我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り15年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

タマシギ

昨年撮り頃のタマシギ親子を運が悪く撮り逃がした
今年こそはと待ち構えていたが、今年は姿が見えないとの残念な情報であった
別の田んぼで抱卵しているとの知らせを受けたが、巣の♂を撮りに遠路行くわけにもいかず様子見をしていたら、子絡みが撮れたが遠くて稲に被って撮り難いとのレポートが届いた
昨年からの想いに引きずられて、何が起きるか分からないのがこの世界、行ってみるしかなかんべ
行ってみるたって何処へ行きゃあいいんだい
昨年の近くたってさっぱりで鳥友さんに助っ人頼んだ
毎度の珍道中でやっとたどり着けばカメラマンは一人だけだった(後に二人来た)
確かに遠い、稲も伸び過ぎていてオートフォーカス出来ない
それより何より親子連れの出が悪い上に出てもほんの数分で、直ぐに草むらに潜り込んでなかなか出てこない
隠れ場所から5mも動かないのでお手上げだった
何を警戒しているのかな?
もう少し大きくなったら活発に動きだすと思うが、その頃にはもっと稲は伸びてさらに撮り難くなっているかな?

280623_1.jpg

600mm50%カットでこんなもん
待てば海路の日和有りだろうが、出てこん鳥は撮れん

280623_2.jpg

子は2羽のようで淋しいなあ

280623_3.jpg

止む無く同じ田んぼで抱卵中の♂を撮る
親子連れに比べればかなり近くではあったが稲が邪魔だ
デジスコの鳥友さんが卵は2個見えていると言っていたが、♂が巣の補強をしていて1個を蹴り落とすハプニングが起きた
水の中から巣に上げようとしていたが、しばらくすると諦めたようで巣の周りをうろついていた

280623_4.jpg

いきなり騒動が起きた
何時の間にか親子連れが近くで採餌していたようで、抱卵中の♂が追い出しにかかった
騒動も稲に邪魔されて、いねいねと言ってるようでこれにて切り上げ、ケリでもと周辺の田んぼを探してたが、昨年は撮り放題だったのに1羽も見えなかった
昨年と言い相性の悪い田んぼだった

280623_5.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する