我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

平成28年鳥撮り納め

水を抜かれた池なんか興味ないとパスしていたが、見る人は見ているんですねえ
鳥友さんからオジロトウネンらしいのが入っているので確認して欲しいと連絡があった(お初だそうだった)
おいらだってシギチはヨチヨチ歩きどころかハイハイ状態だが、久米田池で撮ったばかりゆえなんとかなるだろうと、安請け合いではいはいと行って見た
何や土手の水際でちょこまか動く鳥が見えたが、遠い過ぎて確認できない
買い物ついでで双眼鏡持っていかなかったので、飛んで来るまで待つ時間がなく、買い物を済まして再度寄ったらコチドリとイカルチドリが手前の水際でちょこまか動いていた

(コチドリ)

281230_1.jpg

(イカルチドリ)

281230_2.jpg

(オジロトウネン?)

鳥友さんに電話で確認したらオジロトウネンらしいのと5、6羽いたとのことで、しばらく様子を見ていたら土手の方から3羽飛んで来た

281230_4.jpg

何だったんだい久米田池は、二時間半もかけて電車代使って行ったのに、原チャで五分の池で撮れたがな
撮りたい撮りたいでやっと撮ったら、近くでも撮れたってことはよくあることで、愚痴っても仕方ないことよね
ところが、3羽3様でこれが悩ましい
図鑑ではこのタタイプがヒットした

281230_6.jpg

僅かに白い眉班があるが、ブログでは個体差が有りオジロトウネンとあった

281230_3.jpg

ヨローッパトウネン?

上の個体より眉班が目の後ろまで延びている

281230_5.jpg

これに頭こんがらかっています
シギチはこれだから難しいのよ
シギチに詳しい方ご指導よろしくお願いいたします
それにしてもこんな小さな鳥を見つけてくれた鳥友さんに感謝です
かくて平成28年鳥撮りは、思わぬ鳥で収めることが出来ました


281230_7.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

ボロボロや

※ 昨日のネタです

西も東も賑わっているだろうに、病み上がりで無理は禁物ゆえ昨日は武田尾に走った
大雨の翌日で地道はぬかるんで、タイヤを取られて何度もこけそうになった
思えばここでクールピクスを首にぶら下げたまま後輪が滑って、土手でもないのにドテりんこク~
運悪く小石にレンズがぶつかりアッパラパ~
分かっていてズボラかましたトガで高い物についたわ
武田尾は縁起が悪いのにベニマシコ狙いで行ったが、結果は坊主逃れのエナガ撮っただけだった
京都からわざわざカヤクグリが撮りたいとお越しの方がいた
滅多にしない名刺交換をしたが、お相手さんは名刺を持たずで、Cメールで名前と電話番号を教えて頂いた
聞けばお城ではかなりのご活躍の方で、珍鳥追っかけでも大活躍のようだった
名古屋まで普通電車乗り継いで鳥撮りに行ったと聞いて、へえ~だった
ユキホウジロの時に近鉄特急、バス乗り継で日帰り圏だったが、肝心のお足が付いてこず涙を呑んだ
鳥1羽に1万円は嫁さんがOKとくれないと言ったら、往復6,000円程度だたそうだ
青春18きっぷで行けば昼飯食っても4,000円で目の色が変わって、事細かくお聞きして帰ったが、青春18きっぷは私が先約でしょうとむげも無く蹴られた
我が甲斐性なしゆえそれ以上はご免りんこ、あ~あ
余談はさておき、このままでは帰れないで午後1時過ぎに三田に転進した
行きがけの駄賃でダムに寄ったらオシドリが仰山おったが、その距離150m以上で団体さんは撮れても絵になるシーンはお手上げだった

281223_1.jpg

600mm50%~60%の大カット、毛繕い、水浴びの証拠写真

281223_2.jpg

有馬富士公園に着いたのは午後2時半頃で、先客さんは皆さん手じまい中だった
様子を聞くと、ミヤマホオジロ♂は1度のお出ましだったそうだ(どれだけ待ったのかは?)
昨年ほど数はいないのではとのことだった
一人淋しくカップラーメンすすって待っていたら、定番のアオジが先ぽうで、アトリ、ソウシチョウと続いたが、大将はお出ましなくタイムアップとなった
アオジは全部消し、好きなアトリは撮り放題でもほとんど消した

