我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

ハッカチョウ

   花笠の 花は咲けども  野の鳥の

      鳴かず飛ばずで 暑さ身にしむ


290530_0.jpg

昨年アレチハナガサの花絡みのセッカとジャコウアゲハを撮ったので、今年もと勇んで淀川に行ったが、堤防に立つなり腰が抜けそうになった
見事にツンツルテンでアカツメクサの一株もなく、ジャコウアゲハなんて1匹も飛んでいなかった
なればセッカはと30分くらい探したが確認出来なかった
ポイントはまだ刈られてはおらず、アレチハナガサは沢山咲いていた
おらぬ鳥も蝶も撮れぬでありまして、ウマノスズクサ探して河川敷徘徊となりにけり
散歩の婦人に川下で大きなカメラで何を撮っているのかと話しかけられた
今の時期ならセッカかオオヨシキリかな、と言う話からあれこれ話が弾んだ
話し好きなお方で、鳥が気になるが中々切り上げるタイミングが図れず、うだうだ20分位話し込んでしまった
セッカの件は、鳥友さんによればまだ早いのと違うかとのことで、過去ログ見たら昨年は6月14日でした
ちょっと早やまったようだ
川下に行ったら淀川で何時もお世話になっているお馴染みさんが手を挙げて笑顔で迎えてくれた
何イチャイチャしてたんやと冷やかされたが、そんな浮いた話の一つも有って欲しいがな
一渡り近況報告してハッカチョウ撮りに混ぜてもらって、坊主逃れとなったのであります

290530_1.jpg

290530_2.jpg

何や後ろが騒がしいと思ったらハッカチョウの子が落ちたと言うので慌てて移動した
気が動転したのかこっちに向かってどんどん近づいてきて、とうとう道路に上がって、誰かさんのカメラバッグの下に潜り込んで出て来なくなった
それから一騒動有ってやっと親が迎えに来た

290530_3.jpg

今頃楠の実は無いし、何の実か黒く丸い物をくわえていた

290530_4.jpg

連写したのに子が実をくわえたシーンが撮れてなかった
何時の間に渡したのか不思議ななあ

290530_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

ササゴイ

冬物と夏物の入れ替えと、不用品の処分に3日間かかった
好天なのに疲れて家でホヘ~としていたら、宝塚のノビタキさんからササゴイが出てるよ、との電話が有って電チャリ走らせた
先日駆けつけたらさっき飛んということで臍を噛んで、今日もまたあの日の二の舞かと一瞬頭の中でぐるぐる回して、あの日は午後3時頃になったけど、今日は2時頃には着くだろうと思って参戦したが、なんのこっちゃまた飛んだよと
この頃鳥運に見放されてこんなんばっかしや
宝塚のノビタキさんが気の毒がってまた戻って来ると思うよと言ってくれたが、ええねん、天の川に行けばササゴイは撮れる、と負け惜しみかましといて、カワアイサ♀を探しに下流に走ったが、何処へ行ってんのか見つかりませんぬ
諦めてまた元に戻って、坊主逃れのコサギ撮っていたら、伊丹のダルビッシュ君がコチドリを見つけてくれた

290529_1.jpg

遠いコチドリを追っかけていたらゴカイ?を食った

290529_2.jpg

横にいた宝塚のノビタキさんが、ササゴイ戻っていると言うので、ゴカイを食ってくれたこっちゃし、コチドリは切り上げてササゴイに切り替えて、後は怒とうの連写に次ぐ連写でありました
鳥は撮れる時に撮っておけ、鉄則通り1200枚も撮って、あ~ぁまたやっちゃったどうしよう

290529_3.jpg

290529_4.jpg

290529_5.jpg

290529_6.jpg
このページのトップへ

サギのコロニー

困った時のサギのコロニー
日曜日では武庫川は人だらけで鳥はおらんやろうと、サギのコロニーの様子見をに行った
ほぼ縄張りは固まったのかコサギの喧嘩は撮れなかった
今年はゴイサギが少ないようだがどうしたのかな

およよの交尾
どう見ても♀?はホシゴイなんだけど、これで繁殖能力有りなのかなあ?

290528_1.jpg

こちらはまだ愛を語らい中
既に抱卵している番もいてますが、子の誕生は6月中旬かな?

