我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

撮り鉄

今日も弁当持って嫁さんサービスでした
ひょっと鳥が出たらと400mm持って行きましたが、出すのもめんどくさいモズ♀でした
花撮りのクールピクス50倍で撮ったのであります

281031_4.jpg

クールピクスで鳥撮りは初めてで、曇天空抜け50倍手持ちはブレブレで、羽繕いのサービスがあったのに何ともならじ
止まり物しか手におえません

281031z5.jpg

550万本が売りの尼崎市のコスモス園で新幹線の撮り鉄やりました
武庫川左岸新幹線橋梁上流の河川敷で、臨時駐車場も有ります
見頃は11月中旬頃まで

d001.jpg

彼岸花絡みの新幹線はやったことが有りますが、コスモス絡みは初めてで、三脚も持たず、時刻表も調べずではねえ
弁当食べながら新幹線が通過すると、250mm連写のズボラ画報です

281031_1.jpg

撮り鉄さんは10人ほどで、キバナコスモス絡みが人気のようでした

281031_3.jpg

何でもドアップすりゃあええってもんでもなさそうで、こんな程度でどうじゃろか

281031_2.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

翼撮り

またにはこんなんも良いだろう
お城も菊水山も気になるが、行けば必ず撮れる鉄鳥撮りに行ってきた
川崎重工創立120周年記念でポートターミナル・大ホールで飛燕の特別展示が11月3日まで開催されている
えらい人に驚いた
日曜日の昼飯前と言うのがあるだろうが、戦闘機にこんなに人が集まるか
しかも若い年代が多かった

281030_1.jpg

魂胆があって嫁さんの運動不足解消名目で南公園まで行って弁当を食べた
小さな池に何故か一羽だけオシドリ♂が今年もやって来た
昨年のユーチューブにアップされているのでおそらく同じ個体だろうが、何故に単独行動なのか
苛めに遭って逃げて来たのか?
カルガモ2羽と何時も一緒でなかなかオシドリだけ1羽が撮れず、結局夕方4時頃まで遊んで相楽園は飛んでしまった
相楽園の菊花展は11月16日まで有るのでまた出直せばええやろう

281030_2.jpg

281030_3.jpg

281030_4.jpg

281030_5.jpg




このページのトップへ

悩ましい天気に

やり残したペンキ塗りを午前中に片付け、嫁さんと散歩で昆陽池に寄ったら、常連さんがクロツグミとマミチャジナイが水を飲みに来ると頑張っていたので、昼飯を食って久しぶりに昆陽池に行ってみた
後ろの池の奥にカワセミが来たが、暗い、遠い、ズボラかまして400mmでは豆粒
坊主逃れに撮ったが、ザラザラで目も出ない証拠写真がやっとだった
結局2時間待っても何にもやって来ずタイムアップ
熱心に通っている人はなりにご褒美にありつけているようだが、散歩の人が多く撮れ具合は不明です

a006.jpg

淋しすぎるで副業のバラ見て下さい




このページのトップへ

ノビタキ

鳥撮り日和のこんな日に何の因果でペンキ塗り
日ごろのサボリの付けが回って来た
ベランダのペンキ塗りいつおわるのよ、きついお言葉でありました
直ぐやります、で午前中ペンキ塗り
雲1つない好天に誘われて久しぶりに副業の仕入れに、そろそろ盛期のはずのリンドウ、ウメバチソ、センブリを探して宝塚北部の里山を走ってみた
センブリはまだ早かったのか、個体数そのものが少ないのか2株見つけれただけで、ウメバチソウは正に盛期の大乱舞だった
リンドウを探しに西谷の森公園に向かったら定休日だった
ありら~で田んぼ道を走っていたらノビタキがいた
3羽確認したがこれが超手ごわかった
30m以内には寄れず豆粒をトリミングしてこんなもん

遠いすぎて留まった植物不明
アキノノゲシノビ(と思う)

281024_2.jpg

オクラノビも花が無く豆粒

281024_1.jpg

アワノビがトンボウのおまけつきでなんとかなった
恋する時とお食事時は野鳥も人も同じよ
警戒が解け20m位まで寄れた

281024_3.jpg

(本日の野草)