281223_3.jpg

ソウシチョウは10数羽はいたが西日でまともに撮れなかった
どことも言えることだが午前中が良いようだ

281223_4.jpg

281223_5.jpg

持ち物は主に似る
本体がボロボロゆえか、昨日深夜にネット接続が出来なくなって訳が分からぬままあちこち触りまくって、なんとかこのブログアップにこぎつけました
PCは買い替えの手が有るが、本体は買われへんで大事に使わにゃ

281223_6.jpg
このページのトップへ

FZ300

本日は誠に良い陽気で、おやもう春かい・・そんな訳ねえわなあ
よ~寝たな~
まん丸一週間鳥撮りやらんかったわけではありませんが、カワアイサ♂♀ツーショット、♂2羽ショットも撮影されているのに、午後からうろちょろでは目は出ん、色も出んでまともな鳥撮り出来ませんでした
なめたらあかんと言いながらなめとりました
何時までも若くはないのは分かってはいるが、熱は無く食欲も多少落ちた程度で、こんなもんと思ったのが長引く結果となった
そろそそろ復帰と近場の池を回って見たが、病みあがりでFZ300試し撮りゆえこんなもんでっしゃろ
まだ使い方が分かってないが軽くて楽なので、慣れるまで辛抱してあれこれ試してみようと思っている
重いカメラが段々厳しくなってきたわ
武庫川のカモは何処へ行った?
風邪を引く前までは1番の遊び場だったのに何にもいなかった

281221_1a.jpg

モズは見ただけ
ジョウビタキにはおちょくられてこんなもん
まだ調整に手間取りワンショットのみで対岸に飛ばれた

281221_1.jpg

昼寝して夕方昆陽池、瑞ケ池、緑ヶ丘の池と探鳥した
最近昆陽池でオオタカ狙いのカメラマンをよく見かけるようになった
ふる里小径の入り口に掲示板が有り、ミコアイサ♀1羽が載っていたが時間が無くパスして瑞ケ池に移動
ここではいても撮り様がないのでチェックのみ
♂1+♀4を確認したが、広いのでまだいたかも?
♂は撮り様がない距離で証拠写真も撮れず

281221_3.jpg

緑ヶ丘の上の池の水が増えてヒゴリガモが入るようになっていたが、いかんせん工事でミコアイサが入っても下の池だろう
その下の池にはホシハジロもいなく、カワセミが遊んでくれたがここに留まられてもねえ

281221_4.jpg

カワセミで時間を取られて久しぶりの綺麗なサンセットには間に遭わなかった
あと5分待ってくれたらはせんない願いで、気が付いて走っているようじゃ撮れませぬ
何でもごじゃれのFZ300も使いこなせばそれなりに楽しめそうな気がする

281221_5.jpg
このページのトップへ

なめたらあかん

風邪なんて3日も大人しくしていれば治るてなもんだが、年々体力が衰え抵抗力が無くなったのか3日では治りゃせんわ
もう1日大人しくしとこう
でもって暇なので在庫整理です
嫁さんの血圧が安定して来て、限られて時間ではあるが気兼ねなく鳥撮り出来たことは喜ばしいことであった
タカサゴクロサギなんて珍鳥にも出会えて、超難儀な鳥で後々の語り草になることだろう
今更ではあるが、もう少し辛抱我慢で頑張れば良かった

平成28年11月の鳥撮り見て下さい



このページのトップへ

雨が降る

雨が降る降る雨が降る

降れば鳥撮りお休みだ

篠つく雨に心も濡れる

無理はするなと友は言う

分かっちゃいるけど止められぬ


雨が降ってはカメラが濡れる
行くに行かれぬ鳥撮りの道
ええ加減にしとけとの天道様の御宣託で、今日は1日炬燵でゴロ寝した
このところ嫁さんの血圧は安定し、気兼ねなく鳥撮りさせてもらって、少々疲れ気味で風邪を引いてしまった
風邪をを引いても寝込むことは滅多に無く、鳥撮りとなればオッパッピィだ
その昔、風邪を引いて寝込んでも頭の上でパチンコ球をちゃらちゃら鳴らせば治ると言われたものだが、今じゃシャッター切れば治るになった
明日は鳥撮りに行こうかと思ったら、幾つになったと思ってんのよ!、ときつい一言
もう1日大人しくしとこうか
風邪が移っても当局に責任はごんざりませぬ、念のため