290528_2.jpg

コサギはベビーラッシュ

290528_4.jpg

アオサギはほぼ既に巣離れしているがまだこれからもいた

290528_3.jpg

バンは番でいちゃつきあっていますが、まだ交尾は確認できず

290528_5.jpg

なんや面白くないなあと思っていたら、宝塚のノビタキさんがやって来た
まさかで来てもしゃーないのに連絡せんかって申し訳なかった
ゴイサギの飛び物を撮って、ちんたら帰っていたら、宝塚のノビタキさんがケリを見つけた
住宅に囲まれた1反ほどの小さなたんぼで、よく気がついたものだと感心させられた
帰りがけの駄賃に撮ったが、デジカメの練習にと用意をしていたら、いきなりエンジェルポーズして飛んで行ったしまった
なんでおいらはこんなになるんや
宝塚のノビタキさんのにんまり顔を見逃さんかったど~
本間、コロニーでは何にも無く申し訳なっかったので、ケリの土産でなんとか格好ついたかな?

290528_6.jpg


このページのトップへ

カルガモの雛

昨日カルガモの子が大きかったとぼやいたら、早速宝塚のノビタキさんがヒヨコを見つけて知らせてくれました
武庫川流域を熱心に観察されていて、何時も情報を頂き大助かりです
1日好天の暑い日で、干物になりそうな強い光に難儀しましたが、水面に映り込んだキショウブに絡んでここならではのシーンが撮れました
もっと早い時間帯に撮りたいものだが、カルガモばかりやっとれんでね

290522_1.jpg

カルガモは普通10~13個の卵を産む(らしい)ので、この子達も8~11羽は生れたと思うが4羽だけでした
親が何かを追いかけて飛んで行って長い事帰って来ません
散歩の人がこの隙にきにカラスにやられると言って、木の上のカラスを追い払っていました
2羽のカラスがやって来て、1羽が親を引きつけて、他の1羽が襲うんだそうです

290522_2.jpg

散歩の人がいたから良いようなものだが、悪賢いカラスを防ぐことができるのなか?

290522_3.jpg

なかなか花の側には行きませんで、無理やり絡めたキショウブ

290522_4.jpg

なんとかハルジョオンを絡めたかったが、花がボケてしまってタダの被りだ~

290522_5.jpg

トラツグミはおりませんでしたが、ツクシマガモがおりましてん
そんなやつはおらんやろうが~(ケッケ~~)

290522-6.jpg


このページのトップへ

川も浜も人だらけ

本間だらけまっせ
でもええねん
おいら今日は飛び物撮りでも鉄鳥撮りやったさかいに
昨日鳥友さんから芦屋の沖をダグラスDC-3が飛ぶ予定との連絡が有った
ダグラスって言やあマッカーサーやろうてなもんだが、77年前初フライトの飛行機とのことで嬉しがって参戦してきました
神戸空港を10時頃と12時頃飛び立ち、大阪市内まで遊覧して神戸空港に帰る約20分のショーでした
薄日が射すのに一面の薄雲、スモッグなのか霞んで、陽炎に海のキリンさんもまともに写らない悪条件に、腕の悪さがプラスではにゃんともなりませんでした

290521_1.jpg

今年3月、スイスのジュネーブから「ブライトリング DC-3 ワールドツアー」に旅立ちました、ということでおいらより3年も前から働いているんよね
ダグラスDC-3撮りには失敗したが、風邪引いた、気力が萎えた、なんて軟なこと言うとられんど、と元気もらえて良かった

290521_2.jpg

時間待ちの間に撮った遠いセッカ

290521_3.jpg

帰りの武庫川でカワアイサ♀がいたので撮ったが、なぜか水に浮かんで何にもせず
30分ほど粘ったがサービスなく坊主逃れでした

290521_4.jpg

上流でカルガモ親子を見つけたが既に大きくなり過ぎで残念

290521_5.jpg


このページのトップへ

荒牧バラ公園へいらっしゃ~い

アカガシラサギショックでふぬけになって戦意喪失
気分転換にバラを撮ってリフレッシュしました
出かける用意をしていたら、宝塚のノビタキさんからアマサギ撮り放題していると連絡が有って、行きがけの駄賃に昆陽池を覗いてみたら、1分遅かった~
げげげの我太郎、、運が無い時は重なるもので、とりあえず通り道ゆえ藤棚の西の様子を見たがアマサギは見えません
直ぐにまた帰って来たと言うので給餌池側に戻った
いたのは1羽だけで、気の抜けた撮り方をしていたら2ショットで飛ばれて仕舞った

