我太郎の鳥撮りブログ

鳥撮り13年生になりました 少しはましな鳥も撮れだしましたので、お恥ずかしながら公開します

宝塚市徘徊

ササユリがそろそろ撮り頃ではと気になり、長尾山トンネルを越えました
新名神工事のダンプが連なって走って、トンネルを越えてから切畑の信号までは怖かった~
西谷の森公園でササユリを撮ったが、今年は不作か数が少なかった
雨が降らないので花も元気が無い
昨年は16日に行って50株以上確認でしたが、今回は20株に足らずで、まだこれからの物ゆえ時期的に早やかったかも?

290617_1.jpg

ノハナショウブは正にの撮り頃で萎えた花が無くタイミングは良かった
他に撮る花が無いので早々に隣りの山へと転進した

290617_2.jpg

池の端の電線でオオヨシキリが鳴いていた
葦が生え揃って天辺がなくこんな所が舞台のようで、にゃんともならんがな
どや、電線オオヨシキリじゃ~

290617_3.jpg

オオヨシキリが葦に潜るのを待っていたかにように、セグロセキレが舞台に上がった

290617_4.jpg

おおとりの登場が有るかと思ったが、その後は何にも来なかった
そう世の中上手くは事は運ばんわなあ
ところ~が、おおとりは別の舞台におった
歌い終わった後だったんよ
おひねり投げんかったで、さっさと山に帰りよった

290617_5.jpg
このページのトップへ

背乗りには遅すぎた

背乗りは芦屋の池で撮れたので抜かっていた
宝塚のノビタキさんから山本のカイツブリが巣篭った、と連絡を頂いたのは6月初旬だったように思うが、記憶違いだったようだ
ノビタキさんから子が4羽生まれていると連絡が有って、買い物ついでに午後から行って見た
親が嫌がって背乗りさせない大きさでガッカリだった
4羽が2日かけて生まれたとして、背乗り2日とすれば10日か11日には生れていた勘定になり、実際はもっと早かったかも?
餌渡しか子のパフォーマンス狙いしか無くなったが、巣の状態が全く絵にならないごちゃぐちゃでパフォーマンスも狙い難い
3時間頑張ってみたが、1度こっきりのチャンスを撮り逃がして残念

290615_1.jpg

290615_2.jpg

290615_3.jpg

290616_4.jpg

290615_5.jpg
このページのトップへ

チョウゲンボウ

自然とは優しくもあり厳しくもあり、宇宙創成の神の御心のなせるままを受け入れるしかなかろう
野鳥や野草を追いかけていれば、生々しい世界を垣間見ることもあり、一喜一憂の日々にある
昨日ハッカチョウを撮っていて、お馴染みさんから海老江のチョウゲンボウの子は、1羽は川に落ち、2羽は電車にはねられて死んで、後2羽の子が残っているが、明日、明後日には巣立つだろうと教えてもらった
空振りならセッカやオオヨシキリの目も有ると淀川へ走った
チャリで海老江までは行ったことが無く、またまた頼りの主さんに無理を言って案内してもらった
チョウゲンボウの子はまだ巣立っていなかったが、セッカとオオヨシキリは結構チャンスが有った、が運も腕も無い
なんじゃこりゃ、クッソ~

290613_7.jpg

左岸は逆光になって難しいね
なんとましな側へと移動すれば飛ばれて、クッソ~

290613_6.jpg

こんなチョウゲンボウの子なんぼ撮ってもで、柴島へ転進しようと河川敷を遡ったが、中津の上流の橋で行き止まり、土手へ上がる所が無く戦意喪失でまた海老江に戻った

290613_1.jpg

あれこれやっていたら、鳥友さんからチョウゲンボウの子が巣立った、との電話連絡が有った
世の中か便利になったもんだ
早速参戦出来たが、橋梁の下で暗いし全身が写らない
それでも何とか撮りまくったが色が出ません
なんぼ撮っても一緒やしで、親を探したら電柱にいた

「電柱でござる」

「お放しくだされ、ノビタキ殿ーっ!、せめて一ワンショットなりとも~」

てなこって、これも絞り調整が拙かったわ
足を怪我しているそうな♂は元気でいます

290613_2.jpg

でまた子の所に戻たら高い所に飛んでいたが、光はすこぶる良く機嫌良く遊ばせてもらった
伸びは窮屈だったが

290613_3.jpg

エンジェルポーズはこんなもんじゃ

290613_4.jpg

で親を撮り直しに行ったが、電柱からまったく動かずで諦めた
元に戻ると巣立った子が、カラス2羽に襲われて入れない柵の中に落ちたそうで、なんともならずヤバそうな話しだった
で残ったもう1羽はと言えば、巣にいるのかいないのか、気配な無くどうなっとんじゃろか?
確かに1羽残っていたの証拠写真だが、この子も気になるなあ
後味の悪い1日となってしまった
何とか元気に育って使命をまっとうしてもらいたいものだ

290613_5.jpg

このページのトップへ

絡み過ぎのセッカ

5月29日には確認で席なかったが、今日は確かにいた
風が強かったせいか午後1時から4時まででお出ましは3回
ポイントに着くなり目の前に留まっていたが、設定調整確認する間も無くシャッター切って真っ白け
空抜け設定で+1のままだった
次のお出ましは見つける間に飛れてしまって、仕舞った~
3度目の正直も花が絡み過ぎてわやだんがな
時の移ろいと共に風が強くなって、声はすれども姿は見えぬ
あえなく惨敗でありました

290612_3.jpg

午前中に撮ったハッカチョウ

ハッカチョウ なんぼ撮っても ハッカチョウ

   キュウカンチョウに なるわけねえや 

あ~ぁ疲れた

290612_2.jpg

290612_1.jpg
このページのトップへ

カイツブリトカルガモとコアジサシ

たかがカイツブリで芦屋まで行くか
はい、行って来ましてごんざりまする
たかがカイツブリ、されどカイツブリ
人それぞれに想いの鳥はいるものだ
背乗りのカイツブリの子を見ると、母親の背中の温もりを知らずに育ったゆに、おいらも乗りてえと夢中にさせられる
6日にカイツブリの子3羽を確認し、もう1、2個は孵っていないような様子だったので、7日に生れたとしたら昨日か今日の水上デビューだろと読んで、宝塚のノビタキさんを誘って芦屋まで走った
池に着くなり既に4人のCMさんがシャッター切っていた
思った通り子は4羽で、昼飯を食って切り上げるまで背に乗って、親が餌を運んで来ると親の背から降りて餌をもらっていた
多分4番子だろうが親の背に乗ったまま餌を食べていたが、明日はもう水上で餌を食べるようになっているだろう

290609_1.jpg

290609_2

290609_3.jpg


昼飯を東屋のベンチで食べようと移動していたらカルガモが近くに来た
9羽いた子は3羽に減っていた
何にやられたのだろうか

290609_4.jpg

昼飯を食って帰りがけの駄賃で香枦園浜に寄ってみた
コアジサシ以外何にもいないのは先刻承知の介で、コアジサシの餌渡しを狙って遊んだ

290609_5.jpg

大きな魚を捕ったが、渡す相手がいないのか散々苦労して食った

290609_6.jpg

飛び込みは撮れませぬ

290609_7.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

我太郎

Author:我太郎
我太郎Aのブログへようこそ!
伊丹市在住です
日帰り圏の関西を中心に鳥撮りを日記風に書いていきます

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する