このページのトップへ

色々楽しめました

お城つながりの鳥友さんと偶然に中津で出会った
ご無沙汰振りで鳥談義に花が咲き、多方面にご活躍であれこれ鳥情報を頂き参考にさせてもらい、今季ルリビタキ♂との出会いは未だで堺に行って来た
一人では探せないだろうと、CMさんが多い日曜日狙いでありまして、何処までも他力本願のわたくしめにございます
自転車を借りて、先ずは定番のカワセミポインに行ったら目の前にカワセミが留まっていた
三脚構える間もなしで手持ちで参戦し、飛び物は苦手ゆえワンステージ終ってちゃっちゃと切り上げ、お隣さんにルリビタキポイントを聞いたが知らないとのことで、カワセミオンリーのお方だった
そのお隣の女性CMさんがひつじ広場横の森にいると教えてくれた

281211_1.jpg

馴染みのない公園で親切にしてもらえて、お陰様で今季お初のルリビタキ♂をゲット出来た
暗い森でブレブレをぼやいていたら、もう1個体いてると教えてくれたので移動した

281211_2.jpg

明るい森で10人位かたまっていたので混ぜてもらったらトラツグミだった
落ち葉や草に埋もれて足が出ずの幽霊虎さんばかりで、足が有る証拠の写真はこれきりですが今季お初です

281211_3.jpg

同じ森で撮った無理無理5種揃えの高い木のイカル

281211_4.jpg

2個体目のルリビタキはいなかった
本命のオオタカも今日はお出ましではなく、オオアカハラもアリスイモ出てくれず、後ろのヒマラヤザクラの花の蜜を吸いにメジロがわんさかやってきた
良かったようなないような、良かった半日でごんざりました
無料自転車貸出(園内にみ)は誠にありがたいこってす

281211_5.jpg
このページのトップへ

武田尾

猪名川の道の駅に買い出しに走りました
流石に原チャで走れば寒いこと
今季1番の冷え込みで涙が出ました
帰り道のついでで武田尾に寄ってみた
廃線ハキクが公認になったとかで、ハイカーだらけで武田尾に鳥撮りに行くもんじゃないとの噂でしたが、河川敷も川風が実に沁みるだろうし、3時間の予定で行く先も思い当たらずベニマシコを狙ってみた
上流の様子伺いに回ったら足湯から先は河川工事で立ち入り禁止だった
ここのベニマシコポイントはアウトで、右岸下流の定番ポインとに移動したら、先客さんは延べ5人、午前中にルリビタキ♂を撮っただけとのことで寒さが一層見に沁みた
道路両脇の草はつつつるに刈られて草は1本も無い
せめてヨモギくらい残してくれればだが、これじゃ小鳥はいても出て来そうにもない
お初のCMさんと二人きりになって雑談しながらで退屈はしなかったが、ベニマシコのお出ましは12時半頃に1度こっきりで、ニレの実を食べに上がって来た
半逆光で、ニレの木では枝被りは避けられなく証拠写真がやっとだった
たまに右側の抜けた木に飛ぶことも有るらしいが、今日はサービス無しで終わった
今季お初がこれでは情けないが、綺麗な♂がいてることが分かったので、好天の午前中にリベンジしたい


28121_1.jpg

281210_2.jpg

281210_3.jpg
このページのトップへ

お城ビタキにお城ハイタカ

午前中梅田で所要が有って、折角だからと400mm持って行って、昼飯を食って海老江から中津までベニマシコを探してぶらぶら歩いた
風が強く川は白波が立ちカモはみな寝て、風が強くて小鳥の気配は全く無し
時おり足元から飛びたてばズズメばかりなり
先客お2人さんは何にもいないと帰えられた
オオジュリンさえ飛ばず諦めて帰りかけたらイタチが出て来たっち