上向いた、飛ぶぞ

290519_1.jpg

飛んだ

290519_2.jpg

はいそれまで~よ

290519_3.jpg

バラ公園からの帰りに寄ったら、藤棚の前の浮島に3羽?いたが逆光で撮れません
光が良い給餌池側に来るのを待って、鳥友さんとベンチでのんびり談笑していたら、藤棚から段々近づいて来出したのでカメラを構えたが、ななななんたるこっちゃ
池を西に横断して日本海側に消えて、はいそれまで~よ
結局アマサギは5羽確認のようでした
午前中アマサギ撮って、午後からバラ公園でのんびも良いと思いますよ

(荒牧バラ公園)

250種、1万本だそうです

駐車料500円、入園無料(17時閉門)

昆陽池から天神川を北に、スポーツセンター前え停から市バス「バラ公園」行終点下車徒歩3分

見頃は6月中旬までとなっていますが、早崎種は終わっています




このページのトップへ

アカガシラサギは撮れなんだ

頭が青いのはあかん
赤いのを撮りてんじゃ
なになに、どうしても撮って欲しいんかいや
アカガシラサギが撮れんで、アカンガシラサギでもしゃーないからブログネタに撮ったるわ

290518_1.jpg

てなことで今日の昆陽池は、アカガシラサギの話題で賑わいましたが、懸命の捜索も甲斐なく、誠に残念ながら一日泊まりの兄さんでした

290518_2.jpg

昨日夕方情報を頂いたのですが、過去にアカガシラサギは4個体撮影して、大覚寺では不満ながらも色付き撮ったとパスしました
痛恨の極みでありましたが、夕方では綺麗に撮れてないそうで、行っても撮れなかったでしょう
チームKのO旦那さん、流石にフィールドを知り尽くしておいでで、昆虫館の展望所から綺麗に抜いて撮っておられます
こんなに綺麗に染まるんですね
撮りたかった~~~

290518_3.jpg

でもって今日もアマサギです
遠くで撮れば画像が不鮮明でアマサギかコサギか不明、近くではばらけて1枚に収まらない
結局9羽だったそうです
全部アマサギかなあ

290518_5.jpg

昆陽池初の(昆陽池のアマサギはお初)木留まりのアマサギを記録に撮りました
9羽いてますがコサギ(画像左から3羽目)が混じっていそう?

290518_4.jpg

自然池を周遊するように浮島を転々としています
藤棚前のオニバス池西、給餌池西側中州では目の前で撮れ狙いポイントです

290518_6.jpg

アマサギをこれほど近くで撮れる所は少ないでしょう

290518_7.jpg

昆陽池情報は↓クリックで確認出来ます
お気に入りに登録よろしく


2人の記念日
このページのトップへ

浜巡り

鳥友さんがトウネンを近くで綺麗に撮っていた
まだいてるのではとのことだったので、宝塚のノビタキさんを誘ったら既に浜にいて、何や10羽ほどいるとのことだった
よっしゃでルンルン気分で電チャリ走らせて、臨港線に上がったら電話で飛んで何にもいなくなったと連絡が有った
ゲゲゲの我太郎、そんなん有りかよ
いない鳥は撮れぬのでありまして、急きょ香枦園浜で落ち合うことにしたが、香枦園浜もカワウの他には何にもいなかった
聞けばアジサシはわんさかいたとのことで、トウネンがアジサシリベンジとなりました
アジサシは早いと10時頃飛んでいなくなるようで、ギリギリ間に合うかのタイミングで心配したが何とか間に合いました
今日は順光側から撮れて色は出ましたが目が出ませぬ
こんなに近くで撮ってるのに難しい鳥でありました

