我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

チョウゲンボウ

自然とは優しくもあり厳しくもあり、宇宙創成の神の御心のなせるままを受け入れるしかなかろう
野鳥や野草を追いかけていれば、生々しい世界を垣間見ることもあり、一喜一憂の日々にある
昨日ハッカチョウを撮っていて、お馴染みさんから海老江のチョウゲンボウの子は、1羽は川に落ち、2羽は電車にはねられて死んで、後2羽の子が残っているが、明日、明後日には巣立つだろうと教えてもらった
空振りならセッカやオオヨシキリの目も有ると淀川へ走った
チャリで海老江までは行ったことが無く、またまた頼りの主さんに無理を言って案内してもらった
チョウゲンボウの子はまだ巣立っていなかったが、セッカとオオヨシキリは結構チャンスが有った、が運も腕も無い
なんじゃこりゃ、クッソ~

290613_7.jpg

左岸は逆光になって難しいね
なんとましな側へと移動すれば飛ばれて、クッソ~

290613_6.jpg

こんなチョウゲンボウの子なんぼ撮ってもで、柴島へ転進しようと河川敷を遡ったが、中津の上流の橋で行き止まり、土手へ上がる所が無く戦意喪失でまた海老江に戻った

290613_1.jpg

あれこれやっていたら、鳥友さんからチョウゲンボウの子が巣立った、との電話連絡が有った
世の中か便利になったもんだ
早速参戦出来たが、橋梁の下で暗いし全身が写らない
それでも何とか撮りまくったが色が出ません
なんぼ撮っても一緒やしで、親を探したら電柱にいた

「電柱でござる」

「お放しくだされ、ノビタキ殿ーっ!、せめて一ワンショットなりとも~」

てなこって、これも絞り調整が拙かったわ
足を怪我しているそうな♂は元気でいます

290613_2.jpg

でまた子の所に戻たら高い所に飛んでいたが、光はすこぶる良く機嫌良く遊ばせてもらった
伸びは窮屈だったが

290613_3.jpg

エンジェルポーズはこんなもんじゃ

290613_4.jpg

で親を撮り直しに行ったが、電柱からまったく動かずで諦めた
元に戻ると巣立った子が、カラス2羽に襲われて入れない柵の中に落ちたそうで、なんともならずヤバそうな話しだった
で残ったもう1羽はと言えば、巣にいるのかいないのか、気配な無くどうなっとんじゃろか?
確かに1羽残っていたの証拠写真だが、この子も気になるなあ
後味の悪い1日となってしまった
何とか元気に育って使命をまっとうしてもらいたいものだ

290613_5.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する