我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

西池

雨が降れば暇だ
雨が振ってもテント立てて鳥撮りする人もいる
また風情が変わって良い鳥撮りが出来るのだろう
おいらそんな風情は心得がないで、ここは少し休めとの天の声とおとなしくしとこう

西池の水が12月中旬から抜かれて、約2カ月ほど干上がっていました
ミコアイサがミコアイサらしくなる時期と重なり、お役所の嫌がらせではないかとの噂が有り、4月3日に確認の電話を入れました
護岸工事目的で水を抜いたが、調査の結果基礎部分はしかりいていたので工事をせずまた水を入れたとの回答でした
ここで問題が起きました
番の内の♂が怪我をして昆陽池で保護、治療の甲斐もなく落丁したようです(役所で確認済)
コブハクチョウの死と水抜きの因果関係は有りませんとそっけない回答でしたが、どう考えても9年も連続で雛をかえして、市民の多くならず野鳥フアンを惹きつけてきたことぐらいは役所も分かっていたこだと思います
3月初旬には巣作り、下旬から♀は約1カ月半抱卵する時期に調査に2カ月の時間を費やしたかと思うと、果たしてそれだけの理由なのかと疑念を抱かざるをえない
さて、今後の西池がどうなるかは不明ですが、今年は西池ではコブハクチョウの雛の誕生は見れません
ちなみに、宝塚市の上の池の番は既に抱卵していますが、これも写真的には巣上の雛を撮ることは非常に難しい所に営巣しています
上手く誕生しても水上デビューまでお預けになりそうです

番の一方の♀も昆陽池に保護され、左足にA3の黄色い足環をはめられています
抜きたいようで盛んに嘴で噛んでいる姿が痛々しいです
毛繕い中のA3

270403_2.jpg

♪私がいなくなっても 泣かないでください

♪そこに私はいないけど 眠ってなんかいません

♪千の風に

♪千の風になって

♪この大きな空を

♪吹きわたっています

no030331.jpg

  風も無く波も無く音も無く

  時移ろいて日は暮れり

  そしてまた日は昇るだろう

  変わらないようで変わりゆく

  あの白鳥はここにはいない


270403_3.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する