290517_1.jpg

わんさかゆえ、飛び物は闇打ちでも何とかなり結構面白かったが、何ぼ撮っても目が出んでした

290517_2.jpg

いつの間にかキョウジョシギが4羽帰ってきていましたが、今日もやっぱり遠かった

290517_3.jpg

そこそこ飛んでくれたがワンテンポ遅れるんよね
日の丸構図で撮って、トリミングで好きな構図に仕上げてます

290517_4.jpg

なんやちっこいのが飛んで来たと思ったら、目利きさんがトウネンを見つけてくれました
1羽だけなのが淋しいし遠かった
おまけに寝てばかりで、起きるまで持久戦と思っていたら、いきなり西の方に飛んで消えました

290517_5.jpg

ノビタキさんは帰ると言うので別れて、海や街の景色を撮っていたら、帰ったはずのノビタキさんから香枦園浜でトウネン撮り放題の連絡が有った
およよですっ飛んで行ったが、さっきまで撮り放題がったのにと、良くあるパターンで撮れん放題中でありました
潮が引いてどんどん遠くなるばかりで、ノビタキさんの発声で前に寄ることになり、これ幸前えへ進め~
やっと近い所で撮れました
一同勢揃い

290517_6.jpg

トウネンから近づいて来て、1番近いので5m?位だった
坊主のはずが、ウッシッシ~で良かった良かった

290517_7.jpg
このページのトップへ

今日の昆陽池

奥歯が割れてバナナボートソング歌わされた
♪デーオー、デーーーオ
♪イデデ、イデデ
で歯医者に行く用意をしていたら、鳥友さんから今日もアマサギがいてるが遠いと連絡が有った
おれば何とかなるだろう、で歯医者に行く前に昆陽池に寄ってみた

昆陽の池 アマサギおれど 遠すぎて

 菖蒲絡めど 勝負にならじ


季節感有ってええじゃん、てなもんでありまする

290516_1.jpg

アマサギは諦めて9時開門を待ってヒョウタン池にキビタキ狙いで行きました
噂通りの爆鳴ですが、声はすれども姿が見えぬ、ほんにお前は屁のような
ベテランバーダーさんが見つけてくれては、あっちだこっちだと教えて下さるが、ド近眼の悲しさで手に負えませぬ
やっとこさのワンショットで今季お初も嬉しゅうないぞえ
わいわいがやがや楽しんでばかりおれません
歯医者に行かなくっちゃ、で後ろ髪引かれる思いで昆陽池を去りました

290516_2.jpg

難儀な折れ方をしたようで、30分ほど奥歯ガタガタいわされて、麻酔が切れてまたまたバナナボート歌わされ、家でヒーコラ言っていたら、宝塚のノビタキさんからアマサギ近くで撮り放題の電話が有った
こんなもん行かざあおれめえぞ

アマいの飛んだ

290516_3.jpg

白いのも飛んだ

290516_4.jpg

なんや虫捕ったなあ
隣りの若君がトンボのようです、とのこと
アマサギが飛んでいるトンボを捕らまえるんですね
拡大して見たらシオカラトンボのようです(多分)

290516_5.jpg

暫らく遊んでもらったが、遠くへ飛んで行って行くへ不明になったので、ちょこっと変わったのを撮りました
たって黄菖蒲が絡んだと言うだけですが、

290516_6.jpg

まだ血が止まらんは奥歯ズキズキで切り上げていてO婦人と出会った
アマサギはアマいのX4と白いのX1計5羽いたと言うと、4羽じゃないのとなったので、証拠写真貼ります

 昆陽の池 飴鷺までは 遠けれど

   遠いがゆえに 記録となりぬ

大きく撮れば良いとばかり思っているが、遠かったがために5羽写り、記録としてはこんなんも意味があることを知った

※うんちく

O婦人と女性バーダーさんの会話で、アマサギの由来について面白い話を聞きました

亜麻鷺とばかり思っていましたが、亜麻色は薄茶色でなくむしろグレー系だとの話になりました
O婦人いわく、飴色の鷺でアマサギとなったと言う説と、あの♪亜麻色の長い髪を、の亜麻色からとの説がある
とのことで検索してみました

「日本辞典」引用

[アマサギ・亜麻鷺]