<ウメバチソウ(梅鉢草)>

繁殖力旺盛で有る所では大群生している

花の大きさ 約2cm

花期 10月下旬から11月中旬

281024_4.jpg

<センブリ(千振)>

分布 北海道西南部、本州、四国、九州

花期 8月~11月

花の大きさ 約1cm

胃腸病に利くとされて、開花期の全草を乾燥させ、煎じてまたは粉末にして飲む
千回降り出してもまだ苦いことからの命名で、子供の頃飲まされた経験があるお方もいてるのでは

281024_5a.jpg


,おまけ

このページのトップへ

今日の土産は盛りだくさん

昨日の足跡なぞりつつ

飛騨の森は静かなり

梅林寄ればジョウビタキ

神社裏に直進す

今日の土産は盛りだくさん

神社裏でムギマキ♀、ノゴマ♂、ジョウビタキ♀、シロハラ、キビタキ♀の5種撮り、桜広場でキビタキ♂2羽
楽ちん撮影であったが、聞けば午前中に旧ヘリポート跡でムギマキ撮り放題だったとか
聞きとうねえ、で♂若やら♀やらは確認しなかった
まあ直行が間違いではなかっただけに良しとしよう
それにしてもポイントはきっちりチャックすべし
一寸の労をサボルとこう言うことになるんよなあ


281023_1.jpg

281023_2.jpg

281023_3.jpg

281023_4.jpg

281023_5.jpg

281023_8.jpg

281023_6.jpg

281023_7.jpg

このページのトップへ

今日の土産はノゴマ♂

今日も飛騨の森で昼飯食って、昨日と同じコースを回った
弁当食べている約30分ほどの間に、カラス、ヒヨ、キビタキ♀?だけで、スズメを見なかったのが不思議だった
ジョウビタキ♂は滞在中とのことだったが短時間ゆえ確認出来なかった
梅林はカメラマンもおらずでスルー、神社裏に20人ほど固まっていた
昨日と同じ個体のようだが、ムギマキ♀狙いのカメラマン3分の2、ノゴマ♂に3分の1で、ノゴマ撮りながらムギマキ♀に参戦した
そのムギマキ♀は昨日よりもっと条件が悪く、端から勝負にならず白旗振って、他のポイントの様子観察でうろきょろしてみた

281022_1.jpg

新種のノゴマかと思ったが、そんな訳ねえよな
仲間内の喧嘩で腹の毛を抜かれたか?
元気なので問題は無いだろう

281022_2.jpg

混群の水浴びが有ったが、SS上がらず全部ブレブレ
ノゴマ絡みが何とか残せた

281022_3.jpg

281022_4.jpg

281022_5.jpg

修道館横、日本庭園、貯水池と回って、貯水池でコマドリの♀が観察されたとのことで粘ってみたが、キビタキ♀のみと淋しく、有料ゾーンに足を向ける気にはなれなかった

281022_6.jpg

今日も土産を持って帰れて、良かった、良かった
このページのトップへ

夏されば秋来る

昨日は一切ほったらかして朝駆け1日放し飼いで、嫁さんにはすまぬことだった
その埋め合わせでお城にピクニック気分で行ってきた
高血圧で散歩中一歩も動けなくなりへたりこんで、以後一人では何処へも行かなくなり、誘い出さない限り家から一歩も出ない
で、運動不足もはなはなだしく、お城は鳥撮りは出来るし運動不足解消の一石二鳥で、まことに都合良い所なのであります
飛騨の森で弁当食べようと青屋門を潜ると、目の前をお馴染みさんが自転車で梅園方向に必死こいて消えて行った
これは何か有るなと、方向変更で梅園に行くもジョウビタキだった
お馴染みさんは見当たらず神社裏か西の丸だろうと、腹が減っては戦は出来ぬで、桜広場で弁当食べて神社裏に行ったら20人ほど固まっていた
ムギマキ♀とのこで参戦する
何とか撮りはしたが高い、絞り調整が難しくほとんどが真っ白、真っ黒で、色が出ずフォフトでなぶっても亡霊の様な画像ばかりだった
今季お初と言って良いムギマキゆえ成果ありとしとこう

