我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

痛ましいこって

上の池のコブハクチョウの♂の右足にルアーが刺さっている
釣り禁止の看板は有っても無視の若者が多い
警察に通報して、消防所と警察署の人が10人ほどやってきたそうだが、なんともならず帰ったと聞いた
何ともならないのではなく、何とかしようと思ってないようだ
もう4日くらいになるようだがまだ刺さったままだ
なんとか抜こうと嘴で噛んでいるが何ともならないようだ
このままだと腐って来るのではないかと心配される
昨年親が池の中央まで子を連れて出たは良いが、網が張り巡らされていて、子が巣に帰れなくなった
ウオッチャーさんが宝塚市役所に電話したら、昆陽池から飛んできた鳥で当市には関係無いとかなんとかで取り合ってもらえなかったようだ
もっとも勤務時間外で、当直の人が言ったことだろうが、結局池の管理組合に言って1部ネットを水面下に下げてもらって事なきを得たことがある
今回も宝塚市役所に連絡しても何もしてもらえないかも?

餌をやれば足元まで寄って来るので網での捕獲も可能と思うが、専門業者に任せるとお金がかかり出来ないのか?


250510_1.jpg

子は7羽とも元気に成長しており、もうおぼこさは消えて絵的にはどうかなというほどになった

250510_2.jpg

巣でくつろぐ時が、伸び、羽ばたきがあり1番絵になるように思う
これからは子のパフォーマンス狙いになる


250510_3.jpg

既に池の周りを1周するようになって、こうなるとどうにもである
食べ終わって巣に帰るまで撮ってもいかがなものかであるが、熱心に撮っている人もまだいる
水上では巣から出て来た時が狙い目となるが、直ぐにアオコが浮く汚れた所に行くのでこれも難しい


250510_4.jpg

どうしたことか、西池では抱卵はしているようだがまだ誕生を見ていない
皆さんもう諦めているようだが、自然は何が起きるか分からない
今日も寄って見たがまだのようだ
巣がまったく見えないので、なんとも判断出来ないのが悩ましい
池にはカツブリのペアしかいなかった


250510_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

宝塚市民さん こんばんは

始めまして
ありがとうございます
自然界では、人は手出だしするなが鉄則だとは聞いていましたが、あまりにも痛ましく見えたもので、考えが浅かったです
様子を見ている間に化膿して、しいては死に至るのではないかと思うと、なんとかしてやって欲しいとの気が急きました
親離れまで約半年ゆえ、何事もなく元気に来年も子育てして欲しいと願わずにおれません
西池の件ありがとうございます
今日撮り友さんからも連絡が有りました
気をもみましたが、これでひとまず胸の支えが下りました
ご丁寧にありがとうございました

  • 2013/05/12(日) 21:59:51 |
  • URL |
  • 我太郎 #mQop/nM.
  • [編集]

西池では9日に4羽のヒナが生まれています。
ルアーが刺さった白鳥は暫く様子を見てから対策を考えるそうで、もし今白鳥に人の手がかかれば子育て放棄をする危険があるのとの事です、(一家から離れて行く傾向が強いとか)
見離している訳ではありません。

  • 2013/05/11(土) 21:36:04 |
  • URL |
  • 宝塚市民 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する