我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

いるもんですねえ

12月25日

普請疲れから嫁さんがダウンしています
鳥撮りに行く時間が限られて止む無く昆陽池頼みです
嫁さんの診察の合間を縫ってミコアイサを見に行きました
今にも降り出しそうな曇天で人影は見当たりません
先ずは給餌場からと寄ってみると、いるんですねえ
こんな日に大砲据えている人が一人いました
何狙いですか、と声を掛けるとオオタカだそうです
出ましたかと聞くと2回出たそうです
どこかに止りますか、と聞くと止らんなあです
飛翔中の鳥は我太郎には無理ですが、いつかは狙いたいです
行けば見れるので、結構確率的には高そうですよ

tori1225_1.jpg


給餌池では常連のキンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、カルガモの鴨類と白鳥が群れています
ユリカモメは隣の貯水池に行っているようで、数が少なくなんとなく淋しい池の様子です

tori1225_2.jpg


カイツブリは照ろうが降ろうが相変わらずの元気ものです

tori1225_3.jpg


寒いし嫁さんを迎えに行かないとならないしで、ミコアイサの♂が出ているかだけ見て引き上げました
♀はいるんですが、♂は見えませんでした
画像二つじゃ淋しいで、我太郎と記念写真に納まったフクロウを添えておきます
これも鳥だんべ

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

だ~れだかな

分かっちゃいるけど
コメントありがとう
今日行けば良かったな
まあいいっか
動物園ねえ
コミミズクに軍配
ミコアイサ&オオタカは毎日確認ですが、どっちも私にゃ難しいわ
明日、朝ってと篠山です
松が取れるまでオヤスミかや?

  • 2007/12/26(水) 21:59:59 |
  • URL |
  • 我太郎 #mQop/nM.
  • [編集]

我太郎さんこんばんは。
アナホリフクロウってコミミズクに習性が
似てるところがあるね。
食べ物とか昼にも活動するところとか、、、。
コミミズク小椋干拓地に今、いるらしいです。

アナホリフクロウは京都市動物園に
いるらしい。

  • 2007/12/26(水) 19:59:11 |
  • URL |
  • #-
  • [編集]

アナホリフクロオ

マニヤーナ様

こんばんは
タイはまだ今宵ですね
私はそろそろ寝るモードです
クリスマスを御楽しみでしょうか

アナホリフクロウではカンニング出来ませんでした
Barrowing owl でなんと、バンクーバー総合情報メープルタウンというサイトに当たりました
日本語なんですよ
誰が?どこが?管理してるんだろう
で、カンニング
小型のフクロウでは最近BC州にも誘致運動が盛んになっている、絶滅危機種、地面に巣穴を作って生息するBarrowing Owlはほかの猛禽類との競争を避けて、バッタやイナゴなどの虫を主食とした頭の良いフクロウですが、彼らも住処となる牧場や草原が少なくなり、人が彼らの生活圏を犯して数が激減しています

フクロウは顔と目が特徴ありますが、このフクロウは顔?頭がより大きいようですね
確かに可愛いです

  • 2007/12/25(火) 22:57:53 |
  • URL |
  • 我太郎 #mQop/nM.
  • [編集]

奥さん早く回復してね

やっり飛ばない鳥が居る
ネズミを狙うフクロウは木から木へ飛ぶくらいですよね
肉食する鳥だから嘴が鋭いですね
Barrowing owl =アナホリフクロオ、南米。北米の草原地帯産
かわいいですよ
見せたいですね

  • 2007/12/25(火) 21:53:21 |
  • URL |
  • マニャ~ナ #EpEQKJ56
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanbanokazu3.blog48.fc2.com/tb.php/3-fec63391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する