281021_1.jpg

281021_2.jpg

281021_3.jpg

キビタキ♀の他には何もいないようなので、飛騨の森のジョウビタキ♂を撮りに行った

  お初ゆえ 必死こき撮る ジョウビタキ

ジョウビタキは何時でも撮れる普通種で、気が付けばシーズンが終わっていた、てなことになり易い鳥である
なんであれシーズンお初はきっちり撮っておかないと、と思って追っかけたがいざ狙うとなると想うようにいかないのが鳥撮りだ

281021_4.jpg

帰りのついでに寄った梅園桜広場下のジョウビタキ♂
午後4時前で暗くてこれもしっくり来ない画像ばかりだった
嫁さんは何を見ても可愛い、可愛いを連発で、やれやれってな1日でした
いよいよ夏鳥も少なくなって淋しくなるなあ

281021_5.jpg
このページのトップへ

散々だった菊水山

もうブログ書くの嫌だ~、と言うくらい惨敗でした
昨日は出たそうだ
出た出たの翌日は出ん出ん虫、無視するのがええんだがそれが出来ん
第一ポイントでムギマキ若は2羽と聞いたが目が悪くて撮れるのはキビ♀ばかり
20~30分間隔でやって来たのにやっと見つけれたが枝被り
午後2時頃に暗くてSS上がらず諦めた

お恥ずかしながらの唯一がこれじゃなあ
若しかおらんかったってことで

281019_1.jpg

例年25日ごろから月末が頃合いのはずで、今年は何や早いように思う
実はまだ緑のが目につきこれじゃ熟れきらない内に通過してしまいそうだ

281019_2.jpg


淋し過ぎるのでデジブック貼って起きます
このページのトップへ

コサギ

コサギを狙って撮ったわけじゃごんざりませぬ
ムギマキに行こうと思ったら、起きたら大雨で諦めた
10時頃になるとピーカンの好天になった
なんじゃい、これなら行けるじゃんと思ったら、嫁さんから待ったがかかった
そうこうしていると、今にも降りそうな曇天となって行かなくて良かった
変な天気でのんびりしていたら、鳥友さんから綺麗なキセキレイが出ていたとメールで知らせてくれて、夕方ひょっとしたら夕焼けが出るかもで武庫川に行ってみた
気になったか鳥友さんがわざわざ助っ人に来てくれて2人で探したが、いてるにはいてたが散歩の人が多くてまったく落ち着きがなく、夕方でもありSSも上がらず失敗した
転んでもタダ起きん怒
コサギの飾り羽が有るのがいたので夕焼けが出るまで狙ってみた
と言うことでついでのコサギです

こんな流れのきつい所でも魚が見えるんやね

281017_1.jpg

ダイサギが魚を見つけて構えたら、それを見てコサギも参戦だったが

281017_2.jpg

ダイサギの勝ち~~~

281017_3.jpg

ええも~ん、おいらだってちゃんと捕れたも~ん

281017_4.jpg

毎日狙ってないと綺麗な夕焼けには出会えないもので、期待の夕焼けもこんなもん
指慰めの1時間ちょいでした

281017_5.jpg

このページのトップへ

アメリカヒドリ

日曜日のお城はこのところのお祭りで、午後1時頃に行ってもまともに撮れないだろうし、何処へ行こうかと迷ったが、やっぱり困った時のお城と決めて、用意して家を出るなり鳥友さんから武庫川にアメリカヒドリ♂が1羽入っていると知らせがあった
爆発の翌日は何にもおらんてなことだと電車賃がもったいない
3日もノジコがおるわけねえだろうとUターンして武庫川へ
年々家計が苦しくなって、月曜日の10%引き特価で1週間分買いだめしても、やっとこさ千円の節約にしかならない
往復千円の電車賃を考えるようになった
厳しいなあ
淋しいなあ
でもって、アメリカヒドリ撮れました
2時間くらい遊んでくれたが、突然他のヒドリガモと飛んで行くへ不明となった
上流、下流と鳥友さんが自転車で探してくれたがみつからず、たった半日の滞在だたのか?
さほど珍しい鳥でもなく、毎年入る所には入っているが、今季お初の冬鳥ゆえ嬉しさは一入だった
バタバタ、エンジェルポーズが撮れなかったのが残念だが、先があることだしまた帰って来ることも有るので、次回のチャンスに期待しよう
もう冬鳥なんゃねえ
流れに乗って何やら流れてきた物をたべているようで、右向くか左に向くか、変わり映えしないポーズばかりだったが、相変わらずの苦手の飛び物が撮れて良かった