「アマ」は、夏羽が頭から喉にかけて、「亜麻色(黄色がかった薄茶色)」又は「飴色(水飴のような透明な黄褐色)」になることに由来する

言われてみばで、おいら飴鷺に1票としましたが、亜麻鷺も捨てがたいなあ
鳥撮りとは奥が深い

290516_7.jpg
このページのトップへ

アマサギ

役所に所用で行くついでに昆陽池に寄ってみた
キビタキが入っていたとはで期待したが、囀りは聞こえていましたが見つけれません

290515_1.jpg

Oさん夫妻と出会って中州でアオサギ3羽を撮ったと聞いて、画像も見せてもらった
近い、飛び物もばっちり
さっき日本海方面に飛んだとのことでなんじゃらほい
とりあえず所要を済ませて昆陽池に戻った
カメラマンは誰もおりません
アマサギは???
その内帰って来てくれることを願って双眼鏡で探していたら、貯水池側の葦の前で色が着いたサギを見つけた
距離は300m?、とても撮れません
給餌池側ならと回ってIAズームかまして何とかの証拠写真を撮った
その内中州に飛んで来たがデジカメゆえ飛び物はよう撮りませんでした

290515_2.jpg

一旦家に帰ってデジイチ持って池に帰ったらまだ中州にいてくれた
近いが何ぼ撮っても同じようなシーンばかり
何を食っているのか幾ら撮っても餌が写らない

290515_5.jpg

PCで拡大して見たらクモのような虫だった
この体でクモ?では幾ら食っても足りないようで日暮れまで遊んでくれた

290515_3.jpg

近すぎてゆったり出来ないのかまったくサービス無し
唯一のサービスがブルブル

290515_4.jpg

相変わらずの下手な飛び物もSS上がらず幽霊じゃ~

290515_6.jpg

着地もタイミングが合わず終わったとるがな
半日たっぷり遊ばせてもらえたで文句は言うまい

290515_7.jpg
このページのトップへ

ツバメ

師匠からフクロウが巣立ったので行くと、鳥友さんからアマサギ5羽の連絡が有った
フクロウ撮ろうかアマサギ撮るか、ここが思案のハムレット
電車、バス乗り継いで約2時間半、乗り継ぎ次第では3時間と遠い
電チャで走って1時間半の浜に行くことにして家を出た
武庫川を下っていて宝塚のノビタキさんに出会った
アマサギ飛んだってよ、ゲゲゲの我太郎
メール確認したら連絡が入っていた
浜のアマサギなんて撮ったことが無く撮りたかったな~
でもってツバメを撮りましてござりまする

(コシアカツバメ)

昨年は子育てを撮ったが、徳利形の巣ゆえ中野子は見えない
今年は巣作りのコシアカツバケを撮りたいものだと言っていたらノビタキさんが見つけてくれた

290512_1.jpg

(ツバメ)

多い時は10羽ほどがやって来る
中にツバメもいた

290512_2.jpg

喧嘩もせずせっせと土を咥えて飛んで行く

290512_3.jpg

ゆったり飛ぶようで結構速い
ほとんどが空振りではあるが、結構やって来るのでまぐれ当たりも有った

290512_4.jpg

つい夢中になって後で整理が大変だ

290512_5.jpg


このページのトップへ

宝塚市北部

夕方まで雨は降りそうにない予報にじっとしておれなくなり、ケリの子を探しにトンネルを越えました
行きがけの駄賃で池を覗いて見たらカイツブリが巣篭っていた
昨年は大雨で子が流されたのか背乗りを撮ることが出来なかった
夢市場で買い物も有り長居は出来ず卵の様子の確認はしなかった

290510_1.jpg

もう5年以上西谷でケリの子を撮ったことが無いのでその後の様子は不明であるが、当時に比べてケリの数は減って2羽の確認だけだった
まだこれからと言うことも有るので何とも言えないが、もう巣篭っていても良い時期ゆえ今年は駄目かな?

290510_2.jpg

やっぱり飛び物は撮れません

290510_3.jpg

帰りは山本側に降りて池の確認をしようとしたら突然の大雨になった
10分ほどで上がったが、傘を差す間も無くずぶ濡れの激し雨にザックはざっくり濡れて、肩にかけていたデジカメラはレンズが曇って使えないくらいだった
カイツブリは2羽(番?)確認出来たが巣は未だで、撮ってもしゃーないので帰りかけたら目の前にイソヒヨドリがやってきた
毎年ここで子育てしているようだ
デジイチ出している間に飛ばれて変な所に留まられてにゃんともならじ