281208_0.jpg

鳥撮りでイタチじゃ坊主逃れにはならんで、昨日のお城でご容赦下さい

ニシオシロビタキを待つ間の指慰め(ピースおおさか)

281208_1_20161209231035f18.jpg

ニシオジロビタキはピースおおさかから沖縄復帰記念の森を飛び回っていました
なぜか沖縄復帰記念の森では神経質に飛びまわってなかなか抜けた所では撮れません

281208_2a.jpg

ピースおおさかの森に入ると空けた木に留まってゆったりこんとしてくれ、なんでだろ~
ピースおおさかで腰かけて待つのが正解かも?

281208_2_2016120923103732c.jpg

ハイタカ定時になって飛騨の森に移動したら既に塒入りしていました
これがまた難儀なことで、お馴染みのベテランさんにえれ~世話になって何とか撮れました
まだ分からんか!、と言われても矯正視力0.5では分かりませ~ん
皆さんジャンジャンバリバリシャッター切っているのに情けないわ
白い腹が見えれるやろうと言われても、午後4時前の光ではおいらにゃ見えません
抜けた所に立ってここから撮れと、何から何までは毎度のことで、ただ感謝有るのみ
おおきに、おおきに

281208_6.jpg

直ぐに別個体が帰ってきて、これも別の目利きさんにお世話かけました
お城だから撮れたハイタカであります

281208_4_201612092310397df.jpg
このページのトップへ

久米田池

西に東に大活躍の鳥友さんのブログを参考にさせてもらっている
車移動ゆえ何時も指をくわえて読む様であるが、オジロトウネンを久米田池で撮った記事に脳が反応した
ヘラサギは湖北で撮ったし、皆さん遠いと嘆き節のようでパスしていたが、小さなシギは近くに寄ってくることもあるので、久しぶりに久米田池まで朝駆けした
駅前の商店街にレンタサイクルがあるが(300円)、池まで駅から普通に歩いて約10分ゆえ300円をけちった
池はバカでかいが行けば誰ぞいるだろうと安易に考えたのが外れた
これは難儀で1日仕事になると腹を決めて、池を一周してオジロトウネンらしきを撮った
なんせまだ見たことない鳥ゆえ毛色の変わったのを求めて池を一周して、お寺のほぼ対角線上にある流れ込みで撮ったのがオジロトウネンらしいのでまた元に戻った

281208_1.jpg

281208_2.jpg

同じ流れ込みにヨーロッパトウネンとイカルコチドリもいた

281208_3.jpg

それを狙ていたらタシギが出て来た
約10年振りでラッキーだった

281208_4.jpg

ヘラサギは噂通り遠かった
60mm40%の大カットです

281208_5.jpg


帰りの駄賃にお大阪城公園に寄りましたが、画像整理がつかず後日アップします
このページのトップへ

チョウゲンボウ

ケツからぽかぽか背中もぽかぽか、がたごとゆらゆらの鈍行電車
睡眠不足につき船を漕ぎ、はっと気がつけば大阪駅だった
寝込んで高槻まで行けば三島江も良いが、高つきまっせ

でもって地下鉄で大日へ、モノレール駅でチャリ借りて・・・、ゲゲの我太郎
チャリの在庫切れじゃ~
これが有るからここは怖い
淀川河川敷放浪旅となりました、トホホの歩

  今日もまた 坊主坊主の 風が吹く

    淀の川風  止むこと知らず


ベニマシコ、ホオアカ狙いでありましたが、川風強く葦原ざわざわ
鳴けばカラスに飛ぶはヒヨドリ、小鳥は草むらに隠れてことりとも音立てず
もっとも耳が悪いで鳴いていても聞こえんのじゃ、なっさけなや~
お馴染みさんが上流からチャリでやって来たので様子を聞くと、何にもおらんので下って来たと
こんな風の強い日には鳥は上がって来んわなあ
世の中捨てたものじゃなく、坊主覚悟の放浪にチョウゲンボウズが遊んでくれ、坊主逃れのチョウゲンボウは拾い物の1日だった