281016_1.jpg

281016_2.jpg

281016_3.jpg

281016_4.jpg

281016_5.jpg



このページのトップへ

ノビタキ三昧

本日は誠に気持ち良い鳥撮り日和でしたが、何の因果か日ごろのサボリの付けが回ってきて大掃除日和となってしまった
キマユキビタキだムギマキだとビッグニュースに気もそぞろで、ちゃっちゃと片付けて午後からと目論んでいたが、急に寒くなって夏物と冬物入れ替えてよとの追加注文でおよよの挙句、ついでにベランダのペンキ塗りもお願いねときたもんだ
あえなくつもりはつもりで終わっちゃったわ
でもって本日のブログネタは在庫処分とあいなりましてごんざりまする

ノビタキ三昧見て下さい


このページのトップへ

ノビタキの梯子

コスモス満開、ダリヤ満開、ウドも咲いたよ~
ノビタキ入ったの知らせあり
お待ち申し上げていました、ノビたん殿
それ~てなもんで嫁さんほったらかして、久しぶりの一日放し飼いでありました
先ずは三田のコスモス畑
ここは一般解放ゆえ花見、花撮りさんが畦に入ります
午前中勝負で早い方が良い
ノビタキは何処とも遠くここも例外ではない
パホーマンス狙う時間が無く、ちゃちゃと切り上げて一走りで宝塚のダリヤ園だ
野草探しでウメバチソウとリンドウが咲いていた

281014_1.jpg

281014_2.jpg

10時頃に着いたら誰もいない
山の方から4、5羽が入ら数分したら全部山の方え飛び.30分ほどしたらわ~と入りの繰り返し
一日粘れば近くに寄ってくるのだろうが、ここも午後1時頃切り上げ西谷の森公園に転進した

281014_3.jpg

281014_4.jpg

ウドノビ狙いで三田に転進したのは既に午後4時を回っていた
ノビタキは5、6羽確認出来たが、ウド畑が川筋よりかなり遠くなって、周りの田んぼは既に刈り取りが住んでノビタキは寄り付きそうにない
今年のウドノビはあきらめだ
時間が遅くて色が出なかったがアワノビ撮って夕日を背中に家路へとついた

281014_5.jpg

本日の野草

撮影 平成28年10月14日 兵庫県立西谷の森公園

(ウメバチソウ)

分布 北海道~九州

花期 9~10月

花の大きさ 約2cm

281014_7.jpg

(リンドウ)

分布 本州、四国、九州

花期 9月下旬~10月中旬

花のお気さ 約3sm

281014_8.jpg
このページのトップへ

クロツグミに遊ばれノゴマに遊んでもらった

【“クロツグミに遊ばれノゴマに遊んでもらった”の続きを読む】
このページのトップへ

大賑わいのお城

朝一にお城にコウライウグイス飛来の知らせが有った
浮き足だったが直ぐには動けない身が嘆かわしい
済ますことは済ませて、聞いたポイントに着いたのは11時頃になってしまった
誰もおらんがな
お城のコウライウグイスは抜け足が速いと聞き及んでいたので、やっぱりなあとがっくりきた
ひょっとしてと飛騨の森に回ってみると、常連さんは車座で歓談中
がっくりこん
お陰で行く先々コウライウグイス流れのカメラマンで賑わう皮肉な1日となり、カメラマンが増えれば情報量も増えおいらにゃかえって好都合だった
お馴染みさんの貯水池東にノゴマ♂が入っているが手強いとの話で、とりあえず水場で10人ほどかたまっていたので混ぜてもっらったが、ヤブサメがツツジの株の中からちょろちょろ出て来るがSS上がらず、手持ちではピンボケのオンパレードで、ブログネタに1枚残しただけだった
ズボラはあかんねえ

281010_1.jpg

桜広場でキビ♂と聞いて行ったら、オオルリ♂(若)だった
若はこの時期だけのものゆえ、これはこれで良かったがなんや変な画像になってしまった

281010_2.jpg

配水池のノゴマ♂の出が良くなったと聞いて参戦したが、ここに入るとなかなか難しい
出た!、ひこんだ、早や~、の繰り返し
今季お初ゆえ1時間ほど頑張って、ノゴマが落ち着いてきて何とか絵になるシーンが撮れた

