11時前の我がファースショット
確認してから約五分のロングタイムもこんなもん

 君ゆえに 千里万里も いとわねど 

   何故につれない 赤いツツドリ


280902_1.jpg

2度目のお出ましが約10分後で、何やねんねん残念ねん
こんなことになるか~
次こそはに期待を込めて気を取り直す

 君何故に 我につれなく 瞳を隠す

  君の瞳に 惚れにしものを
 

280902_3.jpg

ところ~が、3度目のお出ましは約1時間後でこれだった
その後は16時半まで1度もお目にかかれず
もう泣くしかねえ

  追えば逃げ  逃げれば追いし  恋心

   色良い沙汰の  なきぞ哀しき

280902_2.jpg

深草少将は小野小町に恋をして、 小町が私の元へ百日間通い続けたら結婚しようと言い、九十九夜通ったが雪の降る日で、雪に埋まり凍死したそうな
恋し恋しと通いはしたが、ツツドリに命を賭ける気は毛頭ござりませぬ
3日でギブアップです

(キビタキ♀)

こんな愛想の良いのもいてるのになあ

280902_4.jpg

280902_5.jpg
このページのトップへ

リベンジならず

のんびりごろ寝でテレビを見ていたら、ツツドリが3羽出たとメールがあった
地主さんにメールすると赤いのがいるとの返信
慌てて用意して出ても昼過ぎてしまうがな
ボンドで留めといて、とメールして走ったが、どうにもこうにもなりゃせんが

 1分が 天国地獄 別れ時

   撮り放題が 撮れん放題


無情にも地主さんいわく
あら遅かったのね~
今さっきボンドが解けてツツドリ飛んでったわよ
丘を走って来たら間に有ったのに、と言われてもうたがな
30日に上へ下へと人間モトクロスやって、まだフクラハギに身が入って思うように動けませんねん
次ぎなるお出ましでなんとか撮ったが葉っぱが被ってこんなもん
赤ツツが恥かしがってどうすんねん
こんな画像貼張って、おいらの方が恥かしいんじゃ~

280901_1.jpg

  ツツ撮れず 蝶々撮って 超みじめ

綺麗なキアゲハでしたが、なんぼ綺麗でもねえ
蜻蛉、蝶も副業でやりはしていますが、やっぱり本業の仕入れで店先を賑わわせたかったのになあ

280901_2.jpg

店主目が悪く、4時間で仕入れたツツドリは、上のとこれの2品だけでありました
本間情け無いわ
長年鳥撮りやっていればこんな日も有るさ
めげずに元気出していきまっしょ

280901_3.jpg
このページのトップへ

平成28年8月の鳥撮り

猛暑続きで電車、バスの鳥撮りは厳しい物がありました
そんな中で遠いと敬遠していた稲美町が、JR西加古川駅から自転車借りれば1時間程と分かって探鳥範囲が広がった
池だらけと言って良い稲美町に冬の水鳥で期待しています

8月は、端境期で鳥種は少なかった割に充実した一か月となりました
ご協力頂いた皆様にこの場を借りてお礼申しあげます


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する