290510_4.jpg

近くで撮れたのでホールドしました

290510_5.jpg

気合い抜けのブログで、5月5日の西谷のスライドショーです
フルウインドウで見るをクリックして、画像下のツールバー右端の拡大アイコンをクリックで見てください

このページのトップへ

完全休養日

嫁さんの血圧は140台、天気晴朗、となれば鳥撮りに行かん手は無い、は今までのことよ
今回の風邪で考える所があり、サンコウチョウが出ようが、フクロウの子が巣立とうが、完全休養日をとるようにした
ちょっと淋しい思いはあるが、鳥撮り15年もやっていれば、お馴染みさんであの世とやらで下界を見ている人も出て、鳥撮り止めて見るだけ、大砲止めてデジカメと多くの例を見るようになった
いずれ我が道と思えど、出来るだけ細く長く鳥撮りをしたいものだと思い、今日は辛抱我慢の1日でありました
宝塚のノビタキさんから芦屋浜のアジサシは抜けて、キョウジョシギとハマシギは近くで鳥撮り放題だったと連絡が有った
2桁を数えて、3、4日勝負と短期決戦のアシサシゆえ、目が出んなんて贅沢言えんわ
おらん鳥は撮れんのでありまして、なんであれ撮れたんだから良しとせんならん
香枦園浜にも入る可能性がありまだ希望を捨てた訳ではないが、青筋立ててシャカリキになることでもなくなった
 

  電チャリで ママチャリに負け 歳を知る

勝った負けたの世界ではありませんが、今更言うまでもなく若いっていいですねえ
通学の乙女にすいすい追い越されて情けなや~
でもって完全休養日で、今日は本業の仕入れがございません
昨日の在庫から

1番近かったハマシギ
磯遊びの親子がレンズの真ん前で、こっち見たのでドアップで写るで~、と言ったら本間やねと下がってくれた
今日の浜は静かだったやろうからええのが撮れたやろうな

290508_1.jpg

見え張っての20%カットでこんなもの

290508_2.jpg

290508_3.jpg

(西宮市立北山緑化植物園)

所在 西宮市北山町1番1号

アクセス ① 阪神西宮駅前(1)番乗り場より鷲林寺循環線甲山森林公園方面行き 西回り約25分

      ②阪急バス 阪急阪急電車夙川駅前(1)番乗り場より西宮甲山高校前行き甲山墓園前行き 約15分

      ③車 駐車料 始めの1時間100円、以後30分ごとに100円、上限800円

甲山で撮る鳥がいなかったら北山ダムからハイキングコースがあります

撮影 平成29年4月30日

<ユキモチソウ(雪餅草)>

分布 三重、奈良、四国の限られた地域

命名の由来 花の中央に雪のように白い餅に見える付属体があることから

嫁さんの里の山では結構見れるし、日曜市では1鉢500円で売っています
環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類の希少種と知ったのは最近のことです
こんな植物も園芸的に栽培されるようになり、植物園では手軽に見れるのがありがたいです

290508_4.jpg

(キエビネ)

エビネは今が盛りで株数も多く見ごたえありました

290508_5a.jpg

在庫押し売りセールです


①フルウインドウで見るをクリック

②スライドショー下段の右端の「拡大」アイコンクリックで見て下さい

このページのトップへ

浜巡り

何としてもアジサシが撮りたい、で朝駆け1日放し飼いとなりました
まだいてくれてるかと不安な思いで気は急くが、体はついてこんで1時間半のチャリこぎが応える
何とか8時前に芦屋浜に着いた
おったど~、噂の40~50羽を超えてたかな?
これがにゃんともで真ん丸逆光だ
光が悪い、距離が悪い、何より腕が悪い
撮っても撮ってもとても綺麗に撮れないボケだらけ
参りましたでごんざりまする

仰山おりましたでござる

290507_4.jpg

アジサシだらけ

290507_1.jpg

餌渡しかと思ったら喧嘩?