281010_3.jpg

キビタキ♂探しに西の丸に入ってみたが、何にも見つけれずあえなく30分ほどで退散
諦めて帰りかけたら桜広場に4、5 人かたまっていた
お助け神の大将さんがいてるじゃあ~りませんか
聞けばキビ♂、♀がいるとのことで俄然やる気が起きた
直ぐに大将さんがキビ♂を見つけてくれた
これがまた一騒動やらかしてやっと何とか物になった
目の前におるのに見えへんのやからなあ

281010_4.jpg

もたもたしているおいらのために固まってくれた愛いキビ♂にやっとこさ今季お初が撮れた

281010_5.jpg

もうひと方目利きさんがいてくれて、50m?ほど離れた草の上のノビタキを見つけてくれた
よくあんなとこのノビタキが見えるもんだと、ただタダ感心するばかりである
これも大将さんがここから撮れと場所を譲ってくれて撮れた
おおきにおおきに
お城のノビタキはお初となり、これも嬉しい成果でした
東西線で帰っていたらこの出会いは無かったことゆえ、不思議な運を思わずにはおれない

281010_6.jpg



このページのトップへ

ノゴマ♀

つらつら考えるに今季キビタキの♂が撮れていない
何時でもの想いは有るが、何時でも行けるわけもなく、半月やそこいらはあっと言う間に過ぎ渡りが終わってしまうがな
キビタキの♂を撮ったからってどうってことではないが、このまま撮れずでは淋しすぎる
今日はキビタキ♂1本絞りでお城に行った
12時半頃から定番通り歩を進めたが、市民の森0人、音楽堂裏0人、桜広場で女性カメラマン1人、こりゃ錆びた缶や
あかんで
とりあえず状況を聞くと、下でキビタキ♂が飛んでいるとのこと
よっしゃ頑張ろうと気合が入ったが、修道館裏でノゴマ♀が出てますよと言う
よよよ、♀と言えども大好きな鳥ゆえ、1本絞りは何処へやらで修道館裏に急いだ
もうノゴマの声が聞こえる時期になったんやなあ
時の移ろいげに速し

281009_1_20161009232250d15.jpg

281009_2_20161009232253253.jpg

281009_3_20161009232253a79.jpg

ノゴマ♀に追い散らされてもまた帰ってくるキビタキ♀、したたかでないと生きて行けんのがこの世界やもんな

281009_4.jpg

今日のお城は淋しかったが、キビタキ♀は行く先々で相手してくれた
そや、キビ♂やで桜広場に戻ったが誰もいません、旧ヘリポート側でキビ♂が鳴いていたので、柵から身を乗り出した途端飛んで行くへ不明
嬉しいような悲しいような本日でありました

281009_5_201610092322555aa.jpg
このページのトップへ

アオゲラ

未だだろうと思っていたら、アオゲラが出だしたと鳥友さんからメールが有った
天気予報では夕方から雨と有り、空はどんよりと鉛で覆ったような一面の雲だが、甲山はくっきり見えていたので降るまで勝負と六甲山を越えた
9時前に着いたが既に受付していた
気負い混んで行ったものの肝心のアオゲラの出はすこぶる悪く、9時半頃ヒヤカシ、10時頃実を食べたが葉っぱ被りで頭しか見えない
午後1時までに都合ヒヤカシ3回実を食べたのは2度だったが、同じ実を食べたのでまったく手に負えなかった
泣きが入り出した午後1時半頃から2時前までに動きが有って、何とかめでたしとはなったが、実がまだ完全に熟してないのと、実そのものが少ないのが気がかりだ

281008_1.jpg

281008_2.jpg

281008_3.jpg

なんや消化不良で箕谷までノビタキを探しに走った
2羽いたがすこぶる愛想が悪く、稲架(はさ)ノビ狙いだったが、時間が無くただ撮っただけに終った
アオゲラもノビタキも想うように撮れれば祝杯物だったが、雨に遭わずに無事帰還出来ただけで喜ばんならんわなあ

281008_4.jpg

本日の花

(スズサイコ)

分布 北海道、本州、四国、九州

準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト) 兵庫県RDB 絶滅危惧Cランク

花期 6~7月頃

撮影 平成28年10月8日 神戸市北区(図鑑通りにはいかんものだ)

281008_5.jpg
このページのトップへ

ノビタキ

三田(ウドノビ、コスノビ)も宝塚(ダリアノビ)も花は頃合いなんだが、ノビタキは1羽も確認出来ず、やっぱり今日も河川敷のノビタキでごんざりまする

281007_1.jpg

281007_2.jpg

281007_3.jpg

281007_4.jpg

♪ 金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃやっぱりノビ欲しい

良い具合に咲いていたんですがねえ
今年は諦めかな?

