我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

愛護センターのむこうがわ

(ウイッキペディアより抜粋)

チフチャフ(Phylloscopus collybita)は、メボソムシクイ科 メボソムシクイ属 に分類される鳥

(注)スズメ目 ウグイス科となっている図鑑もある

大きさ 約12ccm(10~11cmもある)

要するにおいらにはよう分からんのであります

(分布)

夏季にヨーロッパ、中央アジア、ロシアで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、インド北部へ南下し越冬する。
日本では、昨冬山口県で観察されて、関西からも多くの鳥屋さんが行かれたようだが、日本での観察例は舳倉島を除けば10指でつりがくるくらいの超珍鳥だそうな

(特長)

羽縁は淡褐色、眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は淡褐色で不明瞭、嘴から眼を通り側頭部へ続く灰褐色の筋模様(過眼線)が入る嘴は細く、色彩は黒い。後肢も細く、色彩は黒い。

普通鳥は2本脚よね
後肢って何なんやろう?
人があれやあれやと言うのでついて行ったが、おいら一人では同定出来んわ

鳥友さんから写真を見せてもらって、なんやウグイスかムシクイと間違うなあと思った
ムシクイ類独特のちょこまか忙しい動きについて行くのに皆さん振り回されていた(おいらもだが)
メジロ、シジュウカラ、エナガの混群が来ると参った参った
多くの人の目が有り、こっちだと知らせてくれるのでなんとか撮れたが、3分の2は被り物で消さざるを得なかった
被写体との距離は近いと10m以内でノートリでも問題無いくらいであった

言うまでも有りませんが、付近には駐車場は無く、近くに交番が有り違法駐車は絶対しないようにマナーを守ってお楽しみ下さい

記念すべき初ショット
残しておきまっしょう

261228_1.jpg

脚が黒いたって・・・

261228_2.jpg

腹が張ったかほへっとしたひと時

261228_3.jpg

飛び物狙いもめくら撃ちでは当たりゃせんがな

261228_4.jpg

ひっかかったらこれだもんな

261228_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する