290507_2.jpg

お前はユリカモメか?
そんな奴はおらんやろう
頭白いのは冬羽かな

290507_3.jpg

対岸で鳥友さんがシギ狙って、キョウジョシギ4+ハマシギ5いてると知らせてくれた
何ぼ撮っても手におえんので即移動しました
結構遠かったです

290507_5.jpg

290507_6.jpg

香枦園浜、甲子園浜に寄りましたが、香枦園浜ではキュウシャクシギ6羽?とコアジサシ仰山と子供さん
甲子園はキアシシギ、イソシギ、チュウシャクシギ、ササゴイを撮っただけでした

290507_7.jpg
このページのトップへ

平成29年4月の鳥撮り

ニューナイスズメにこだわり過ぎて、新三田~三田~道場と1日歩きまわって体調が狂った
古希を過ぎて体コキコキなんて洒落にならんことで、この疲れが後に風邪引いて悩まされることになった
何時までも若くわないし、気持ちだけでどうにかなる歳でもなく、無理は禁物との暖かい忠告を心に留めて、遊ぶ時は遊び、疲れれば休養と、メリハリのある日々を心がけよう
所詮鳥撮りは人生の1部、命賭けるまでもないわなあ
思うに任せない4月ではありましたが、多くの鳥友さんから貴重な情報を頂き、充実した鳥撮りが出来ました
ありがとうございました

H29.4月の鳥撮りの足跡を見て下さい



このページのトップへ

浜巡りついでの川

思えば昨年のこと、アジサシで皆さん騒いでいたが、そんなもんでパスした
てっきりりコアジサシのことだと勘違いしていて、あっちこっちのブログにアシサシがアップされて、良くよく見ればクチバシの黒いアジサシという鳥がいた
こりゃああかん新種追加のチャンスや、でおっとり刀で浜に走ったが、何十といたらしいアジサシは抜けて居残りが2羽だけとなっていた
それもおいらが参戦して30分ほどでコアジサシと一緒に飛んでいなくなった
遠い標識灯?に留まった証拠写真しか撮れず、鳥友さんに今年また飛来したら連絡欲しいと唾をつけておいた
昨日鳥友さんが、アジサシを撮っていると人がいると知らせてくれて、その人のブログを見るとコアジサシとツーショットで撮っていた
それ行け~、てなもんで宝塚のノビタキさんを誘って、7時過ぎに武庫川を下流へとつるんで走った
♪サイクリングサイクリング やほ~やほ~やほ~やほ~
心地よい川香風に吹かれて快調に飛ばし、臨港線に上がった所でメールが有った
何にもいないよ~と、ぎゃお~1日で抜けたか
縁の無い鳥や
さてどうしよう、で相談の末とりあえず香枦園浜で遊ぶことにしてさらに西へと走った
浜に着いたが危惧していた通り何にもいません、誰もいません
コアジサシくらいいるやろうと思ったががっかりだ
鳥友さんに電話で芦屋の様子を聞くと、コアジサシは20羽くらいはいてるとのことで、ここまで来たらもののついでと芦屋までさらに西へと走った
早朝から様子見で浜に行ってくれての鳥友さんは、早々に引き揚げたようでお礼も言えなかったが、キョウジョシギとオバシギ各1羽が遊んでくれて坊主は逃れました
お世話かけありがとうございました

290501_1.jpg

290501_2.jpg

キョウジョシギもオバシギも西方向に飛んだので反対側の浜に行って見た

290501_3.jpg

オバシギは見つかったがキョウジョシギは見当たらなかった
そのオバシギもしばらくして沖に飛んで見失ったのでこれにて終わりとなりました

290501_4.jpg

ついでのパッチで香炉編浜の様子見に寄ったらコアジサシがかなりいたのでちょっと遊んでみた
直ぐにチュウシャクシギが7羽飛んで来た
もうええかと言いながらも一通り撮って切り上げることになりました

290501_5.jpg

それからが大変だ
電チャリやのにママチャリに追い越されるひ弱な脚力ゆえ、友に追い付けなく信号で引っかかり見えなくなった
思えば6時にトーストとインスタントコーヒーだけで午1時頃まで何も食べていない
後あとは帰るだけやしラーメンでも食って帰れで中華屋に寄った
友から何しとんのやカワアイサの♀が出てるでと連絡が有って、あわててラーメンかきき込んで、走って走って何とか間に合いましたが、直ぐにおらんようになって証拠写真のみ

290501_7.jpg

ササゴイがもう出ている時期やと、友がポイントを案内してくれたら2か所で出ていた
今季お初ゆえちょこっと遊んでもらいました

290501_6.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する