我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

久々の遠征(津市)

未知なる世界にはロマンがある
想い描くだけで胸が高鳴り血が騒ぐ
ロマンを求めて久々の遠征と相成りましてござります
三重県なんてとてもと端からパスしていたが、鳥友さんから電車で行ったと聞いて、俄然色気づいた
鶴橋から津まで約2時間半、歩いて約40分くらいだそうで、我が家からなら、バス、JR乗り継いで4時間半とちいときついが、山の鳥と違っておれば直ぐに見つかるはずだ
行くならシギチの渡りが終わるので早い方が良いと助言頂いたが、長雨と台風で時期を失した
ミヤコドリなら何時でも居るのとことで、行ける時に行っとかないとと思いきりました
ポイントに着いたのは12時前で引き潮に入って、ミヤコドリは100mほど沖の干潟に8羽いた
地元の人お二人さんが談笑していたので混ぜてもらい、遠いですね、と声をかけると今日はまだましだとのこと
左岸の浜に入るとお手上げだと言っていたが、30分ほどしたら上流左岸の浜に飛んでしまった

291026_1.jpg

また帰って来るからとの地元の方の言葉を信じて待つことにした
帰って来るまでミサゴがよく遊んでくれて退屈しなかった
30分ほどで帰って来たが同じ所で、同じシーンばかりでミサゴ狙いに精出したが、飛び込んだには1度だけだった
30分ほどしたらミヤコドリはまた上流に飛んで行ってしまったので、ミユビシギを探しに海岸を1kmほど歩きわんさか見つけました

291026_2.jpg

ミユビシギも撮り飽きてまたミヤコドリポイントに戻ったが、干潟にはカワウさえいなかったので切り上げとしました
駅に向かって堤防を遡っていたら、橋の下流100m位の干潟で、ミヤコドリ15羽が採餌に夢中だった
30mラインを行ったり来たりで、昼前のミヤコドリはなんだったんだという撮り放題でした

291026_3.jpg

貝を探してはどうやって中身を取り出すのか、水の中でごしょごしょやっていたと思ったら、貝の実だけ取り出して食べていた

291026_4.jpg

苦手な飛び物もこれだったら撮れる
水浴び後の飛び上がりです

291026_5.jpg

伸びのサービスも有りました

291026_6.jpg

何処の世界にもせこい奴がおり、仲間の餌を横取りしようと大騒ぎやりました
結局最後は横取りされて可哀そう
貝は何ぼでもおるのに悪いやっちゃで
画像整理が追いつかず、ミサゴとミユビシギは明日アップします

291026_7.jpg



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する