281207_1.jpg

281207_2.jpg

281207_3.jpg

281207_4.jpg

281207_5.jpg
このページのトップへ

今日のミコアイサ

昆陽池の17羽は何処へ行ったんだ?
買い物ついでに宝塚の池を覗いて見たら、♂1+♀タイプ5で最初に確認出来たグループは残っていた
雨の加減か多少水が増えて一寸は近くに寄って来ていた

281206_1.jpg

カワウの数が減って魚が減ったのではないかと思われ居つくのかどうかは?
午後から武庫川にカワアイサを探しに行く予定で他の池の様子は見に行かなかった

281206_2.jpg

買い物中に鳥友さんからカワアイサを撮っているとのメールが有った
早めの昼飯を食べて出かける用意をしていたら、上流に飛んで見えなくなったとのメールがあった
めーるなあ
どうもこのカワアイサは5km範囲を飛び回っているようで歩きで見つけるのはしんどい
最上流部の堰堤まで原チャで走って確認したがいなかった
すぐに鳥友さんから見つけたとの連絡が有って駆けつけて間に合った

281206_3.jpg

281206_4.jpg

バタバタ撮れてこれから飛出し狙いをと思った時に、何時の間にか北のお山は真っ黒な雲に覆われ、ヤバイなと思う間もなくポツポツ来て、傘が壊れそうな強風でドタバタやっている最中にカワアイサは上流に飛んでしまった
カメラを濡れないようにザックに直してビニール袋でザックをざくっと包んで、雨が止むのを待ってと思ったら、目利きさんが下流に飛んで行くと声をかけてくれ、少々雨が降ろうがカメラを構えてやる気のお方は飛び物をばっちりゲットしていたが、どうせおいらにゃ無理なこって、見えなくなってはいそれまで~よ
雨が降っていたのは上流に飛んで、下流に見えなくなるまでの間と何とも腹立たしい天気だった

281206_5.jpg
このページのトップへ

一日留まりの巫女さんよ

お主たちは何処へ行く
朝一に昆陽池を覗いたらもぬけの空だっら
見落としたか隠れているか?
1時間ほど探したが見つからず、隣りの瑞ケ池に行ったら♀が3羽いた
こんなもんじゃないんよな
緑ヶ丘に回って見てもおらず、念のためにと宝塚の池に回ったらおった
全員集合だったがこの池ではどう撮っても遠い
植え込みに隠れて待てば近くに寄ってくることも有るが、鳥友さんがミサゴをやりに行くと言うので合流して武庫川河口に行った

281205_1.jpg

ミサゴは良く飛んだが、風が吹いて波立ち魚を見つけ難いのかなかなか飛び込まない
やっと飛び込んだら対岸側で撮っても豆粒だった

281205_3.jpg

1時間ちょっとで切り上げて、数日前に鳥友さんがカワアイサを撮っているが、半日で飛んでその後確認出来ないらしい
実はおいらもその時はせ参じたが、運悪く証拠写真にもならないお粗末を何枚か撮っただけで飛ばれた
他に行く所も無いので未練たらしくカワアイサを探して川を遡った
おったんよ
これで今季は宇治まで行かずに済みそうだ

281205_4.jpg

281205_5.jpg

281205_6.jpg
このページのトップへ

パンダは何処へ

昼前に武庫川をチェックしに行ったが日曜日は河川敷が賑やかで、ヒドリガモも下流の方に避難して何もいなかった
昨日鳥友さんから宝塚の池からミコアイサが消えたと聞いた
さて何処へ飛んだか気になる所で、午後から雨が降る前に池巡りに走った
上の池にはヒドリガモ他両手で数えれるほどしかいなかった
下の池はと寄ったらミコアイサ♀8羽+が池の真ん中で潜っていた
この池では遠過ぎて証拠写真にしかならない
駄目なのは分かっていても気になり西池&黒池に寄ったが水は増えて無かった