281007_5.jpg
このページのトップへ

久しぶりの大阪城公園

今季まだオオルリもキビタキも撮れていない
ならば大阪城公園でしょう
どっこいそうは簡単では無かった
昼前に市民の森から回った
出会ったカメラマンは、市民の森1人、音楽堂裏0人、桜広場↑↓合わせ20人ほど、神社裏3人、西の丸20人ほど
桜広場と西の丸は被っている人も多く全体的に淋しいお城だった
鳥はいるんだが出が悪かった
桜広場で、コサメビタキ、オオルリ♀(と思う)、キビタキ♀、センダイムシクイ、西の丸で、エゾビタキ、オオルシ♂、何とも悩ましいツツドリ
キビタキ♂は桜広場、貯水池東、飛騨の森で撮影されていたが、おいらにゃ愛想が悪く見ただけでシャッター押せなかった
五目撮り+1では有ったが、何とも喜んではおれない結果でした

コサメビタキは梅園によく飛び出して来たが、ちょっと追うと暗い常緑樹の中に逃げ込んで、臆病なやっちゃった

281006_1.jpg

西の丸のエゾビタキは愛想の良いやつでした

281006_2エゾビタキ

ちょこまか動き回って苦手な鳥で覚える気が無い
ナンチャラムシクと言っていたらお隣さんが、センダイムシクイですよと教えてくれた
本間、世話の焼けるやっちゃ

281006_3センダイムシクイ

オオルリ♂の出もすこぶる悪く留まった所がまたぐちゃごちゃ
これでも今季お初じゃけんまあええっか

281006_4オオルリ♂

これってキビタキ♀じゃないよねえ?

281006_5オオルリ♀?

キビタキ♀

281006_6キビタキ♀

参戦が遅すぎた
1発で飛ばれて行くへ不明でこれがやっと
何とも悩ましい葉っぱじゃ

281006_7ツツドリ
このページのトップへ

平成28年9月の鳥撮り

9月の鳥撮りは、私的事情と天候不順で低調であった
そんな中で、千里のお馴染みさんのお陰で赤色タイプのツツドリが撮れたことは特筆すべき成果となった
もう何年前になるか忘れたが、長居公園で師匠が見つけてくれて初撮りした画像を飛ばしてしまって悔やまれた
それ以来お城で何度か観察情報は有ったが、早朝8時には行方不明になる忙しい鳥で、毎度遅い登城ゆえ1度も撮れず終いだっただけに嬉しい
夏鳥の渡りも本格化して、早く安定した秋らしい天気を期待し、明日は何処へ行って何を撮ろうか

このページのトップへ

クロハラアジサシ

50も60もが飛び回っていたらしいが、飛び物下手で、天候も不順で、稲美まで行って撮れなんだら電車賃がもったいないとパスしていた
ブログで鳥の数が減ってカメラマンも減ったとあったが、抜けたとの記述は無かった
名前すら知らなかった鳥ゆえチャレンジしてみる気になって稲美町に行って来た
経の池に着いたのは昼前で、カメラマンは誰もおらなんだ
ありゃ~抜けたか?、と思う間もなく目の前をアジサシが飛びまくっていた
鳥友さんのブログで画像は見ているのでクロハラアジサシに間違いなしだった
見つける苦労がなくやれやれだったが、これがなかなか上手く撮れない
下手な鉄砲作戦で打って打って打ちまくりの700枚
、ハジロクロハラアジサシが混じっているとのことだが、人がクロハラアジサシと言うからクロハラアジサシ撮ってると思っているおいらにゃ到底見分けは付かんで、600mm手持ちで1時間半振り回して疲れて、ハジロクロハラアジサシ探しは諦めて午後2時にはギブアップした
数は減ったらしいが、島の木に留まって休んでいるのが10数羽いたので、全体では30羽は越えていたと思う