281204_1.jpg


次ぎなる池はと昆陽池に寄ったら鷹狙いのカメラマンが2人いた
様子を聞くと朝は♂1+♀5羽いたと言うが、しばらく探しても確認出来ず、念のためにと南の池に寄ったらおったぞいな
ここも池の真ん中で遠いが、ネタ撮りにカメラを撮りに帰ったら雨が降りだした
木の下で遠いのを撮った
パンダ1羽+換羽中2羽+♀タイプ14羽を確認した
お休みタイムで換羽中の♂はもっといたかも?
カワウが魚を食い荒らしてこのまま居つくかはしばらく観察する必要があるが、列島の池よりこっちの方が近くで撮れる可能性は高い

281204_2.jpg

281204_3.jpg

281204_4.jpg

281204_5.jpg

白っぽいのでカンムリカイツブリと思って撮ったらハジロカイツブリだった
若かと思って図鑑を見たがちゃちな図鑑で載っていなかった

281204_6.jpg


このまま居ついてくれれば暇つぶしにはなるのだが???
このページのトップへ

頬が白くないホオジロガモ

 本日は晴天なり

 浜風そよげばさざ波煌めく

 蒼き空蒼き海

 爽やかな笑顔な迎えられ

 わが心も晴天なり


浜に立ったのは10時前だった
鳥友さんに遅いじゃないのと言われたが、諸般の事情でこれが精一杯なのでありました
聞けばお二方は既にホウジロカモ、ウミイサ、ハジロカイツブリを取り放題したとか
既に浜を背にして移動中だったが滑り込みセーフだった
この浜は10時を回ると光の加減で撮りにくくなる
何とか間に合い良かった

(ホオジロガモ)

♀4羽と聞いてパスしていたが、鳥友さんが頬の白くないホオジロガモ♂が1羽いてると言うので参戦した
良く見ているもので、野鳥の同定は難しいね

281203_1.jpg

ネットで調べたら、第一回冬羽♂はくちばし全体が黒い、とあったので♂に間違いなさそうだ

♂(左)と♀(右)

雌のバタバタ(嘴の先が黄色い)

281203_2.jpg

カンムリカイツブリは嫌と言うほどいた

281203_3.jpg

ウミアイサは4羽いてたが換羽中の♂もいてるらしい
大きなテンコチを咥えて、目ざといユリカモメがそれを奪いにかかって、仲間のウミアイサも気が付いて、3羽入り乱れてのサービスが有った
こればかりでごめりんこ

281203_4.jpg

281203_6.jpg


281203_5.jpg

このページのトップへ

千里詣で

ちょっと気になることが有って千里に走った
最近オシドリが活発に動きだしたとの情報で先ず千里中央公園に行った
好天のうららかな日和で、鳥待ちには問題無かったが、待たされ過ぎやんか
聞けば1時間に1度のペースと言うのに約2時間経ってやっとのお出ましだった
40羽はいるとの噂だったが出て来たのは♂3+♀2だったかな?
雑木の紅葉は最盛期で良いのが撮れるはずやったが、ご一緒したカメラマンさんが茅葺き屋に住んでいるとのことから鳥撮りは茅葺き屋に脱線して事故ってしまった
鳥友さんには何しに来たんやと怒れれるし、2時間やって証拠写真しか撮れずにトホホの惨敗でありました


281202_1.jpg

待っている間の指慰めのエナガを撮ってこれっきり

281202_2.jpg

オシドリ諦めて千里の女神さんにお助けメールしたら、ルリビタキ♀しかおらんと返信が有った
上等じゃないの、今季ルリビタキは♂も♀もまだ見たこともない
二つ返事で千里南公園に転進した

  懐かしや 千里の道は 遠けれど   

   我が故郷に 帰りしような


厄介ばかりかけているのに皆さん親切だ
あっちだこっちだ、ここから抜けていると、我が事を置いての親切に甘えて今季お初のルリビタキ♀が撮れたた
たかがルリビタキ♀と言うなかれ
心くばり、気配りの賜物ゆえ嬉しいじゃありませんか


281202_3.jpg

でもって気になる桃山公園へと移動したのは午後2時を回っていた
この公園は3時前には池の半分は日陰となり非常に撮りにくくなる
アメリカヒドリを探して池を半周して、やっと見つけた時には既に池の半分は陰っていた
さる鳥友さんから武庫川のアメリカヒドリは交雑種ではないか?、との連絡を頂いた
アメリカヒドリは嘴の付根が黒いが、武庫川のはそれが無いとのことだった
ブログの下手な画像でもそこまで見ていてくれる人がいるとは全くの驚きであった
言われてみれば確かにである
そんな気もなくぼーっと鳥を撮っていてお恥ずかしいが、野鳥の同定の難しさを思い知った
アメリカヒドリは何度も撮っているのに、眼から後頭部にかけて光沢のある緑色だからとアメリカヒドリだと思っていた
良い勉強をさせていただき、今後の鳥見にはもう少し気を付けて見なければと肝に銘じた
 

281202_5.jpg
このページのトップへ

甲子園浜から武庫川へ

どうせ浜の鳥は遠いとパスしていたが、昨日鳥友さんから甲子園浜でホオジロガモ4羽を近くで撮ったとメールが有った
しかも1羽は頬は白くないが♂がいるとのこと
頬が白くないホオジロガモの♂なんてどんなんかな~、で是非撮りたいと午後から行って見た
浜は風で波立ち東屋の周辺のカモは全部陸に上がって、沖にはウさえ見えない
運河の方に様子見に行ったら中間ぐらいにカンムリカイツブリ50羽+とスグガモ30羽+が固まって寝ていた
波が高く沖のカモの確認は困難で運河の河口まで行って見たがホオジロガモは確認出来なかった
警戒してちょこっと起きて直ぐにまた寝たカンムリカイツブリを坊主逃れに撮るのが精一杯だった

281201_1.jpg

こんな日の昼一に浜に行くなんて、私バカよね、おバカさんよね
とぼとぼ帰りかけたらイソヒヨドリ♀がいた
こいつまったく愛想無しで、面白くないがネタ撮りに遊んでもらった
なんぼ粘っても何のサービスも無く時間だけが過ぎてギブアップした

281201_2.jpg

そんな折、鳥友さんからいらっしゃ~いコールが有った
ありがたい世の中になりましたね
お馴染みさん3人さんと合流しウミアイサ♀2羽を撮り放題noボケ放題
最近ちょくちょくカメラなのかレンズなのかピントが合わなくなる
シャッターは降りるので難儀なこってす
散々な中で何とか残したが、バタバタも飛び出しもタイミングは外さなかったのにボケていた

281201_3.jpg

帰り道のついでで武庫川を上流へとチェックしていてカメラマンを発見
混ぜてもらったらアオアシシギだった
手持ちゆえピン甘だがそれなりにピントは有っているのが不思議だ

281201_4.jpg

暫らく河川敷をうろついてトモエガモ♀の様子を見に行ったらまだいた
一時1羽が行くへ不明になったと聞いていたが今日は3羽いた

281201_5.jpg

さらに上流でイソシギ
遠くて夕方で撮っただけ
午後一からこれだけ遊べればええやろう
今日も皆さんにはお世話になりありがとうございました

281201_6.jpg
このページのトップへ

甲山森林公園

今日も嫁さんの運動不足解消名目で弁当持って甲山に行って来た
管理棟横のベンチで日向ぼっこしながらのんびり弁当食べていたら、シジュウカラ、メジロ、コゲラ、アオジがやって来た
最高の雰囲気で弁当食べて、さてっとでカメラを用意したら急に静かになった
掲示板では広河原でトラツグミが観察されているようなので、所謂普通種で粘るわけにもいかず、みくるま池から広河原コースをとった

281130_0.jpg

みくるま池でカメラマンお一人を見かけて話を聞いたら、たまにルリビタキ♂が来るとのことだったが、3時間しかなくルリビタキは諦めた
その方が向かいの木の下にオシドリ♀がいると教えてくれた
聞けば怪我をして飛べなく居ついているらしい
ドングリの木が有るようには見えないが、施設の関係者がドングを投げ入れてくれているようだ

281130_1.jpg

それにしても丁度良い止まり木が有って良かった

281130_2.jpg

右羽を痛めているようでバタバタも変だった

281130_3.jpg

帰りに寄ったら元気に泳いでいました

281130_4.jpg

オシドリに時間を食って広河原では流しただけでトラツグミとの出会いは無かった
紅葉絡みもホオジロで、本日も淋しい鳥果でありました

281130_5.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する