281004_1.jpg

281004_2.jpg

281004_3.jpg

281004_4.jpg

281004_5.jpg

281004_6.jpg

東加古川に着いたのが午後3時前で、半端な時間にまた貧乏性が頭をもたげた
干潟の鳥なんて1時間も有れば撮れるだろうと加古川の河口に寄ってみた
カメラマンも鳥もおりませ~ん
潮は引き潮で直ぐに干潟に渡れた
何や小さな鳥が走って逃げたのを双眼鏡で見るとシロチドリが3羽いた
シロチゴリだけでもいてただけでましと、自分を慰めて帰ろうとしたらミサゴが飛び込んだ
300mは有ろうかと言う遠い所だったが、飛び上がってこっちに向かってどんどん近づき、真上を山に向かって飛んで行って見えなくなった
魚が小さいが文句は言うまい

281004_7.jpg

このページのトップへ

ノビタキ

5連敗免れて、3連勝と鼻息荒いが、つらつら思うに、2連勝は何ぼ撮っても同じの棒ノビと草ノビだらけなんよ
今日こそはの想いで、弁当と何時にない三脚を持って河川敷に行った
なんと、昨日4羽いたのに今日は1羽になっていた
おるだけましと気を取り直して、三脚構えるも棒に留まって何を考えているのか動こうとしない
陽はギンギン照りつけて少々の川風なんてな生暖かいだけで汗が噴き出る
切れそうになるがそんな時に地べたにひょいと飛び降り虫を咥える
ピント合わせる間が無いが、咥え損ねてきょろきょろを何とか切り取った

281002_1.jpg

何撮ってんねん、ワレ
眼飛ばされた

281002_2.jpg

何としてもの想いが通じたのか、初めてサービスしてくれた

念ずれば花開く (坂村真民)

 念ずれば

 花ひらく

 苦しいとき

 母がいつも口にしていた

 このことばを

 わたしもいつのころからか

 となえるようになった

 そうしてそのたび

 わたしの花がふしぎと

 ひとつひとつ

 ひらいていった


伸びノビ、羽もひらていった

281002_4.jpg

棒ノビ

281002_5.jpg

草ノビ

281002_3.jpg
このページのトップへ

早くも10月ですねえ

だからってどうってことは無いんですが、何時まで続くのかこの天候不順
野菜の高騰がニュースになり出し困ったもんだ
値段表示は何時もと変われなく???
量目が半分になってるんだって
おっちょこちょいのおいらはつい手を出してしまう
食料品の買い出しはおいらの唯一のお仕事ゆえ、午前中に買い出しを終えてから、さてとなる
買い出し中に雨になり今日もダメかと思ったら、買い物を終えたら薄日が射していた
これなら行けると武庫川に行って見た
川原でチョウが沢山飛んでいたのでちょっと浮気して追っかけてみた
モンシロチョウ、キタキチョウ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、ヤマトシンジミ、ウラナミシジミと普通種だが花絡みを撮って遊んだ
武庫川にもアサギマダラが飛んで来るらしく、マーキングをしている人もいた
散歩のおばちゃんが何を撮っているのと話しかけてくる
どうせ暇だし散歩に付き合って、暫しうだ話ししながら蝶を探す
ウラギンシジミが飛んだのでおばちゃんと別れて追っかけたが、なかなか留まってくれず見失ったのを機にノビタキ撮りに切り替えた
昨日半端に終えたノビタキポイントに行ったら4羽に増えていた
あっちこっち飛び回って撮りにくい距離がが有る
追っかけるのもしんどいので、昨日と同じ場所でM作戦で3時間暇つぶしした
飛び物が撮れんのが辛いが、じっとしていたら向うから寄ってきてくれて近くで撮れることもあった

281001_1.jpg

281001_2.jpg

281001_3.jpg

281001_4.jpg

281001_5.jpg

本日の蝶

(ナラナミシジミ)

分布 日本では北海道南部以南で広く見られる

出現時期 7~10月

•大きさ (前翅長)13-18mm

沢山飛んでいた

281001_7.jpg



このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する